公募情報

public

農林水産・食品分野の公募情報(平成29年3月15日)

【研究開発関連】

■省庁等

農林水産・食品産業の公募情報(平成31年3月5日現在)

平成31年3月5日現在の農林水産・食品産業の公募情報をお届けします。

農林水産・食品分野の公募情報(201935日) 220日以降の新規の情報を赤字で示しています。

【研究開発関連】

■省庁等

・農林水産省(技術会議事務局):「平成31年度戦略的プロジェクト研究推進事業」

http://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/190122_12.html

分野等:

1. 現場ニーズ対応型研究

   1)直播栽培拡大のための雑草イネ等難防除雑草の省力的防除技術の開発

   2)南西諸島の気候風土に適した高収益品目の検討及び栽培技術体系の確立

   3)畑作物生産の安定・省力化に向けた湿害、雑草害対策技術の開発

   4)高品質茶生産拡大のための適期被覆技術体系の確立

   5)繋ぎ牛舎でも利用できる高度な搾乳システムの開発

   6)国内主要養殖魚の重要疾病のリスク管理技術の開発

   7)森林・林業、水産業分野における気候変動適応技術の開発(流木災害防止・被害軽減技術の開発)

   8)野生鳥獣及び病害虫等被害対応技術の開発(農業被害をもたらす侵略的外来種の管理技術の開発)

2. 基礎的・先導的研究

   1)ゲノム編集技術を活用した農作物品種・育種素材の開発

公募期間:2019122日~313

 

・農林水産省(技術会議事務局):「平成31年度放射性物質測定調査委託事業」

http://www.maff.go.jp/j/supply/itaku/kenkyu_kaihatu/index.html

分野等:福島県及びその周辺における農畜産物及び土壌の放射能汚染レベルの動向把握

公募期間:201928日~45

 

・農林水産省(技術会議事務局):「平成31年度放射能調査研究委託事業のうち『農林生産環境中における放射性核種の濃度変動の要因と動態の解明』」

http://www.maff.go.jp/j/supply/itaku/kenkyu_kaihatu/index.html

分野等:農林生産環境中における放射性核種の濃度変動の要因と動態の解明

公募期間:201928日~45

 

・国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター:「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト(うち先導研究プロジェクト)」

http://www.naro.affrc.go.jp/laboratory/brain/sendo-syokuhin/121384.html

分野等:食品製造業における効率的な設備管理技術の開発

公募期間:2019212日~313

 

・農林水産省(農村振興局):「平成31年度官民連携新技術研究開発事業」

http://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/nousin/190201_6.html

分野等:

1. 農地の大区画化・汎用化に資する技術

2. 農業水利施設の長寿命化とライフサイクルコストの低減を図るための適切な保全管理に資する技術

3. 土地改良施設の耐震強化等に資する技術

4. 小水力発電等の農業水利施設等を活用した再生可能エネルギーの導入促進に資する技術

5. 農業収益力向上に資する先進的な基盤整備に係る技術

公募期間:201921日~329

 

・農林水産省(消費・安全局):「平成31年度安全な農林水産物安定供給のためのレギュラトリーサイエンス研究委託事業」

http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/gijyutu/190214.html

分野等:

1. 生産資材に関する課題

・堆肥中のクロピラリドによる生育障害を防ぐための技術開発

2. 動物衛生に関する課題

・インターフェロンγアッセイを用いた牛結核病の診断法の導入

・イノシシにおける豚コレラウイルスの動態解明及び伝播リスクの検証

3. 植物防疫に関する課題

Xylella fastidiosaの宿主範囲及び検定方法に関する研究

公募期間:2019214日~325

 

・水産庁:「平成31年度養殖業成長産業化技術開発事業」

http://www.jfa.maff.go.jp/j/gyosei/supply/itaku/190212_seichosangyoka.html

分野等:

1. 養殖魚安定生産・供給技術開発

2. 水素細菌を原料とする純国産養魚飼料開発

3. スジアラ用高効率飼料の開発

4. サーモン養殖推進技術開発

5. 養殖業の成長産業化のための優良系統の開発

6. 環境変化に適応したノリ養殖技術の開発

7. 酸素充填解凍を用いた生鮮用冷凍水産物の高品質化技術開発

公募期間:2019212日~312

 

・文部科学省:「平成31年度地域イノベーション・エコシステム形成プログラム」

http://www.mext.go.jp/a_menu/kagaku/chiiki/program/1412482.htm

分野等:コア技術等を有する地域において、コア技術等の性質等を踏まえて、事業化を支える人材及びそのチームを設置し、様々な外部 環境・内部環境分析を踏まえて事業化戦略・計画を策定し、関係者が一丸となっ て各プロジェクトを遂行し、当該プロジェクトの出口としてマイルストンに基づく次のフェーズの資金(又は売上)の獲得等を目指す取組を支援する。

公募期間:2019111日~322

 

JST:「平成30年度 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP) 企業主導フェーズ:NexTEP-Aタイプ」

http://www.jst.go.jp/a-step/koubo/h30nextep-a-1.html

分野等:企業ニーズを踏まえた企業による大学等の研究成果に基づく技術シーズの実用化開発を支援する。

公募期間:201842日~2019329日(第3回)

 

JST:「平成30年度 産学共同実用化開発事業NexTEP 未来創造ベンチャータイプ」

http://www.jst.go.jp/jitsuyoka/bosyu.html

分野等:大学等の研究成果に基づくシーズを用いた、企業等が行う開発リスクを伴う規模の大きい開発を支援する。

公募期間:201842日~2019329日(第3回)

 

JST:「平成30年度 産学共同実用化開発事業NexTEP 一般タイプ」

http://www.jst.go.jp/jitsuyoka/bosyu.html

分野等:大学等の研究成果に基づくシーズを用いた、企業等が行う開発リスクを伴う規模の大きい開発を支援する。

公募期間:201842日~2019329日(第3回)

 

JST:「e-ASIA共同研究プログラム平成31年度採択「材料(ナノテクノロジ―)」「農業(食料)」分野 共同研究課題募集」

http://www.jst.go.jp/inter/program/announce/announce_easia_jrp_8th.html

分野等:

1. 材料(ナノテクノロジー)分野:「革新的材料」

2. 農業(食料)分野:「アジアの動物遺伝資源の保存、改良と活用」

公募期間:2019118日~514

 

・経済産業省:「平成31年度 戦略的基盤技術高度化支援事業」

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2019/190128mono.htm

分野等:1. デザイン開発、2. 情報処理、3. 精密加工、4. 製造環境、5. 接合・実装、6. 立体造形、7. 表面処理、

8. 機械制御、9. 複合・新機能材料、10. 材料製造プロセス、11.バイオ、12. 測定計測

公募期間:2019128日~424

 

NEDO:「2019年度 国際研究開発/コファンド事業/日本―フランス研究開発協力事業」

https://www.nedo.go.jp/koubo/AT092_100142.html

分野等:NEDOは、20109月フランス公的投資銀行(Bpifrance)と、日仏企業のイノベーション促進のため協力することに合意し、覚書を締結した。本事業では、覚書に基づき、両国の企業等の技術開発、イノベーションにおいて、戦略的重要性のある分野で日仏企業間の連携が促進されることを目指しており、今般、Bpifranceと同時期に、日仏の企業等による研究開発協力事業の公募を行う。対象技術分野は、NEDOが所掌する新エネルギー、省エネルギー、スマートコミュニティ、環境、ロボット・AIIoT、材料・ナノテクノロジー等。

公募期間:2019128日~426

 

NEDO:「2019年度 国際研究開発/コファンド事業/日本―ドイツ研究開発協力事業」

https://www.nedo.go.jp/koubo/AT092_100141.html

分野等:NEDOは、20173月に、経済産業省とともにドイツ連邦経済エネルギー省と、日独両国の共同研究開発プロジェクトが、両国の産業競争力強化および国際化促進にとって重要であるとの認識のもと、両国が「コファンド形式」にて、企業間の国際研究開発を支援していくことに合意し、共同声明に調印した。NEDOは、本共同声明に基づき、「インダストリー4.0」や「IoTInternet of Things)」の概念を打ち出して世界をリードしているドイツと、日独の企業等による「国際研究開発/コファンド事業」の公募を行う。対象技術分野は、NEDOが所掌する新エネルギー、省エネルギー、スマートコミュニティ、環境、ロボット・AIIoT、材料・ナノテクノロジー等。

公募期間:2019128日~325

 

NEDO:「2019年度 国際研究開発/コファンド事業/日本―ドイツ研究開発協力事業(CORNET)」

https://www.nedo.go.jp/koubo/AT092_100140.html

分野等:日本企業(研究機関、大学等とのコンソーシアムも可。以下「企業等」という)が海外の企業等と行う国際共同研究開発プロジェクトに対し、NEDOが海外の技術開発マネジメント機関等と連携して「コファンド形式」の資金支援(日本企業等に対してNEDOが、海外の企業等に対して海外の機関が支援)を行うことにより、新技術等の海外展開促進に資することを目的として実施する。本事業はドイツ連邦経済エネルギー省の未競争領域を対象とした国際共同研究開発プログラムである「CORNETCollective Research Network)」の枠組みを活用したもの。対象技術分野は、NEDOが所掌する新エネルギー、省エネルギー、スマートコミュニティ、環境、ロボット・AIIoT、材料・ナノテクノロジー等の分野。

公募期間:2019128日~327

 

NEDO:「2019年度 国際研究開発/コファンド事業/日本―イスラエル研究開発協力事業」

https://www.nedo.go.jp/koubo/AT092_100138.html

分野等:NEDOは、20147月、イスラエル産業技術研究開発センターとの間で基本協定書を締結し、両国の産業技術分野における研究開発を促進することに合意した。本事業では基本協定書に基づき、両国企業の共同研究開発を支援する。対象技術分野は、NEDOが所掌する新エネルギー、省エネルギー、スマートコミュニティ、環境、ロボット・AIIoT、材料・ナノテクノロジー等。

公募期間:2019128日~48

 

NEDO:「植物等の生物を用いた高機能品生産技術の開発/研究開発項目〔4〕微生物による高機能品生産技術開発」

https://www.nedo.go.jp/koubo/EF2_100133.html

分野等:特定の生産ターゲットを設定したうえで、研究開発項目③「高生産性微生物創製に資する情報解析システムの開発」で開発した高生産性微生物設計システム等を活用し、目的物質の生産性向上を狙うとともに、量産化を見据え、宿主となる微生物の培養条件等を最適化する高機能品生産の実用化技術の開発を実施する。

公募期間:2019212日~314

 

NEDO:「平成31年度 戦略的省エネルギー技術革新プログラム」

https://www.nedo.go.jp/koubo/DA2_100254.html

分野等:現行の「省エネルギー技術戦略」に掲げる「重要技術」を中心に、高い省エネルギー効果が見込まれる技術開発を対象として助成する。

公募期間:2019220日~326

 

NEDO:「2019年度 NEDO先導研究プログラム/新技術先導研究プログラム」

https://www.nedo.go.jp/koubo/CA2_100193.html

分野等:我が国の(1)省エネルギー、新エネルギー、CO2削減等のエネルギー・環境分野(エネルギー・環境新技術先導研究プログラム)及び(2)新産業創出に結びつく産業技術分野(新産業創出新技術先導研究プログラム)の中長期的な課題を解決していくために必要となる技術シーズ、特に既存技術の延長とは異なる、2030年を目途とした持続可能なエネルギー供給の実現や、新産業創出による産業競争力の向上に有望な技術の原石を発掘し、将来の国家プロジェクト等に繋げていく。

公募期間:201931日~57

 

・総務省:「平成30年度ICTイノベーション創出チャレンジプログラム(I-Challenge!)」

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin03_02000239.html

分野等:ICTそのものの技術や、農業、医療、交通、教育などの異分野とICTとの融合(ICT×○○)をはかるなどにより、社会へ大きなインパクトをもたらす可能性を持つ、革新的な技術やアイデアを活用した新事業の創出を目指し、POCProof of Concept:概念検証)に取り組む技術開発課題。

公募期間:2018412日~2019329

 

■民間等

・一般財団法人杉山報公会:「2019年研究助成金」

http://www.sugiyama-houkoukai.or.jp/joseib.html

分野等:主として「健康な暮らしを支える産業に寄与することを目的とする研究」とし、医薬、食品、健康、環境、衛生等の分野に結びつく研究領域とする。

公募期間:201891日~20193月末日

 

・公益財団法人タカノ農芸化学研究助成財団:「平成31年度研究助成」

http://www.takanofoods.co.jp/company/foundation/subsidy.shtml

分野等:

1. 豆類や穀類の生産技術(栽培、育種、植物栄養、根圏微生物等)に関する研究

2. 豆類や穀類、並びにそれらの加工品の食品機能(栄養機能、嗜好機能、生体調節機能等)に関する研究

3. 豆類や穀類の加工、保蔵、流通技術に関する研究、並びにそれらの発酵に関連する微生物や酵素の探索、特性、利用に関する研究

公募期間:2019115日~310

 

・一般財団法人東和食品研究振興会:「2019年度学術奨励金」

http://www.towashokuhin.or.jp/academic/index.html

分野等:

1. 食品の加工・保蔵に関する研究

2. 食品の安全性に関する研究

3. 食品の機能性に関する研究

4. 食品または水産分野におけるバイオテクノロジーに関する研究

5. 食品の未利用資源(または廃棄物)の有効利用に関する研究

6. その他食品科学に関する研究

公募期間:2018127日~2019325

 

・一般財団法人金森財団:「平成31年度研究助成」

http://www.kanamori-foundation.or.jp/kenkyu.html

分野等:電気電子工学、光学関連、機械工学、化学関連、医療機器関連、 環境・エネルギー関連、材料工学、農学(機能性食品等)

公募期間:201914日~430

 

・公益財団法人武田科学振興財団:「2019年度生命科学研究助成」

https://www.takeda-sci.or.jp/assist/life.html

分野等:生命科学分野における新たな発見に貢献し、当該分野の進歩・発展の基盤となる独創的な研究

公募期間:201918日~315

 

・公益財団法人武田科学振興財団:「2019年度ライフサイエンス研究助成」

https://www.takeda-sci.or.jp/assist/lifescience.html

分野等:生命科学分野の進歩・発展に貢献し、人類の健康増進に寄与する独創的な研究

公募期間:201918日~315

 

・公益財団法人関西エネルギー・リサイクル科学研究振興財団:「2019年度試験研究助成」

https://www.krf.or.jp/category/guide/research

分野等:エネルギー・リサイクル分野 等

公募期間:201917日~830

 

・公益財団法人荏原 畠山記念文化財団:「2019年度研究助成」

http://www.ebara.co.jp/csr/foundation/topics.html

分野等:環境・エネルギー・バイオマス 等

公募期間:2019111日~38

 

・特定非営利活動法人酵母細胞研究会:「地神芳文記念研究助成金 2019年度募集」

http://www.yeast.umin.jp/fy2019jigami-fund.html

分野等:酵母、糖鎖に関する研究

公募期間:201917日~329

 

・一般財団法人水源地環境センター:「平成31年度WEC応用生態研究助成」

http://www.wec.or.jp/support/season/index.html

分野等:ダム貯水池に係わる生態系・水環境(上下流・周辺を含む)に関する研究

公募期間:201927日~45

 

・公益財団法人日本生命財団:「2019年度ニッセイ財団 環境問題研究助成」

http://www.nihonseimei-zaidan.or.jp/kankyo/02.html

分野等:人間活動と環境保全との調和に関する研究

公募期間:201921日~41

 

・公益財団法人戸部眞紀財団:「2019年度研究助成」

http://www.tobe-maki.or.jp/grant/

分野等:化学、食品科学、芸術学/デザイン学、体育学/スポーツ科学、経営学

公募期間:201927日~419

 

・公益財団法人市村清新技術財団:「第103回(2019年度第1次)新技術開発助成」

http://www.sgkz.or.jp/download/newtech/download.html

分野等:基本原理の確認が終了(研究段階終了)した後の実用化を目的にした開発試作

公募期間:201941日~20

 

・公益財団法人クリタ水・環境科学振興財団:「国内研究助成 2019年度募集」

http://www.kwef.or.jp/josei/josei_koku.html

分野等:

1. 自然科学・技術(1

   水処理に関する理論、技術、分析などの研究

2. 自然科学・技術(2

   水域生態系保全に関する研究

3. 人文・社会科学

   水に関する文化、教育、歴史、政策、制度などの研究

4. 特別テーマ

   「水を究める」研究

5. 萌芽的研究

   自然科学・技術の分野、人文・社会科学の分野で特に新しい切り口や手法に基づく水に関する研究

公募期間:201941日~25

 

・公益財団法人伊藤記念財団:「平成31年度(2019年度)研究助成」

https://www.itokinen-zaidan.or.jp/grants/entry/

分野等:食肉に関する研究又は調査(品質・加工、食品的価値、食品安全、遺伝育種、繁殖、動物衛生、家畜飼養・飼料など)

公募期間:201931日~59

 

・公益信託富士フイルム・グリーンファンド:「2019年度FGF助成」

http://www.jwrc.or.jp/service/shintaku/fgf.htm

分野等:身近な自然環境保全のための調査研究もしくは自然とのふれあいを促進するための調査研究 等

公募期間:20193?日~57

 

・公益信託四方(しかた)記念地球環境保全研究助成基金:「2019年度研究助成」

http://www.jwrc.or.jp/service/shintaku/shikata.htm

分野等:

下記のいずれかをテーマとした、海外を場とした現地での調査をともなう独立した研究

1. 熱帯雨林の減少、砂漠化の進行等の地球規模の自然環境問題に関する調査・研究

2. 絶滅のおそれのある生物等の生態及びその保護・回復に関する調査・研究

3. 人間の生活と両立する自然環境、野生生物等の管理手法に関する調査・研究

公募期間:20193?日~57

 

・公益信託増進会自然環境保全研究活動助成基金:「2019年度研究助成」

http://www.jwrc.or.jp/service/shintaku/zoshinkai.htm

分野等:絶滅のおそれのある小動物の保護・増殖に関する調査・研究、および、絶滅のおそれのある小動物の保護に係る生息環境保全および環境復元・回復に関する調査・研究

公募期間:20193?日~57

 

・公益信託乾太助記念動物科学研究助成基金:「2019年度研究助成」

http://www.jwrc.or.jp/service/shintaku/inui.htm

分野等:1. 哺乳類の保護・増殖に関する研究、2. 鳥類の保護・増殖に関する研究

公募期間:20193?日~57

 

・公益財団法人ひと・健康・未来研究財団:「2019年度研究助成」

http://www.jnhf.or.jp/subsidy_1.html

分野等:当財団の目的である「ひとの健やかでこころ豊かな未来を実現するために、健全な食生活と予防医学に重点をおいた研究、さらに自然との共生を基本に、こころの健康をめざした研究を振興し、もって国民の健康増進と生活の質の向上に寄与する」ことをめざす研究(分野は食品、環境、医学、福祉)

公募期間:201941日~30

 

【研究開発関連以外】

■省庁等

・農林水産省(生産局):「平成31年度食品流通合理化促進事業のうち物流業務効率化モデル形成事業(青果物流通技術実証等の取組事業)」

http://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/seisan/190225_1.html

分野等:

複数産地や異業種との共同集荷・配送システムの導入等によるトラック輸送の高度化、新たな船舶輸送体系の構築、先端貯蔵技術を活用した長期貯蔵体系の確立等の低コストで安定した新たな輸送技術・方式、簡素化した出荷規格よる新しい流通形態等の導入に必要な実証等、青果物流通の高度化を実現するため、次の取組を実施する。

1 協議会の開催、2 調査・分析、3 青果物の新たな輸送技術・方式の実証

公募期間:2019225日~313

 

JSTSATREPSプロジェクト成果を活用したSDGsビジネス化支援プログラム」

http://www.jst.go.jp/global/index.html

分野等:地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)で国際共同研究に従事した研究者が発見した開発途上国の課題およびプロジェクト成果に関心を示し、それを活用したビジネスの実現を目指す企業を募集し、外部専門家の支援を受けながら、その企業とSATREPS研究者が共同でビジネスモデル化を図ることを支援する。

公募期間:2019118日~315

 

・経済産業省:「平成31年度 地域経済牽引事業支援事業費補助金(戦略分野における地域経済牽引事業支援事業)」

http://www.meti.go.jp/information/publicoffer/kobo/2019/k190215002.html

分野等:事業者による戦略分野での事業化や設備投資を支援することにより、地域における経済活動を牽引する事業を促進し、もって地域経済の活性化を図る。

公募期間:2019215日~41

 

・経済産業省:「平成31年度 商業・サービス競争力強化連携支援事業(新連携支援事業)」

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/shinpou/2019/190215shinpou.htm

分野等:中小企業者が、産学官で連携し、また異業種分野の事業者との連携を通じて行う新しいサービスモデルの開発等のうち、サービス産業の競争力強化に資すると認められる取組を支援する。

公募期間:2019215日~419

 

・中小企業庁:「平成31年度 国内・海外販路開拓強化支援事業費補助金(農商工等連携事業)」

http://www.chusho.meti.go.jp/shogyo/noushoko/2019/190207NoushokouKoubo.htm

分野等:中小企業者と農林漁業者とが有機的に連携し、それぞれの経営資源を有効に活用して行う新商品・新役務の開発、需要の開拓等を行う事業に係る経費の一部を補助する。

公募期間:201927日~37

 

・中小企業庁:「平成31年度 国内・海外販路開拓強化支援事業費補助金(地域産業資源活用事業、小売業者等連携支援事業)」

http://www.chusho.meti.go.jp/shogyo/chiiki/2019/190207ChiikiShigenKoubo.htm

分野等:

1. 地域産業資源活用事業

地域の優れた資源(農林水産物または鉱工業品、鉱工業品の生産に係る技術、観光資源)を活用した新商品・新サービスの開発や販路開拓に取り組む中小企業者に対し、市場調査、研究開発に係る調査分析、新商品・新役務の開発(試作、研究開発、評価等を含む)、展示会等の開催または展示会等への出展、知的財産に係る調査等の事業に係る経費の一部を補助する。

2. 小売業者等連携支援事業

小売業者等が地域の優れた資源(農林水産物または鉱工業品、鉱工業品の生産に係る技術、観光資源)を活用した商品・役務に関する市場動向等の情報を地域の製造事業者等にフィードバックし、消費者嗜好を捉えた商品づくりに繋げるための取組に対し、市場調査、研究開発に係る調査分析、展示会等の開催に係る経費の一部を補助する。

公募期間:201927日~37


平成31年2月20日現在の農林水産・食品産業の公募情報をお届けします。

平成31年2月20日現在の農林水産・食品産業の公募情報をお届けします。

農林水産・食品分野の公募情報(2019220日) 213日以降の新規の情報を赤字で示しています。

【研究開発関連】

■省庁等

 ・農林水産省(技術会議事務局):「平成31年度戦略的プロジェクト研究推進事業」

http://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/190122_12.html

分野等:

1. 現場ニーズ対応型研究

   1)直播栽培拡大のための雑草イネ等難防除雑草の省力的防除技術の開発

   2)南西諸島の気候風土に適した高収益品目の検討及び栽培技術体系の確立

   3)畑作物生産の安定・省力化に向けた湿害、雑草害対策技術の開発

   4)高品質茶生産拡大のための適期被覆技術体系の確立

   5)繋ぎ牛舎でも利用できる高度な搾乳システムの開発

   6)国内主要養殖魚の重要疾病のリスク管理技術の開発

   7)森林・林業、水産業分野における気候変動適応技術の開発(流木災害防止・被害軽減技術の開発)

   8)野生鳥獣及び病害虫等被害対応技術の開発(農業被害をもたらす侵略的外来種の管理技術の開発)

2. 基礎的・先導的研究

   1)ゲノム編集技術を活用した農作物品種・育種素材の開発

公募期間:2019122日~313

 

・農林水産省(技術会議事務局):「平成31年度放射性物質測定調査委託事業」

http://www.maff.go.jp/j/supply/itaku/kenkyu_kaihatu/index.html

分野等:福島県及びその周辺における農畜産物及び土壌の放射能汚染レベルの動向把握

公募期間:201928日~45

 

・農林水産省(技術会議事務局):「平成31年度放射能調査研究委託事業のうち『農林生産環境中における放射性核種の濃度変動の要因と動態の解明』」

http://www.maff.go.jp/j/supply/itaku/kenkyu_kaihatu/index.html

分野等:農林生産環境中における放射性核種の濃度変動の要因と動態の解明

公募期間:201928日~45

 

・農林水産省(技術会議事務局):「平成31年度福島イノベーション・コースト構想に基づく先端農林業ロボット研究開発事業」

http://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/190214.html

分野等:ICT活用による和牛肥育管理技術の開発

公募期間:2019214日~31

 

・国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター:「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト(うち先導研究プロジェクト)」

http://www.naro.affrc.go.jp/laboratory/brain/sendo-syokuhin/121384.html

分野等:食品製造業における効率的な設備管理技術の開発

公募期間:2019212日~313

 

・農林水産省(農村振興局):「平成31年度官民連携新技術研究開発事業」

http://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/nousin/190201_6.html

分野等:

1. 農地の大区画化・汎用化に資する技術

2. 農業水利施設の長寿命化とライフサイクルコストの低減を図るための適切な保全管理に資する技術

3. 土地改良施設の耐震強化等に資する技術

4. 小水力発電等の農業水利施設等を活用した再生可能エネルギーの導入促進に資する技術

5. 農業収益力向上に資する先進的な基盤整備に係る技術

公募期間:201921日~329

 

・農林水産省(食料産業局):「革新的技術活用実証事業(平成31年度農山漁村6次産業化対策事業のうち食品産業イノベーション推進事業 内)」

http://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/shokusan/190205_1.html

分野等:人手不足の解消や生産コストの低減、経営管理能力向上のためのロボット、AIIoT技術の導入等による生産効率向上など、革新的な技術の活用実証を行う。

公募期間:201925日~26

 

・農林水産省(消費・安全局):「平成31年度安全な農林水産物安定供給のためのレギュラトリーサイエンス研究委託事業」

http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/gijyutu/190214.html

分野等:

1. 生産資材に関する課題

・堆肥中のクロピラリドによる生育障害を防ぐための技術開発

2. 動物衛生に関する課題

・インターフェロンγアッセイを用いた牛結核病の診断法の導入

・イノシシにおける豚コレラウイルスの動態解明及び伝播リスクの検証

3. 植物防疫に関する課題

Xylella fastidiosaの宿主範囲及び検定方法に関する研究

公募期間:2019214日~325

 

・林野庁:「地域内エコシステム技術開発・実証(木材需要の創出・輸出力強化対策(地域内エコシステム構築事業)内)」

http://www.rinya.maff.go.jp/j/supply/hojyo/31koubo_1/31mhk0108.html

分野等:地域の森林資源の持続的な活用を図る「地域内エコシステム」の構築に資する木質バイオマスのエネルギー利用システム(小規模な熱利用や熱電併給等)の普及に必要となる小規模な技術開発・改良、実証等を行う。

公募期間:201924日~31

 

・林野庁:「木材需要の創出・輸出力強化対策(地域内エコシステム構築事業(木材のマテリアル利用技術開発事業))」

http://www.rinya.maff.go.jp/j/supply/hojyo/31koubo_1/31mhk0109.html

分野等:

1. 新素材製造・利用技術開発

2. 竹のマテリアル利用に向けた効率的な竹材生産技術の開発

公募期間:201924日~31

 

・林野庁:「スマート林業構築実践事業(森林作業システム高度化対策)」

http://www.rinya.maff.go.jp/j/supply/hojyo/31koubo_1/31mhk0119.html

分野等:地理空間情報やICT等の先端技術を積極的に導入し、森林施業の効率化・省力化や需要に応じた木材生産や木質バイオマスの収集・運搬等を可能とする新たな林業(スマート林業)の実現に向けた林業機械の開発・改良によるその実用化に向けた取組を支援する。

公募期間:201924日~         31

 

・水産庁:「平成31年度漁場環境改善推進事業のうち栄養塩からみた漁場生産力回復手法の開発」

http://www.jfa.maff.go.jp/j/gyosei/supply/hozyo/190206_se32.html

分野等:ノリ等の海藻養殖が行われる冬季には、ケイ藻赤潮等により栄養塩が不足し、ノリやワカメ等の色落ち被害が発生することから、ノリ等の海藻養殖場の海域において、適正な栄養塩供給手法の開発などを支援する。

公募期間:201926日~22

 

・水産庁:「平成31年度漁場環境改善推進事業のうち赤潮及び貧酸素水塊の広域自動モニタリング技術の開発」

http://www.jfa.maff.go.jp/j/gyosei/supply/hozyo/190206_se33.html

分野等:赤潮・貧酸素水塊の発生状況の適切な把握と予察のため、水温、塩分、クロロフィル、濁度、溶存酸素などを広く観測できる連続観測装置の開発を行うとともに、広域の水質データを効率的に収集・公表するシステムの開発を支援する。

公募期間:201926日~22

 

・水産庁:「平成31年度環境変化に対応した種苗生産・放流技術改良事業」

http://www.jfa.maff.go.jp/j/gyosei/supply/hozyo/190206_se35.html

分野等:近年、海水温上昇等の環境変化により生息域の変化や既存の栽培対象種の種苗生産不調及び放流効果や資源量の低下が大きな問題となっている。このため、効果的な種苗放流による資源の増大を図るため各海域の海洋環境の変化に適応した種苗生産、放流等の増殖技術を改良する取組について支援する。

公募期間:201926日~25

 

・水産庁:「平成31年度ウナギ種苗の商業化に向けた大量生産システムの実証事業」

http://www.jfa.maff.go.jp/j/gyosei/supply/itaku/190212_unagi_system.html

分野等:工学等異分野の技術の導入や産学官での連携を行い、これまでの実証事業で得た技術開発の成果を踏まえ、①仔魚の生残率の向上、②再現性の向上、③省力化・省コスト化等の実証試験に取り組み、ウナギ種苗を大量生産する際に必要な知見を得る。

公募期間:2019212日~27

 

・水産庁:「平成31年度さけ・ます等栽培対象資源対策事業」

http://www.jfa.maff.go.jp/j/gyosei/supply/itaku/190212_sakemasutousaibai.html

分野等:

1. 新規栽培対象種技術開発(魚類)

2. 新規栽培対象種技術開発(二枚貝)

3. さけ・ますふ化放流抜本対策

公募期間:2019212日~26

 

・水産庁:「平成31年度厳しい環境条件下におけるサンゴ礁の面的保全・回復技術開発実証委託事業」

http://www.jfa.maff.go.jp/j/seibi/190212sanngo31.html

分野等:

1. サンゴ礁への幼生供給力を高める面的な保全・回復技術の開発

2. 海洋環境等変化に順応できるサンゴの開発

公募期間:2019212日~27

 

・水産庁:「平成31年度養殖業成長産業化技術開発事業」

http://www.jfa.maff.go.jp/j/gyosei/supply/itaku/190212_seichosangyoka.html

分野等:

1. 養殖魚安定生産・供給技術開発

2. 水素細菌を原料とする純国産養魚飼料開発

3. スジアラ用高効率飼料の開発

4. サーモン養殖推進技術開発

5. 養殖業の成長産業化のための優良系統の開発

6. 環境変化に適応したノリ養殖技術の開発

7. 酸素充填解凍を用いた生鮮用冷凍水産物の高品質化技術開発

公募期間:2019212日~312

 

・水産庁:「平成31年度漁場環境改善推進事業のうち海洋プラスチックを摂食した魚介類の生態的情報等の調査」

http://www.jfa.maff.go.jp/j/gyosei/supply/itaku/190212_pla_itaku.html

分野等:マイクロプラスチックを摂食させた魚介類体内におけるマイクロプラスチックの挙動の解明や、マイクロプラスチックに吸着した有害化学物質の魚介類消化管内における溶出量の推定等を行う。

公募期間:2019212日~27

 

・水産庁:「平成31年度漁場環境改善推進事業のうち栄養塩、赤潮・貧酸素水塊に対する被害軽減技術等の開発」

http://www.jfa.maff.go.jp/j/gyosei/supply/itaku/190212_akashio.html

分野等:栄養塩が一次生産を通じてより高次の水産資源に与える影響を調査し、適正な栄養塩管理モデルの構築に資することを目的とする。また、赤潮については、広域共同モニタリングによる監視体制の強化、モニタリング技術や予察技術、防除技術等の研究開発を行うことにより有害鞭毛藻赤潮や冬季の珪藻赤潮に対処することを目的とする。貧酸素水塊については、漁業被害を軽減するための予察技術や防除技術の研究開発を行うことにより対処することを目的とする。

公募期間:2019212日~26

 

・水産庁:「平成31年度有明海のアサリ等の生産性向上実証事業」

http://www.jfa.maff.go.jp/j/gyosei/supply/itaku/190212_asari_y_2.html

分野等:母貝生息適地の造成、稚貝育成、移植、カキ礁の造成による貧酸素水塊の軽減により各漁場のアサリ等の生産性向上のための技術開発及びその実証事業を実施する。

公募期間:2019212日~28

 

・水産庁:「平成31年度漁場環境改善推進事業のうちリモートセンシングを活用した有害赤潮の種判別手法の開発事業」

http://www.jfa.maff.go.jp/j/gyosei/supply/itaku/180213_k_s2_akashio.html

分野等:有害赤潮による養殖魚類の被害軽減、赤潮発生を適切に捉えるため、人工衛星データを利用して有害赤潮のプランクトンサイズの推定や種判別をし、早期に有害赤潮の発生状況と分布範囲を迅速に把握する手法を開発する。

公募期間:2019212日~227

 

・水産庁:「平成31年度ICTを利用した漁業技術開発事業のうちスマート沿岸漁業推進事業」

http://www.jfa.maff.go.jp/j/gyosei/supply/itaku/190212_k_ict_smart_y_2.html

分野等:ICTを活用した支援技術の効果を地域実証し、その成果を普及することにより、沿岸漁業のスマート化による収益向上、若手漁業者の育成等を推進する。

公募期間:2019212日~28

 

・文部科学省:「平成31年度地域イノベーション・エコシステム形成プログラム」

http://www.mext.go.jp/a_menu/kagaku/chiiki/program/1412482.htm

分野等:コア技術等を有する地域において、コア技術等の性質等を踏まえて、事業化を支える人材及びそのチームを設置し、様々な外部 環境・内部環境分析を踏まえて事業化戦略・計画を策定し、関係者が一丸となっ て各プロジェクトを遂行し、当該プロジェクトの出口としてマイルストンに基づく次のフェーズの資金(又は売上)の獲得等を目指す取組を支援する。

公募期間:2019111日~322

 

JST:「平成30年度 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP) 企業主導フェーズ:NexTEP-Aタイプ」

http://www.jst.go.jp/a-step/koubo/h30nextep-a-1.html

分野等:企業ニーズを踏まえた企業による大学等の研究成果に基づく技術シーズの実用化開発を支援する。

公募期間:201842日~2019329日(第3回)

 

JST:「平成30年度 産学共同実用化開発事業NexTEP 未来創造ベンチャータイプ」

http://www.jst.go.jp/jitsuyoka/bosyu.html

分野等:大学等の研究成果に基づくシーズを用いた、企業等が行う開発リスクを伴う規模の大きい開発を支援する。

公募期間:201842日~2019329日(第3回)

 

JST:「平成30年度 産学共同実用化開発事業NexTEP 一般タイプ」

http://www.jst.go.jp/jitsuyoka/bosyu.html

分野等:大学等の研究成果に基づくシーズを用いた、企業等が行う開発リスクを伴う規模の大きい開発を支援する。

公募期間:201842日~2019329日(第3回)

 

JST:「e-ASIA共同研究プログラム平成31年度採択「材料(ナノテクノロジ―)」「農業(食料)」分野 共同研究課題募集」

http://www.jst.go.jp/inter/program/announce/announce_easia_jrp_8th.html

分野等:

1. 材料(ナノテクノロジー)分野:「革新的材料」

2. 農業(食料)分野:「アジアの動物遺伝資源の保存、改良と活用」

公募期間:2019118日~514

 

・経済産業省:「平成31年度 戦略的基盤技術高度化支援事業」

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2019/190128mono.htm

分野等:1. デザイン開発、2. 情報処理、3. 精密加工、4. 製造環境、5. 接合・実装、6. 立体造形、7. 表面処理、

8. 機械制御、9. 複合・新機能材料、10. 材料製造プロセス、11.バイオ、12. 測定計測

公募期間:2019128日~424

 

NEDO:「平成31年度 研究開発型ベンチャー支援事業/シード期の研究開発型ベンチャーに対する事業化支援」

https://www.nedo.go.jp/koubo/CA2_100199.html

分野等:ベンチャーエコシステムにおいて重要な役割を果たすベンチャーキャピタル及びシードアクセラレータ等とNEDOが協調し、シード期の研究開発型ベンチャーが必要とする研究開発及び事業化に必要な資金、並びにその活動を支援する。

公募期間:2019125日~225

 

NEDO:「2019年度 国際研究開発/コファンド事業/日本―フランス研究開発協力事業」

https://www.nedo.go.jp/koubo/AT092_100142.html

分野等:NEDOは、20109月フランス公的投資銀行(Bpifrance)と、日仏企業のイノベーション促進のため協力することに合意し、覚書を締結した。本事業では、覚書に基づき、両国の企業等の技術開発、イノベーションにおいて、戦略的重要性のある分野で日仏企業間の連携が促進されることを目指しており、今般、Bpifranceと同時期に、日仏の企業等による研究開発協力事業の公募を行う。対象技術分野は、NEDOが所掌する新エネルギー、省エネルギー、スマートコミュニティ、環境、ロボット・AIIoT、材料・ナノテクノロジー等。

公募期間:2019128日~426

 

NEDO:「2019年度 国際研究開発/コファンド事業/日本―ドイツ研究開発協力事業」

https://www.nedo.go.jp/koubo/AT092_100141.html

分野等:NEDOは、20173月に、経済産業省とともにドイツ連邦経済エネルギー省と、日独両国の共同研究開発プロジェクトが、両国の産業競争力強化および国際化促進にとって重要であるとの認識のもと、両国が「コファンド形式」にて、企業間の国際研究開発を支援していくことに合意し、共同声明に調印した。NEDOは、本共同声明に基づき、「インダストリー4.0」や「IoTInternet of Things)」の概念を打ち出して世界をリードしているドイツと、日独の企業等による「国際研究開発/コファンド事業」の公募を行う。対象技術分野は、NEDOが所掌する新エネルギー、省エネルギー、スマートコミュニティ、環境、ロボット・AIIoT、材料・ナノテクノロジー等。

公募期間:2019128日~325

 

NEDO:「2019年度 国際研究開発/コファンド事業/日本―ドイツ研究開発協力事業(CORNET)」

https://www.nedo.go.jp/koubo/AT092_100140.html

分野等:日本企業(研究機関、大学等とのコンソーシアムも可。以下「企業等」という)が海外の企業等と行う国際共同研究開発プロジェクトに対し、NEDOが海外の技術開発マネジメント機関等と連携して「コファンド形式」の資金支援(日本企業等に対してNEDOが、海外の企業等に対して海外の機関が支援)を行うことにより、新技術等の海外展開促進に資することを目的として実施する。本事業はドイツ連邦経済エネルギー省の未競争領域を対象とした国際共同研究開発プログラムである「CORNETCollective Research Network)」の枠組みを活用したもの。対象技術分野は、NEDOが所掌する新エネルギー、省エネルギー、スマートコミュニティ、環境、ロボット・AIIoT、材料・ナノテクノロジー等の分野。

公募期間:2019128日~327

 

NEDO:「2019年度 国際研究開発/コファンド事業/日本―イスラエル研究開発協力事業」

https://www.nedo.go.jp/koubo/AT092_100138.html

分野等:NEDOは、20147月、イスラエル産業技術研究開発センターとの間で基本協定書を締結し、両国の産業技術分野における研究開発を促進することに合意した。本事業では基本協定書に基づき、両国企業の共同研究開発を支援する。対象技術分野は、NEDOが所掌する新エネルギー、省エネルギー、スマートコミュニティ、環境、ロボット・AIIoT、材料・ナノテクノロジー等。

公募期間:2019128日~48

 

NEDO:「2019年度 新エネルギー等のシーズ発掘・事業化に向けた技術研究開発事業」

https://www.nedo.go.jp/koubo/CA2_100194.html

分野等:

1. 太陽光発電、風力発電、水力発電、地熱発電、バイオマス利用、太陽熱利用、その他未利用エネルギー分野。

2. 再生可能エネルギーの普及、エネルギー源の多様化に資する新規技術(燃料電池、蓄電池、エネルギーマネジメントシステム等)。

公募期間:201924日~35

 

NEDO:「植物等の生物を用いた高機能品生産技術の開発/研究開発項目〔4〕微生物による高機能品生産技術開発」

https://www.nedo.go.jp/koubo/EF2_100133.html

分野等:特定の生産ターゲットを設定したうえで、研究開発項目③「高生産性微生物創製に資する情報解析システムの開発」で開発した高生産性微生物設計システム等を活用し、目的物質の生産性向上を狙うとともに、量産化を見据え、宿主となる微生物の培養条件等を最適化する高機能品生産の実用化技術の開発を実施する。

公募期間:2019212日~314

 

NEDO:「平成31年度 戦略的省エネルギー技術革新プログラム」

https://www.nedo.go.jp/koubo/DA2_100254.html

分野等:現行の「省エネルギー技術戦略」に掲げる「重要技術」を中心に、高い省エネルギー効果が見込まれる技術開発を対象として助成する。

公募期間:2019220日~326

 

・総務省:「平成30年度ICTイノベーション創出チャレンジプログラム(I-Challenge!)」

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin03_02000239.html

分野等:ICTそのものの技術や、農業、医療、交通、教育などの異分野とICTとの融合(ICT×○○)をはかるなどにより、社会へ大きなインパクトをもたらす可能性を持つ、革新的な技術やアイデアを活用した新事業の創出を目指し、POCProof of Concept:概念検証)に取り組む技術開発課題。

公募期間:2018412日~2019329

 

■民間等

 ・一般財団法人杉山報公会:「2019年研究助成金」

http://www.sugiyama-houkoukai.or.jp/joseib.html

分野等:主として「健康な暮らしを支える産業に寄与することを目的とする研究」とし、医薬、食品、健康、環境、衛生等の分野に結びつく研究領域とする。

公募期間:201891日~20193月末日

 

・公益財団法人山田科学振興財団:「2019年度研究援助」

http://www.yamadazaidan.jp/jigyo/bosyu_kenkyu.html

分野等:自然科学の基礎的研究

公募期間:20189?日~2019222

 

・一般財団法人糧食研究会:「2019年度研究テーマ募集」

http://www.ryouken.or.jp/josei/

分野等:食品機能、健康・栄養、食品加工技術、食品安全などに関する研究

公募期間:20181019日~228

 

・公益財団法人タカノ農芸化学研究助成財団:「平成31年度研究助成」

http://www.takanofoods.co.jp/company/foundation/subsidy.shtml

分野等:

1. 豆類や穀類の生産技術(栽培、育種、植物栄養、根圏微生物等)に関する研究

2. 豆類や穀類、並びにそれらの加工品の食品機能(栄養機能、嗜好機能、生体調節機能等)に関する研究

3. 豆類や穀類の加工、保蔵、流通技術に関する研究、並びにそれらの発酵に関連する微生物や酵素の探索、特性、利用に関する研究

公募期間:2019115日~310

 

・一般財団法人東和食品研究振興会:「2019年度学術奨励金」

http://www.towashokuhin.or.jp/academic/index.html

分野等:

1. 食品の加工・保蔵に関する研究

2. 食品の安全性に関する研究

3. 食品の機能性に関する研究

4. 食品または水産分野におけるバイオテクノロジーに関する研究

5. 食品の未利用資源(または廃棄物)の有効利用に関する研究

6. その他食品科学に関する研究

公募期間:2018127日~2019325

 

・公益財団法人三島海雲記念財団:「2019年度学術研究奨励金(自然科学部門)」

https://www.mishima-kaiun.or.jp/assist/natural-science.html

分野等:食の科学に関する学術研究

公募期間:2019110日~228

 

・一般財団法人金森財団:「平成31年度研究助成」

http://www.kanamori-foundation.or.jp/kenkyu.html

分野等:電気電子工学、光学関連、機械工学、化学関連、医療機器関連、 環境・エネルギー関連、材料工学、農学(機能性食品等)

公募期間:201914日~430

 

・公益財団法人武田科学振興財団:「2019年度生命科学研究助成」

https://www.takeda-sci.or.jp/assist/life.html

分野等:生命科学分野における新たな発見に貢献し、当該分野の進歩・発展の基盤となる独創的な研究

公募期間:201918日~315

 

・公益財団法人武田科学振興財団:「2019年度ライフサイエンス研究助成」

https://www.takeda-sci.or.jp/assist/lifescience.html

分野等:生命科学分野の進歩・発展に貢献し、人類の健康増進に寄与する独創的な研究

公募期間:201918日~315

 

・公益財団法人関西エネルギー・リサイクル科学研究振興財団:「2019年度試験研究助成」

https://www.krf.or.jp/category/guide/research

分野等:エネルギー・リサイクル分野 等

公募期間:201917日~830

 

・公益財団法人荏原 畠山記念文化財団:「2019年度研究助成」

http://www.ebara.co.jp/csr/foundation/topics.html

分野等:環境・エネルギー・バイオマス 等

公募期間:2019111日~38

 

・特定非営利活動法人酵母細胞研究会:「地神芳文記念研究助成金 2019年度募集」

http://www.yeast.umin.jp/fy2019jigami-fund.html

分野等:酵母、糖鎖に関する研究

公募期間:201917日~329

 

・一般財団法人水源地環境センター:「平成31年度WEC応用生態研究助成」

http://www.wec.or.jp/support/season/index.html

分野等:ダム貯水池に係わる生態系・水環境(上下流・周辺を含む)に関する研究

公募期間:201927日~45

 

・公益財団法人日本生命財団:「2019年度ニッセイ財団 環境問題研究助成」

http://www.nihonseimei-zaidan.or.jp/kankyo/02.html

分野等:人間活動と環境保全との調和に関する研究

公募期間:201921日~41

 

・公益財団法人戸部眞紀財団:「2019年度研究助成」

http://www.tobe-maki.or.jp/grant/

分野等:化学、食品科学、芸術学/デザイン学、体育学/スポーツ科学、経営学

公募期間:201927日~419

 

【研究開発関連以外】

 ■省庁等

 ・農林水産省(生産局):「平成31年度(西暦2019年度)持続的生産強化対策事業のうち生産体制・技術確立支援事業(新品種・新技術の確立支援)」

http://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/seisan/190212_2.html

分野等:

1. 新品種・新技術等の特性把握

2. 産地・実需者等が連携して行う実証等を通じた生産技術の確立

3. 新品種・新技術の普及等に関する手引きの作成

公募期間:2019212日~28

 

JSTSATREPSプロジェクト成果を活用したSDGsビジネス化支援プログラム」

http://www.jst.go.jp/global/index.html

分野等:地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)で国際共同研究に従事した研究者が発見した開発途上国の課題およびプロジェクト成果に関心を示し、それを活用したビジネスの実現を目指す企業を募集し、外部専門家の支援を受けながら、その企業とSATREPS研究者が共同でビジネスモデル化を図ることを支援する。

公募期間:2019118日~315

 

・経済産業省:「平成31年度 地域経済牽引事業支援事業費補助金(戦略分野における地域経済牽引事業支援事業)」

http://www.meti.go.jp/information/publicoffer/kobo/2019/k190215002.html

分野等:事業者による戦略分野での事業化や設備投資を支援することにより、地域における経済活動を牽引する事業を促進し、もって地域経済の活性化を図る。

公募期間:2019215日~41

 

・経済産業省:「平成31年度 商業・サービス競争力強化連携支援事業(新連携支援事業)」

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/shinpou/2019/190215shinpou.htm

分野等:中小企業者が、産学官で連携し、また異業種分野の事業者との連携を通じて行う新しいサービスモデルの開発等のうち、サービス産業の競争力強化に資すると認められる取組を支援する。

公募期間:2019215日~419

 

・中小企業庁:「平成31年度 国内・海外販路開拓強化支援事業費補助金(農商工等連携事業)」

http://www.chusho.meti.go.jp/shogyo/noushoko/2019/190207NoushokouKoubo.htm

分野等:中小企業者と農林漁業者とが有機的に連携し、それぞれの経営資源を有効に活用して行う新商品・新役務の開発、需要の開拓等を行う事業に係る経費の一部を補助する。

公募期間:201927日~37

 

・中小企業庁:「平成31年度 国内・海外販路開拓強化支援事業費補助金(地域産業資源活用事業、小売業者等連携支援事業)」

http://www.chusho.meti.go.jp/shogyo/chiiki/2019/190207ChiikiShigenKoubo.htm

分野等:

1. 地域産業資源活用事業

地域の優れた資源(農林水産物または鉱工業品、鉱工業品の生産に係る技術、観光資源)を活用した新商品・新サービスの開発や販路開拓に取り組む中小企業者に対し、市場調査、研究開発に係る調査分析、新商品・新役務の開発(試作、研究開発、評価等を含む)、展示会等の開催または展示会等への出展、知的財産に係る調査等の事業に係る経費の一部を補助する。

2. 小売業者等連携支援事業

小売業者等が地域の優れた資源(農林水産物または鉱工業品、鉱工業品の生産に係る技術、観光資源)を活用した商品・役務に関する市場動向等の情報を地域の製造事業者等にフィードバックし、消費者嗜好を捉えた商品づくりに繋げるための取組に対し、市場調査、研究開発に係る調査分析、展示会等の開催に係る経費の一部を補助する。

公募期間:201927日~37


平成31年2月13日現在の農林水産・食品産業の公募情報をお届けします。

平成31年2月13日現在の農林水産・食品産業の公募情報をお届けします。

農林水産・食品分野の公募情報(2019213日) 26日以降の新規の情報を赤字で示しています。

【研究開発関連】

■省庁等

・農林水産省(技術会議事務局):「平成31年度戦略的プロジェクト研究推進事業」

http://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/190122_12.html

分野等:

1. 現場ニーズ対応型研究

   1)直播栽培拡大のための雑草イネ等難防除雑草の省力的防除技術の開発

   2)南西諸島の気候風土に適した高収益品目の検討及び栽培技術体系の確立

   3)畑作物生産の安定・省力化に向けた湿害、雑草害対策技術の開発

   4)高品質茶生産拡大のための適期被覆技術体系の確立

   5)繋ぎ牛舎でも利用できる高度な搾乳システムの開発

   6)国内主要養殖魚の重要疾病のリスク管理技術の開発

   7)森林・林業、水産業分野における気候変動適応技術の開発(流木災害防止・被害軽減技術の開発)

   8)野生鳥獣及び病害虫等被害対応技術の開発(農業被害をもたらす侵略的外来種の管理技術の開発)

2. 基礎的・先導的研究

   1)ゲノム編集技術を活用した農作物品種・育種素材の開発

公募期間:2019122日~313

 

・農林水産省(技術会議事務局):「平成31年度放射性物質測定調査委託事業」

http://www.maff.go.jp/j/supply/itaku/kenkyu_kaihatu/index.html

分野等:福島県及びその周辺における農畜産物及び土壌の放射能汚染レベルの動向把握

公募期間:201928日~45

 

・農林水産省(技術会議事務局):「平成31年度放射能調査研究委託事業のうち『農林生産環境中における放射性核種の濃度変動の要因と動態の解明』」

http://www.maff.go.jp/j/supply/itaku/kenkyu_kaihatu/index.html

分野等:農林生産環境中における放射性核種の濃度変動の要因と動態の解明

公募期間:201928日~45

 

・農林水産省(農村振興局):「平成31年度官民連携新技術研究開発事業」

http://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/nousin/190201_6.html

分野等:

1. 農地の大区画化・汎用化に資する技術

2. 農業水利施設の長寿命化とライフサイクルコストの低減を図るための適切な保全管理に資する技術

3. 土地改良施設の耐震強化等に資する技術

4. 小水力発電等の農業水利施設等を活用した再生可能エネルギーの導入促進に資する技術

5. 農業収益力向上に資する先進的な基盤整備に係る技術

公募期間:201921日~329

 

・国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター:「平成31年度イノベーション創出強化研究推進事業」

http://www.naro.affrc.go.jp/laboratory/brain/innovation/news/2018/120984.html

分野等:従来の常識を覆す革新的な技術・商品・サービスを生み出していくイノベーションの創出に向け、「知」の集積と活用の場による研究開発を重点的に推進する提案公募型の研究開発事業「イノベーション創出強化研究推進事業」を推進することとし、公募により研究を委託する。

公募期間:2019115日~215

 

・国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター:「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト(うち先導研究プロジェクト)」

http://www.naro.affrc.go.jp/laboratory/brain/sendo-syokuhin/121384.html

分野等:食品製造業における効率的な設備管理技術の開発

公募期間:2019212日~313

 

・農林水産省(食料産業局):「革新的技術活用実証事業(平成31年度農山漁村6次産業化対策事業のうち食品産業イノベーション推進事業 内)」

http://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/shokusan/190205_1.html

分野等:人手不足の解消や生産コストの低減、経営管理能力向上のためのロボット、AIIoT技術の導入等による生産効率向上など、革新的な技術の活用実証を行う。

公募期間:201925日~26

 

・林野庁:「地域内エコシステム技術開発・実証(木材需要の創出・輸出力強化対策(地域内エコシステム構築事業)内)」

http://www.rinya.maff.go.jp/j/supply/hojyo/31koubo_1/31mhk0108.html

分野等:地域の森林資源の持続的な活用を図る「地域内エコシステム」の構築に資する木質バイオマスのエネルギー利用システム(小規模な熱利用や熱電併給等)の普及に必要となる小規模な技術開発・改良、実証等を行う。

公募期間:201924日~31

 

・林野庁:「木材需要の創出・輸出力強化対策(地域内エコシステム構築事業(木材のマテリアル利用技術開発事業))」

http://www.rinya.maff.go.jp/j/supply/hojyo/31koubo_1/31mhk0109.html

分野等:

1. 新素材製造・利用技術開発

2. 竹のマテリアル利用に向けた効率的な竹材生産技術の開発

公募期間:201924日~31

 

・林野庁:「スマート林業構築実践事業(森林作業システム高度化対策)」

http://www.rinya.maff.go.jp/j/supply/hojyo/31koubo_1/31mhk0119.html

分野等:地理空間情報やICT等の先端技術を積極的に導入し、森林施業の効率化・省力化や需要に応じた木材生産や木質バイオマスの収集・運搬等を可能とする新たな林業(スマート林業)の実現に向けた林業機械の開発・改良によるその実用化に向けた取組を支援する。

公募期間:201924日~         31

 

・水産庁:「平成31年度漁場環境改善推進事業のうち栄養塩からみた漁場生産力回復手法の開発」

http://www.jfa.maff.go.jp/j/gyosei/supply/hozyo/190206_se32.html

分野等:ノリ等の海藻養殖が行われる冬季には、ケイ藻赤潮等により栄養塩が不足し、ノリやワカメ等の色落ち被害が発生することから、ノリ等の海藻養殖場の海域において、適正な栄養塩供給手法の開発などを支援する。

公募期間:201926日~22

 

・水産庁:「平成31年度漁場環境改善推進事業のうち赤潮及び貧酸素水塊の広域自動モニタリング技術の開発」

http://www.jfa.maff.go.jp/j/gyosei/supply/hozyo/190206_se33.html

分野等:赤潮・貧酸素水塊の発生状況の適切な把握と予察のため、水温、塩分、クロロフィル、濁度、溶存酸素などを広く観測できる連続観測装置の開発を行うとともに、広域の水質データを効率的に収集・公表するシステムの開発を支援する。

公募期間:201926日~22

 

・水産庁:「平成31年度環境変化に対応した種苗生産・放流技術改良事業」

http://www.jfa.maff.go.jp/j/gyosei/supply/hozyo/190206_se35.html

分野等:近年、海水温上昇等の環境変化により生息域の変化や既存の栽培対象種の種苗生産不調及び放流効果や資源量の低下が大きな問題となっている。このため、効果的な種苗放流による資源の増大を図るため各海域の海洋環境の変化に適応した種苗生産、放流等の増殖技術を改良する取組について支援する。

公募期間:201926日~25

 

・水産庁:「平成31年度ウナギ種苗の商業化に向けた大量生産システムの実証事業」

http://www.jfa.maff.go.jp/j/gyosei/supply/itaku/190212_unagi_system.html

分野等:工学等異分野の技術の導入や産学官での連携を行い、これまでの実証事業で得た技術開発の成果を踏まえ、①仔魚の生残率の向上、②再現性の向上、③省力化・省コスト化等の実証試験に取り組み、ウナギ種苗を大量生産する際に必要な知見を得る。

公募期間:2019212日~27

 

・水産庁:「平成31年度さけ・ます等栽培対象資源対策事業」

http://www.jfa.maff.go.jp/j/gyosei/supply/itaku/190212_sakemasutousaibai.html

分野等:

1. 新規栽培対象種技術開発(魚類)

2. 新規栽培対象種技術開発(二枚貝)

3. さけ・ますふ化放流抜本対策

公募期間:2019212日~26

 

・水産庁:「平成31年度厳しい環境条件下におけるサンゴ礁の面的保全・回復技術開発実証委託事業」

http://www.jfa.maff.go.jp/j/seibi/190212sanngo31.html

分野等:

1. サンゴ礁への幼生供給力を高める面的な保全・回復技術の開発

2. 海洋環境等変化に順応できるサンゴの開発

公募期間:2019212日~27

 

・水産庁:「平成31年度養殖業成長産業化技術開発事業」

http://www.jfa.maff.go.jp/j/gyosei/supply/itaku/190212_seichosangyoka.html

分野等:

1. 養殖魚安定生産・供給技術開発

2. 水素細菌を原料とする純国産養魚飼料開発

3. スジアラ用高効率飼料の開発

4. サーモン養殖推進技術開発

5. 養殖業の成長産業化のための優良系統の開発

6. 環境変化に適応したノリ養殖技術の開発

7. 酸素充填解凍を用いた生鮮用冷凍水産物の高品質化技術開発

公募期間:2019212日~312

 

・水産庁:「平成31年度漁場環境改善推進事業のうち海洋プラスチックを摂食した魚介類の生態的情報等の調査」

http://www.jfa.maff.go.jp/j/gyosei/supply/itaku/190212_pla_itaku.html

分野等:マイクロプラスチックを摂食させた魚介類体内におけるマイクロプラスチックの挙動の解明や、マイクロプラスチックに吸着した有害化学物質の魚介類消化管内における溶出量の推定等を行う。

公募期間:2019212日~27

 

・水産庁:「平成31年度漁場環境改善推進事業のうち栄養塩、赤潮・貧酸素水塊に対する被害軽減技術等の開発」

http://www.jfa.maff.go.jp/j/gyosei/supply/itaku/190212_akashio.html

分野等:栄養塩が一次生産を通じてより高次の水産資源に与える影響を調査し、適正な栄養塩管理モデルの構築に資することを目的とする。また、赤潮については、広域共同モニタリングによる監視体制の強化、モニタリング技術や予察技術、防除技術等の研究開発を行うことにより有害鞭毛藻赤潮や冬季の珪藻赤潮に対処することを目的とする。貧酸素水塊については、漁業被害を軽減するための予察技術や防除技術の研究開発を行うことにより対処することを目的とする。

公募期間:2019212日~26

 

・水産庁:「平成31年度有明海のアサリ等の生産性向上実証事業」

http://www.jfa.maff.go.jp/j/gyosei/supply/itaku/190212_asari_y_2.html

分野等:母貝生息適地の造成、稚貝育成、移植、カキ礁の造成による貧酸素水塊の軽減により各漁場のアサリ等の生産性向上のための技術開発及びその実証事業を実施する。

公募期間:2019212日~28

 

・水産庁:「平成31年度漁場環境改善推進事業のうちリモートセンシングを活用した有害赤潮の種判別手法の開発事業」

http://www.jfa.maff.go.jp/j/gyosei/supply/itaku/180213_k_s2_akashio.html

分野等:有害赤潮による養殖魚類の被害軽減、赤潮発生を適切に捉えるため、人工衛星データを利用して有害赤潮のプランクトンサイズの推定や種判別をし、早期に有害赤潮の発生状況と分布範囲を迅速に把握する手法を開発する。

公募期間:2019212日~227

 

・水産庁:「平成31年度ICTを利用した漁業技術開発事業のうちスマート沿岸漁業推進事業」

http://www.jfa.maff.go.jp/j/gyosei/supply/itaku/190212_k_ict_smart_y_2.html

分野等:ICTを活用した支援技術の効果を地域実証し、その成果を普及することにより、沿岸漁業のスマート化による収益向上、若手漁業者の育成等を推進する。

公募期間:2019212日~28

 

・文部科学省:「平成31年度地域イノベーション・エコシステム形成プログラム」

http://www.mext.go.jp/a_menu/kagaku/chiiki/program/1412482.htm

分野等:コア技術等を有する地域において、コア技術等の性質等を踏まえて、事業化を支える人材及びそのチームを設置し、様々な外部 環境・内部環境分析を踏まえて事業化戦略・計画を策定し、関係者が一丸となっ て各プロジェクトを遂行し、当該プロジェクトの出口としてマイルストンに基づく次のフェーズの資金(又は売上)の獲得等を目指す取組を支援する。

公募期間:2019111日~322

 

JST:「平成30年度 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP) 企業主導フェーズ:NexTEP-Aタイプ」

http://www.jst.go.jp/a-step/koubo/h30nextep-a-1.html

分野等:企業ニーズを踏まえた企業による大学等の研究成果に基づく技術シーズの実用化開発を支援する。

公募期間:201842日~2019329日(第3回)

 

JST:「平成30年度 産学共同実用化開発事業NexTEP 未来創造ベンチャータイプ」

http://www.jst.go.jp/jitsuyoka/bosyu.html

分野等:大学等の研究成果に基づくシーズを用いた、企業等が行う開発リスクを伴う規模の大きい開発を支援する。

公募期間:201842日~2019329日(第3回)

 

JST:「平成30年度 産学共同実用化開発事業NexTEP 一般タイプ」

http://www.jst.go.jp/jitsuyoka/bosyu.html

分野等:大学等の研究成果に基づくシーズを用いた、企業等が行う開発リスクを伴う規模の大きい開発を支援する。

公募期間:201842日~2019329日(第3回)

 

JST:「e-ASIA共同研究プログラム平成31年度採択「材料(ナノテクノロジ―)」「農業(食料)」分野 共同研究課題募集」

http://www.jst.go.jp/inter/program/announce/announce_easia_jrp_8th.html

分野等:

1. 材料(ナノテクノロジー)分野:「革新的材料」

2. 農業(食料)分野:「アジアの動物遺伝資源の保存、改良と活用」

公募期間:2019118日~514

 

・経済産業省:「平成31年度 戦略的基盤技術高度化支援事業」

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2019/190128mono.htm

分野等:1. デザイン開発、2. 情報処理、3. 精密加工、4. 製造環境、5. 接合・実装、6. 立体造形、7. 表面処理、

8. 機械制御、9. 複合・新機能材料、10. 材料製造プロセス、11.バイオ、12. 測定計測

公募期間:2019128日~424

 

NEDO:「平成31年度 研究開発型ベンチャー支援事業/シード期の研究開発型ベンチャーに対する事業化支援」

https://www.nedo.go.jp/koubo/CA2_100199.html

分野等:ベンチャーエコシステムにおいて重要な役割を果たすベンチャーキャピタル及びシードアクセラレータ等とNEDOが協調し、シード期の研究開発型ベンチャーが必要とする研究開発及び事業化に必要な資金、並びにその活動を支援する。

公募期間:2019125日~225

 

NEDO:「2019年度 国際研究開発/コファンド事業/日本―フランス研究開発協力事業」

https://www.nedo.go.jp/koubo/AT092_100142.html

分野等:NEDOは、20109月フランス公的投資銀行(Bpifrance)と、日仏企業のイノベーション促進のため協力することに合意し、覚書を締結した。本事業では、覚書に基づき、両国の企業等の技術開発、イノベーションにおいて、戦略的重要性のある分野で日仏企業間の連携が促進されることを目指しており、今般、Bpifranceと同時期に、日仏の企業等による研究開発協力事業の公募を行う。対象技術分野は、NEDOが所掌する新エネルギー、省エネルギー、スマートコミュニティ、環境、ロボット・AIIoT、材料・ナノテクノロジー等。

公募期間:2019128日~426

 

NEDO:「2019年度 国際研究開発/コファンド事業/日本―ドイツ研究開発協力事業」

https://www.nedo.go.jp/koubo/AT092_100141.html

分野等:NEDOは、20173月に、経済産業省とともにドイツ連邦経済エネルギー省と、日独両国の共同研究開発プロジェクトが、両国の産業競争力強化および国際化促進にとって重要であるとの認識のもと、両国が「コファンド形式」にて、企業間の国際研究開発を支援していくことに合意し、共同声明に調印した。NEDOは、本共同声明に基づき、「インダストリー4.0」や「IoTInternet of Things)」の概念を打ち出して世界をリードしているドイツと、日独の企業等による「国際研究開発/コファンド事業」の公募を行う。対象技術分野は、NEDOが所掌する新エネルギー、省エネルギー、スマートコミュニティ、環境、ロボット・AIIoT、材料・ナノテクノロジー等。

公募期間:2019128日~325

 

NEDO:「2019年度 国際研究開発/コファンド事業/日本―ドイツ研究開発協力事業(CORNET)」

https://www.nedo.go.jp/koubo/AT092_100140.html

分野等:日本企業(研究機関、大学等とのコンソーシアムも可。以下「企業等」という)が海外の企業等と行う国際共同研究開発プロジェクトに対し、NEDOが海外の技術開発マネジメント機関等と連携して「コファンド形式」の資金支援(日本企業等に対してNEDOが、海外の企業等に対して海外の機関が支援)を行うことにより、新技術等の海外展開促進に資することを目的として実施する。本事業はドイツ連邦経済エネルギー省の未競争領域を対象とした国際共同研究開発プログラムである「CORNETCollective Research Network)」の枠組みを活用したもの。対象技術分野は、NEDOが所掌する新エネルギー、省エネルギー、スマートコミュニティ、環境、ロボット・AIIoT、材料・ナノテクノロジー等の分野。

公募期間:2019128日~327

 

NEDO:「2019年度 国際研究開発/コファンド事業/日本―イスラエル研究開発協力事業」

https://www.nedo.go.jp/koubo/AT092_100138.html

分野等:NEDOは、20147月、イスラエル産業技術研究開発センターとの間で基本協定書を締結し、両国の産業技術分野における研究開発を促進することに合意した。本事業では基本協定書に基づき、両国企業の共同研究開発を支援する。対象技術分野は、NEDOが所掌する新エネルギー、省エネルギー、スマートコミュニティ、環境、ロボット・AIIoT、材料・ナノテクノロジー等。

公募期間:2019128日~48

 

NEDO:「2019年度 新エネルギー等のシーズ発掘・事業化に向けた技術研究開発事業」

https://www.nedo.go.jp/koubo/CA2_100194.html

分野等:

1. 太陽光発電、風力発電、水力発電、地熱発電、バイオマス利用、太陽熱利用、その他未利用エネルギー分野。

2. 再生可能エネルギーの普及、エネルギー源の多様化に資する新規技術(燃料電池、蓄電池、エネルギーマネジメントシステム等)。

公募期間:201924日~35

 

NEDO:「植物等の生物を用いた高機能品生産技術の開発/研究開発項目〔4〕微生物による高機能品生産技術開発」

https://www.nedo.go.jp/koubo/EF2_100133.html

分野等:特定の生産ターゲットを設定したうえで、研究開発項目③「高生産性微生物創製に資する情報解析システムの開発」で開発した高生産性微生物設計システム等を活用し、目的物質の生産性向上を狙うとともに、量産化を見据え、宿主となる微生物の培養条件等を最適化する高機能品生産の実用化技術の開発を実施する。

公募期間:2019212日~314

 

・総務省:「平成30年度ICTイノベーション創出チャレンジプログラム(I-Challenge!)」

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin03_02000239.html

分野等:ICTそのものの技術や、農業、医療、交通、教育などの異分野とICTとの融合(ICT×○○)をはかるなどにより、社会へ大きなインパクトをもたらす可能性を持つ、革新的な技術やアイデアを活用した新事業の創出を目指し、POCProof of Concept:概念検証)に取り組む技術開発課題。

公募期間:2018412日~2019329

 

■民間等

 

・一般財団法人杉山報公会:「2019年研究助成金」

http://www.sugiyama-houkoukai.or.jp/joseib.html

分野等:主として「健康な暮らしを支える産業に寄与することを目的とする研究」とし、医薬、食品、健康、環境、衛生等の分野に結びつく研究領域とする。

公募期間:201891日~20193月末日

 

・公益財団法人山田科学振興財団:「2019年度研究援助」

http://www.yamadazaidan.jp/jigyo/bosyu_kenkyu.html

分野等:自然科学の基礎的研究

公募期間:20189?日~2019222

 

・一般財団法人糧食研究会:「2019年度研究テーマ募集」

http://www.ryouken.or.jp/josei/

分野等:食品機能、健康・栄養、食品加工技術、食品安全などに関する研究

公募期間:20181019日~228

 

・公益財団法人タカノ農芸化学研究助成財団:「平成31年度研究助成」

http://www.takanofoods.co.jp/company/foundation/subsidy.shtml

分野等:

1. 豆類や穀類の生産技術(栽培、育種、植物栄養、根圏微生物等)に関する研究

2. 豆類や穀類、並びにそれらの加工品の食品機能(栄養機能、嗜好機能、生体調節機能等)に関する研究

3. 豆類や穀類の加工、保蔵、流通技術に関する研究、並びにそれらの発酵に関連する微生物や酵素の探索、特性、利用に関する研究

公募期間:2019115日~310

 

・一般財団法人東和食品研究振興会:「2019年度学術奨励金」

http://www.towashokuhin.or.jp/academic/index.html

分野等:

1. 食品の加工・保蔵に関する研究

2. 食品の安全性に関する研究

3. 食品の機能性に関する研究

4. 食品または水産分野におけるバイオテクノロジーに関する研究

5. 食品の未利用資源(または廃棄物)の有効利用に関する研究

6. その他食品科学に関する研究

公募期間:2018127日~2019325

 

・公益財団法人三島海雲記念財団:「2019年度学術研究奨励金(自然科学部門)」

https://www.mishima-kaiun.or.jp/assist/natural-science.html

分野等:食の科学に関する学術研究

公募期間:2019110日~228

 

・一般財団法人金森財団:「平成31年度研究助成」

http://www.kanamori-foundation.or.jp/kenkyu.html

分野等:電気電子工学、光学関連、機械工学、化学関連、医療機器関連、 環境・エネルギー関連、材料工学、農学(機能性食品等)

公募期間:201914日~430

 

・公益財団法人武田科学振興財団:「2019年度生命科学研究助成」

https://www.takeda-sci.or.jp/assist/life.html

分野等:生命科学分野における新たな発見に貢献し、当該分野の進歩・発展の基盤となる独創的な研究

公募期間:201918日~315

 

・公益財団法人武田科学振興財団:「2019年度ライフサイエンス研究助成」

https://www.takeda-sci.or.jp/assist/lifescience.html

分野等:生命科学分野の進歩・発展に貢献し、人類の健康増進に寄与する独創的な研究

公募期間:201918日~315

 

・公益財団法人関西エネルギー・リサイクル科学研究振興財団:「2019年度試験研究助成」

https://www.krf.or.jp/category/guide/research

分野等:エネルギー・リサイクル分野 等

公募期間:201917日~830

 

・公益財団法人荏原 畠山記念文化財団:「2019年度研究助成」

http://www.ebara.co.jp/csr/foundation/topics.html

分野等:環境・エネルギー・バイオマス 等

公募期間:2019111日~38

 

・特定非営利活動法人酵母細胞研究会:「地神芳文記念研究助成金 2019年度募集」

http://www.yeast.umin.jp/fy2019jigami-fund.html

分野等:酵母、糖鎖に関する研究

公募期間:201917日~329

 

・一般財団法人水源地環境センター:「平成31年度WEC応用生態研究助成」

http://www.wec.or.jp/support/season/index.html

分野等:ダム貯水池に係わる生態系・水環境(上下流・周辺を含む)に関する研究

公募期間:201927日~45

 

・公益財団法人日本生命財団:「2019年度ニッセイ財団 環境問題研究助成」

http://www.nihonseimei-zaidan.or.jp/kankyo/02.html

分野等:人間活動と環境保全との調和に関する研究

公募期間:201921日~41

 

・公益財団法人戸部眞紀財団:「2019年度研究助成」

http://www.tobe-maki.or.jp/grant/

分野等:化学、食品科学、芸術学/デザイン学、体育学/スポーツ科学、経営学

公募期間:201927日~419

 

【研究開発関連以外】

■省庁等

・農林水産省(生産局):「平成31年度(西暦2019年度)持続的生産強化対策事業のうち生産体制・技術確立支援事業(新品種・新技術の確立支援)」

http://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/seisan/190212_2.html

分野等:

1. 新品種・新技術等の特性把握

2. 産地・実需者等が連携して行う実証等を通じた生産技術の確立

3. 新品種・新技術の普及等に関する手引きの作成

公募期間:2019212日~28

 

JSTSATREPSプロジェクト成果を活用したSDGsビジネス化支援プログラム」

http://www.jst.go.jp/global/index.html

分野等:地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)で国際共同研究に従事した研究者が発見した開発途上国の課題およびプロジェクト成果に関心を示し、それを活用したビジネスの実現を目指す企業を募集し、外部専門家の支援を受けながら、その企業とSATREPS研究者が共同でビジネスモデル化を図ることを支援する。

公募期間:2019118日~315


平成31年2月6日現在の農林水産・食品産業の公募情報をお届けします。

平成31年2月6日現在の農林水産・食品産業の公募情報をお届けします。

農林水産・食品分野の公募情報(201926日) 129日以降の新規の情報を赤字で示しています。

【研究開発関連】

■省庁等

・農林水産省(技術会議事務局):「平成31年度戦略的プロジェクト研究推進事業」

http://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/190122_12.html

分野等:

1. 現場ニーズ対応型研究

   1)直播栽培拡大のための雑草イネ等難防除雑草の省力的防除技術の開発

   2)南西諸島の気候風土に適した高収益品目の検討及び栽培技術体系の確立

   3)畑作物生産の安定・省力化に向けた湿害、雑草害対策技術の開発

   4)高品質茶生産拡大のための適期被覆技術体系の確立

   5)繋ぎ牛舎でも利用できる高度な搾乳システムの開発

   6)国内主要養殖魚の重要疾病のリスク管理技術の開発

   7)森林・林業、水産業分野における気候変動適応技術の開発(流木災害防止・被害軽減技術の開発)

   8)野生鳥獣及び病害虫等被害対応技術の開発(農業被害をもたらす侵略的外来種の管理技術の開発)

2. 基礎的・先導的研究

   1)ゲノム編集技術を活用した農作物品種・育種素材の開発

公募期間:2019122日~313

 

・農林水産省(農村振興局):「平成31年度官民連携新技術研究開発事業」

http://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/nousin/190201_6.html

分野等:

1. 農地の大区画化・汎用化に資する技術

2. 農業水利施設の長寿命化とライフサイクルコストの低減を図るための適切な保全管理に資する技術

3. 土地改良施設の耐震強化等に資する技術

4. 小水力発電等の農業水利施設等を活用した再生可能エネルギーの導入促進に資する技術

5. 農業収益力向上に資する先進的な基盤整備に係る技術

公募期間:201921日~329

 

・国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター:「平成31年度イノベーション創出強化研究推進事業」

http://www.naro.affrc.go.jp/laboratory/brain/innovation/news/2018/120984.html

分野等:従来の常識を覆す革新的な技術・商品・サービスを生み出していくイノベーションの創出に向け、「知」の集積と活用の場による研究開発を重点的に推進する提案公募型の研究開発事業「イノベーション創出強化研究推進事業」を推進することとし、公募により研究を委託する。

公募期間:2019115日~215

 

・農林水産省(食料産業局):「革新的技術活用実証事業(平成31年度農山漁村6次産業化対策事業のうち食品産業イノベーション推進事業 内)」

http://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/shokusan/190205_1.html

分野等:人手不足の解消や生産コストの低減、経営管理能力向上のためのロボット、AIIoT技術の導入等による生産効率向上など、革新的な技術の活用実証を行う。

公募期間:201925日~26

 

・林野庁:「地域内エコシステム技術開発・実証(木材需要の創出・輸出力強化対策(地域内エコシステム構築事業)内)」

http://www.rinya.maff.go.jp/j/supply/hojyo/31koubo_1/31mhk0108.html

分野等:地域の森林資源の持続的な活用を図る「地域内エコシステム」の構築に資する木質バイオマスのエネルギー利用システム(小規模な熱利用や熱電併給等)の普及に必要となる小規模な技術開発・改良、実証等を行う。

公募期間:201924日~31

 

・林野庁:「木材需要の創出・輸出力強化対策(地域内エコシステム構築事業(木材のマテリアル利用技術開発事業))」

http://www.rinya.maff.go.jp/j/supply/hojyo/31koubo_1/31mhk0109.html

分野等:

1. 新素材製造・利用技術開発

2. 竹のマテリアル利用に向けた効率的な竹材生産技術の開発

公募期間:201924日~31

 

・林野庁:「スマート林業構築実践事業(森林作業システム高度化対策)」

http://www.rinya.maff.go.jp/j/supply/hojyo/31koubo_1/31mhk0119.html

分野等:地理空間情報やICT等の先端技術を積極的に導入し、森林施業の効率化・省力化や需要に応じた木材生産や木質バイオマスの収集・運搬等を可能とする新たな林業(スマート林業)の実現に向けた林業機械の開発・改良によるその実用化に向けた取組を支援する。

公募期間:201924日~31

 

・環境省:「平成31年度(2019年度)CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」

http://www.env.go.jp/earth/earth/ondanka/biz_local/30_13_1/31co2.html

分野等:

1. 交通低炭素化技術開発分野

2. 建築物等低炭素化技術開発分野

3. 再生可能エネルギー低炭素化技術開発分野

4. バイオマス・循環資源低炭素化技術開発分野

5. 社会システム革新低炭素化技術開発分野

公募期間:2019117日~212

 

・文部科学省:「平成31年度地域イノベーション・エコシステム形成プログラム」

http://www.mext.go.jp/a_menu/kagaku/chiiki/program/1412482.htm

分野等:コア技術等を有する地域において、コア技術等の性質等を踏まえて、事業化を支える人材及びそのチームを設置し、様々な外部 環境・内部環境分析を踏まえて事業化戦略・計画を策定し、関係者が一丸となっ て各プロジェクトを遂行し、当該プロジェクトの出口としてマイルストンに基づく次のフェーズの資金(又は売上)の獲得等を目指す取組を支援する。

公募期間:2019111日~322

 

JST:「平成30年度 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP) 企業主導フェーズ:NexTEP-Aタイプ」

http://www.jst.go.jp/a-step/koubo/h30nextep-a-1.html

分野等:企業ニーズを踏まえた企業による大学等の研究成果に基づく技術シーズの実用化開発を支援する。

公募期間:201842日~2019329日(第3回)

 

JST:「平成30年度 産学共同実用化開発事業NexTEP 未来創造ベンチャータイプ」

http://www.jst.go.jp/jitsuyoka/bosyu.html

分野等:大学等の研究成果に基づくシーズを用いた、企業等が行う開発リスクを伴う規模の大きい開発を支援する。

公募期間:201842日~2019329日(第3回)

 

JST:「平成30年度 産学共同実用化開発事業NexTEP 一般タイプ」

http://www.jst.go.jp/jitsuyoka/bosyu.html

分野等:大学等の研究成果に基づくシーズを用いた、企業等が行う開発リスクを伴う規模の大きい開発を支援する。

公募期間:201842日~2019329日(第3回)

 

JST:「e-ASIA共同研究プログラム平成31年度採択「材料(ナノテクノロジ―)」「農業(食料)」分野 共同研究課題募集」

http://www.jst.go.jp/inter/program/announce/announce_easia_jrp_8th.html

分野等:

1. 材料(ナノテクノロジー)分野:「革新的材料」

2. 農業(食料)分野:「アジアの動物遺伝資源の保存、改良と活用」

公募期間:2019118日~514

 

・経済産業省:「平成31年度 戦略的基盤技術高度化支援事業」

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2019/190128mono.htm

分野等:1. デザイン開発、2. 情報処理、3. 精密加工、4. 製造環境、5. 接合・実装、6. 立体造形、7. 表面処理、

8. 機械制御、9. 複合・新機能材料、10. 材料製造プロセス、11.バイオ、12. 測定計測

公募期間:2019128日~424

 

NEDO:「平成31年度 研究開発型ベンチャー支援事業/シード期の研究開発型ベンチャーに対する事業化支援」

https://www.nedo.go.jp/koubo/CA2_100199.html

分野等:ベンチャーエコシステムにおいて重要な役割を果たすベンチャーキャピタル及びシードアクセラレータ等とNEDOが協調し、シード期の研究開発型ベンチャーが必要とする研究開発及び事業化に必要な資金、並びにその活動を支援する。

公募期間:2019125日~225

 

NEDO:「2019年度 国際研究開発/コファンド事業/日本―フランス研究開発協力事業」

https://www.nedo.go.jp/koubo/AT092_100142.html

分野等:NEDOは、20109月フランス公的投資銀行(Bpifrance)と、日仏企業のイノベーション促進のため協力することに合意し、覚書を締結した。本事業では、覚書に基づき、両国の企業等の技術開発、イノベーションにおいて、戦略的重要性のある分野で日仏企業間の連携が促進されることを目指しており、今般、Bpifranceと同時期に、日仏の企業等による研究開発協力事業の公募を行う。対象技術分野は、NEDOが所掌する新エネルギー、省エネルギー、スマートコミュニティ、環境、ロボット・AIIoT、材料・ナノテクノロジー等。

公募期間:2019128日~426

 

NEDO:「2019年度 国際研究開発/コファンド事業/日本―ドイツ研究開発協力事業」

https://www.nedo.go.jp/koubo/AT092_100141.html

分野等:NEDOは、20173月に、経済産業省とともにドイツ連邦経済エネルギー省と、日独両国の共同研究開発プロジェクトが、両国の産業競争力強化および国際化促進にとって重要であるとの認識のもと、両国が「コファンド形式」にて、企業間の国際研究開発を支援していくことに合意し、共同声明に調印した。NEDOは、本共同声明に基づき、「インダストリー4.0」や「IoTInternet of Things)」の概念を打ち出して世界をリードしているドイツと、日独の企業等による「国際研究開発/コファンド事業」の公募を行う。対象技術分野は、NEDOが所掌する新エネルギー、省エネルギー、スマートコミュニティ、環境、ロボット・AIIoT、材料・ナノテクノロジー等。

公募期間:2019128日~325

 

NEDO:「2019年度 国際研究開発/コファンド事業/日本―ドイツ研究開発協力事業(CORNET)」

https://www.nedo.go.jp/koubo/AT092_100140.html

分野等:日本企業(研究機関、大学等とのコンソーシアムも可。以下「企業等」という)が海外の企業等と行う国際共同研究開発プロジェクトに対し、NEDOが海外の技術開発マネジメント機関等と連携して「コファンド形式」の資金支援(日本企業等に対してNEDOが、海外の企業等に対して海外の機関が支援)を行うことにより、新技術等の海外展開促進に資することを目的として実施する。本事業はドイツ連邦経済エネルギー省の未競争領域を対象とした国際共同研究開発プログラムである「CORNETCollective Research Network)」の枠組みを活用したもの。対象技術分野は、NEDOが所掌する新エネルギー、省エネルギー、スマートコミュニティ、環境、ロボット・AIIoT、材料・ナノテクノロジー等の分野。

公募期間:2019128日~327

 

NEDO:「2019年度 国際研究開発/コファンド事業/日本―イスラエル研究開発協力事業」

https://www.nedo.go.jp/koubo/AT092_100138.html

分野等:NEDOは、20147月、イスラエル産業技術研究開発センターとの間で基本協定書を締結し、両国の産業技術分野における研究開発を促進することに合意した。本事業では基本協定書に基づき、両国企業の共同研究開発を支援する。対象技術分野は、NEDOが所掌する新エネルギー、省エネルギー、スマートコミュニティ、環境、ロボット・AIIoT、材料・ナノテクノロジー等。

公募期間:2019128日~48

 

NEDO:「2019年度 新エネルギー等のシーズ発掘・事業化に向けた技術研究開発事業」

https://www.nedo.go.jp/koubo/CA2_100194.html

分野等:

1. 太陽光発電、風力発電、水力発電、地熱発電、バイオマス利用、太陽熱利用、その他未利用エネルギー分野。

2. 再生可能エネルギーの普及、エネルギー源の多様化に資する新規技術(燃料電池、蓄電池、エネルギーマネジメントシステム等)。

公募期間:201924日~35

 

・総務省:「平成30年度ICTイノベーション創出チャレンジプログラム(I-Challenge!)」

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin03_02000239.html

分野等:ICTそのものの技術や、農業、医療、交通、教育などの異分野とICTとの融合(ICT×○○)をはかるなどにより、社会へ大きなインパクトをもたらす可能性を持つ、革新的な技術やアイデアを活用した新事業の創出を目指し、POCProof of Concept:概念検証)に取り組む技術開発課題。

公募期間:2018412日~2019329

 

■民間等

・一般財団法人杉山報公会:「2019年研究助成金」

http://www.sugiyama-houkoukai.or.jp/joseib.html

分野等:主として「健康な暮らしを支える産業に寄与することを目的とする研究」とし、医薬、食品、健康、環境、衛生等の分野に結びつく研究領域とする。

公募期間:201891日~20193月末日

 

・公益財団法人山田科学振興財団:「2019年度研究援助」

http://www.yamadazaidan.jp/jigyo/bosyu_kenkyu.html

分野等:自然科学の基礎的研究

公募期間:20189?日~2019222

 

・一般財団法人糧食研究会:「2019年度研究テーマ募集」

http://www.ryouken.or.jp/josei/

分野等:食品機能、健康・栄養、食品加工技術、食品安全などに関する研究

公募期間:20181019日~228

 

・公益財団法人タカノ農芸化学研究助成財団:「平成31年度研究助成」

http://www.takanofoods.co.jp/company/foundation/subsidy.shtml

分野等:

1. 豆類や穀類の生産技術(栽培、育種、植物栄養、根圏微生物等)に関する研究

2. 豆類や穀類、並びにそれらの加工品の食品機能(栄養機能、嗜好機能、生体調節機能等)に関する研究

3. 豆類や穀類の加工、保蔵、流通技術に関する研究、並びにそれらの発酵に関連する微生物や酵素の探索、特性、利用に関する研究

公募期間:2019115日~310

 

・一般財団法人東和食品研究振興会:「2019年度学術奨励金」

http://www.towashokuhin.or.jp/academic/index.html

分野等:

1. 食品の加工・保蔵に関する研究

2. 食品の安全性に関する研究

3. 食品の機能性に関する研究

4. 食品または水産分野におけるバイオテクノロジーに関する研究

5. 食品の未利用資源(または廃棄物)の有効利用に関する研究

6. その他食品科学に関する研究

公募期間:2018127日~2019325

 

・公益財団法人三島海雲記念財団:「2019年度学術研究奨励金(自然科学部門)」

https://www.mishima-kaiun.or.jp/assist/natural-science.html

分野等:食の科学に関する学術研究

公募期間:2019110日~228

 

・公益社団法人ビタミン・バイオファクター協会:「2019年度研究助成金」

http://vitabio.sakura.ne.jp/jyosei.html

分野等:ビタミン・バイオファクターに関する研究

公募期間:2019110日~210

 

・一般財団法人金森財団:「平成31年度研究助成」

http://www.kanamori-foundation.or.jp/kenkyu.html

分野等:電気電子工学、光学関連、機械工学、化学関連、医療機器関連、 環境・エネルギー関連、材料工学、農学(機能性食品等)

公募期間:201914日~430

 

・公益財団法人武田科学振興財団:「2019年度生命科学研究助成」

https://www.takeda-sci.or.jp/assist/life.html

分野等:生命科学分野における新たな発見に貢献し、当該分野の進歩・発展の基盤となる独創的な研究

公募期間:201918日~315

 

・公益財団法人武田科学振興財団:「2019年度ライフサイエンス研究助成」

https://www.takeda-sci.or.jp/assist/lifescience.html

分野等:生命科学分野の進歩・発展に貢献し、人類の健康増進に寄与する独創的な研究

公募期間:201918日~315

 

・公益財団法人関西エネルギー・リサイクル科学研究振興財団:「2019年度試験研究助成」

https://www.krf.or.jp/category/guide/research

分野等:エネルギー・リサイクル分野 等

公募期間:201917日~830

 

・公益財団法人荏原 畠山記念文化財団:「2019年度研究助成」

http://www.ebara.co.jp/csr/foundation/topics.html

分野等:環境・エネルギー・バイオマス 等

公募期間:2019111日~38

 

・特定非営利活動法人酵母細胞研究会:「地神芳文記念研究助成金 2019年度募集」

http://www.yeast.umin.jp/fy2019jigami-fund.html

分野等:酵母、糖鎖に関する研究

公募期間:201917日~329

 

・一般財団法人水源地環境センター:「平成31年度WEC応用生態研究助成」

http://www.wec.or.jp/support/season/index.html

分野等:ダム貯水池に係わる生態系・水環境(上下流・周辺を含む)に関する研究

公募期間:201927日~45

 

・公益財団法人日本生命財団:「2019年度ニッセイ財団 環境問題研究助成」

http://www.nihonseimei-zaidan.or.jp/kankyo/02.html

分野等:人間活動と環境保全との調和に関する研究

公募期間:201921日~41

 

【研究開発関連以外】

■省庁等

JSTSATREPSプロジェクト成果を活用したSDGsビジネス化支援プログラム」

http://www.jst.go.jp/global/index.html

分野等:地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)で国際共同研究に従事した研究者が発見した開発途上国の課題およびプロジェクト成果に関心を示し、それを活用したビジネスの実現を目指す企業を募集し、外部専門家の支援を受けながら、その企業とSATREPS研究者が共同でビジネスモデル化を図ることを支援する。

公募期間:2019118日~315

 


平成31年1月29日現在の農林水産・食品産業の公募情報

平成31年1月29日現在の農林水産・食品産業の公募情報をお届けします。

農林水産・食品分野の公募情報(2019129日) 122日以降の新規の情報を赤字で示しています。

【研究開発関連】

■省庁等

・農林水産省(技術会議事務局):「平成31年度戦略的プロジェクト研究推進事業」

http://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/190122_12.html

分野等:

1. 現場ニーズ対応型研究

   1)直播栽培拡大のための雑草イネ等難防除雑草の省力的防除技術の開発

   2)南西諸島の気候風土に適した高収益品目の検討及び栽培技術体系の確立

   3)畑作物生産の安定・省力化に向けた湿害、雑草害対策技術の開発

   4)高品質茶生産拡大のための適期被覆技術体系の確立

   5)繋ぎ牛舎でも利用できる高度な搾乳システムの開発

   6)国内主要養殖魚の重要疾病のリスク管理技術の開発

   7)森林・林業、水産業分野における気候変動適応技術の開発(流木災害防止・被害軽減技術の開発)

   8)野生鳥獣及び病害虫等被害対応技術の開発(農業被害をもたらす侵略的外来種の管理技術の開発)

2. 基礎的・先導的研究

   1)ゲノム編集技術を活用した農作物品種・育種素材の開発

公募期間:2019122日~313

 

・国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構:「『スマート農業技術の開発・実証プロジェクト』及び『スマート農業加速化実証プロジェクト』」

http://www.naro.affrc.go.jp/project/research_activities/laboratory/naro/120827.html

分野等:

1. スマート農業技術の開発・実証プロジェクト

国際競争力の強化に向け、近年、技術発展の著しいロボット、AIIoT等の先端技術を活用した「スマート農業」の社会実装を加速化するため、先端技術を生産から出荷まで一貫した体系として導入・実証する取組や、現場の課題解決に必要なスマート農業技術を実証する取組について、公募を通じて委託する。

2. スマート農業加速化実証プロジェクト

生産者の生産性を飛躍的に向上させるためには、近年、技術発展の著しいロボット、AIIoT等の先端技術を活用した「スマート農業」の社会実装を図ることが急務であるため、現在の技術レベルで最先端の技術を生産現場に導入・実証する取組について、公募を通じて委託する。

公募期間:201914日~24

 

・国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター:「平成31年度イノベーション創出強化研究推進事業」

http://www.naro.affrc.go.jp/laboratory/brain/innovation/news/2018/120984.html

分野等:従来の常識を覆す革新的な技術・商品・サービスを生み出していくイノベーションの創出に向け、「知」の集積と活用の場による研究開発を重点的に推進する提案公募型の研究開発事業「イノベーション創出強化研究推進事業」を推進することとし、公募により研究を委託する。

公募期間:2019115日~215

 

・環境省:「平成31年度(2019年度)CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」

http://www.env.go.jp/earth/earth/ondanka/biz_local/30_13_1/31co2.html

分野等:

1. 交通低炭素化技術開発分野

2. 建築物等低炭素化技術開発分野

3. 再生可能エネルギー低炭素化技術開発分野

4. バイオマス・循環資源低炭素化技術開発分野

5. 社会システム革新低炭素化技術開発分野

公募期間:2019117日~212

 

・文部科学省:「平成31年度地域イノベーション・エコシステム形成プログラム」

http://www.mext.go.jp/a_menu/kagaku/chiiki/program/1412482.htm

分野等:コア技術等を有する地域において、コア技術等の性質等を踏まえて、事業化を支える人材及びそのチームを設置し、様々な外部 環境・内部環境分析を踏まえて事業化戦略・計画を策定し、関係者が一丸となっ て各プロジェクトを遂行し、当該プロジェクトの出口としてマイルストンに基づく次のフェーズの資金(又は売上)の獲得等を目指す取組を支援する。

公募期間:2019111日~322

 

JST:「平成30年度 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP) 企業主導フェーズ:NexTEP-Aタイプ」

http://www.jst.go.jp/a-step/koubo/h30nextep-a-1.html

分野等:企業ニーズを踏まえた企業による大学等の研究成果に基づく技術シーズの実用化開発を支援する。

公募期間:201842日~2019329日(第3回)

 

JST:「平成30年度 産学共同実用化開発事業NexTEP 未来創造ベンチャータイプ」

http://www.jst.go.jp/jitsuyoka/bosyu.html

分野等:大学等の研究成果に基づくシーズを用いた、企業等が行う開発リスクを伴う規模の大きい開発を支援する。

公募期間:201842日~2019329日(第3回)

 

JST:「平成30年度 産学共同実用化開発事業NexTEP 一般タイプ」

http://www.jst.go.jp/jitsuyoka/bosyu.html

分野等:大学等の研究成果に基づくシーズを用いた、企業等が行う開発リスクを伴う規模の大きい開発を支援する。

公募期間:201842日~2019329日(第3回)

 

JST:「e-ASIA共同研究プログラム平成31年度採択「材料(ナノテクノロジ―)」「農業(食料)」分野 共同研究課題募集」

http://www.jst.go.jp/inter/program/announce/announce_easia_jrp_8th.html

分野等:

1. 材料(ナノテクノロジー)分野:「革新的材料」

2. 農業(食料)分野:「アジアの動物遺伝資源の保存、改良と活用」

公募期間:2019118日~514

 

・経済産業省:「平成31年度 戦略的基盤技術高度化支援事業」

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2019/190128mono.htm

分野等:1. デザイン開発、2. 情報処理、3. 精密加工、4. 製造環境、5. 接合・実装、6. 立体造形、7. 表面処理、

8. 機械制御、9. 複合・新機能材料、10. 材料製造プロセス、11.バイオ、12. 測定計測

公募期間:2019128日~424

 

NEDO:「平成31年度 研究開発型ベンチャー支援事業/シード期の研究開発型ベンチャーに対する事業化支援」

https://www.nedo.go.jp/koubo/CA2_100199.html

分野等:ベンチャーエコシステムにおいて重要な役割を果たすベンチャーキャピタル及びシードアクセラレータ等とNEDOが協調し、シード期の研究開発型ベンチャーが必要とする研究開発及び事業化に必要な資金、並びにその活動を支援する。

公募期間:2019125日~225

 

NEDO:「2019年度 国際研究開発/コファンド事業/日本―フランス研究開発協力事業」

https://www.nedo.go.jp/koubo/AT092_100142.html

分野等:NEDOは、20109月フランス公的投資銀行(Bpifrance)と、日仏企業のイノベーション促進のため協力することに合意し、覚書を締結した。本事業では、覚書に基づき、両国の企業等の技術開発、イノベーションにおいて、戦略的重要性のある分野で日仏企業間の連携が促進されることを目指しており、今般、Bpifranceと同時期に、日仏の企業等による研究開発協力事業の公募を行う。対象技術分野は、NEDOが所掌する新エネルギー、省エネルギー、スマートコミュニティ、環境、ロボット・AIIoT、材料・ナノテクノロジー等。

公募期間:2019128日~426

 

NEDO:「2019年度 国際研究開発/コファンド事業/日本―ドイツ研究開発協力事業」

https://www.nedo.go.jp/koubo/AT092_100141.html

分野等:NEDOは、20173月に、経済産業省とともにドイツ連邦経済エネルギー省と、日独両国の共同研究開発プロジェクトが、両国の産業競争力強化および国際化促進にとって重要であるとの認識のもと、両国が「コファンド形式」にて、企業間の国際研究開発を支援していくことに合意し、共同声明に調印した。NEDOは、本共同声明に基づき、「インダストリー4.0」や「IoTInternet of Things)」の概念を打ち出して世界をリードしているドイツと、日独の企業等による「国際研究開発/コファンド事業」の公募を行う。対象技術分野は、NEDOが所掌する新エネルギー、省エネルギー、スマートコミュニティ、環境、ロボット・AIIoT、材料・ナノテクノロジー等。

公募期間:2019128日~325

 

NEDO:「2019年度 国際研究開発/コファンド事業/日本―ドイツ研究開発協力事業(CORNET)」

https://www.nedo.go.jp/koubo/AT092_100140.html

分野等:日本企業(研究機関、大学等とのコンソーシアムも可。以下「企業等」という)が海外の企業等と行う国際共同研究開発プロジェクトに対し、NEDOが海外の技術開発マネジメント機関等と連携して「コファンド形式」の資金支援(日本企業等に対してNEDOが、海外の企業等に対して海外の機関が支援)を行うことにより、新技術等の海外展開促進に資することを目的として実施する。本事業はドイツ連邦経済エネルギー省の未競争領域を対象とした国際共同研究開発プログラムである「CORNETCollective Research Network)」の枠組みを活用したもの。対象技術分野は、NEDOが所掌する新エネルギー、省エネルギー、スマートコミュニティ、環境、ロボット・AIIoT、材料・ナノテクノロジー等の分野。

公募期間:2019128日~327

 

NEDO:「2019年度 国際研究開発/コファンド事業/日本―イスラエル研究開発協力事業」

https://www.nedo.go.jp/koubo/AT092_100138.html

分野等:NEDOは、20147月、イスラエル産業技術研究開発センターとの間で基本協定書を締結し、両国の産業技術分野における研究開発を促進することに合意した。本事業では基本協定書に基づき、両国企業の共同研究開発を支援する。対象技術分野は、NEDOが所掌する新エネルギー、省エネルギー、スマートコミュニティ、環境、ロボット・AIIoT、材料・ナノテクノロジー等。

公募期間:2019128日~48

 

・総務省:「平成30年度ICTイノベーション創出チャレンジプログラム(I-Challenge!)」

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin03_02000239.html

分野等:ICTそのものの技術や、農業、医療、交通、教育などの異分野とICTとの融合(ICT×○○)をはかるなどにより、社会へ大きなインパクトをもたらす可能性を持つ、革新的な技術やアイデアを活用した新事業の創出を目指し、POCProof of Concept:概念検証)に取り組む技術開発課題。

公募期間:2018412日~2019329

 

・総務省:「平成31年度戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)」

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin03_02000261.html       

分野等

1. 社会展開指向型研究開発

2. ICT基礎・育成型研究開発

3. 電波有効利用促進型研究開発

公募期間:201914日~24

 

■民間等

・一般財団法人杉山報公会:「2019年研究助成金」

http://www.sugiyama-houkoukai.or.jp/joseib.html

分野等:主として「健康な暮らしを支える産業に寄与することを目的とする研究」とし、医薬、食品、健康、環境、衛生等の分野に結びつく研究領域とする。

公募期間:201891日~20193月末日

 

・公益財団法人山田科学振興財団:「2019年度研究援助」

http://www.yamadazaidan.jp/jigyo/bosyu_kenkyu.html

分野等:自然科学の基礎的研究

公募期間:20189?日~2019222

 

・一般財団法人糧食研究会:「2019年度研究テーマ募集」

http://www.ryouken.or.jp/josei/

分野等:食品機能、健康・栄養、食品加工技術、食品安全などに関する研究

公募期間:20181019日~228

 

・一般財団法人旗影会:「2019年度研究助成」

http://www.nakashima-foundation.org/kieikai/entry/index.html

分野等:

1. 一般助成

   1)畜産(生産および加工)

   2)農産(生産および加工)

   3)食品工業(食品工学、食品化学、食品機能、食品衛生、調理科学など)

2. 特別助成

 一般助成に示す分野のうち、タマゴに関する研究(タマゴの新規活用、健康機能、衛生、調理科学、食文化など)

公募期間:201812月上旬~2019131

 

・公益財団法人深田地質研究所:「2019年度深田研究助成」

http://www.fgi.or.jp/?page_id=484

分野等:

1. 地質学に関する研究・調査

2. 応用地質学に関する研究・調査

3. 地球物理学に関する研究・調査

4. 地盤工学に関する研究・調査

5. 環境工学に関する研究・調査

6. 防災工学に関する研究・調査

公募期間:2018123日~201921

 

・公益財団法人三菱財団:「第50回(2019年度)自然科学研究助成」

http://www.mitsubishi-zaidan.jp/support/index.html

分野等:自然科学のすべての分野にかかわる独創的かつ先駆的研究

公募期間:201919日~26

 

・特定非営利活動法人 日本分子生物学会:「第9回(2019年)若手研究助成」

https://www.mbsj.jp/admins/tomizawafund/9th-boshuu.html

分野等:分子生物学に関連する生命科学の基礎的な領域において独創的な研究を行い、将来の発展を期待し得る若手研究者

公募期間:2019115日~25

 

・公益財団法人タカノ農芸化学研究助成財団:「平成31年度研究助成」

http://www.takanofoods.co.jp/company/foundation/subsidy.shtml

分野等:

1. 豆類や穀類の生産技術(栽培、育種、植物栄養、根圏微生物等)に関する研究

2. 豆類や穀類、並びにそれらの加工品の食品機能(栄養機能、嗜好機能、生体調節機能等)に関する研究

3. 豆類や穀類の加工、保蔵、流通技術に関する研究、並びにそれらの発酵に関連する微生物や酵素の探索、特性、利用に関する研究

公募期間:2019115日~310

 

・一般財団法人東和食品研究振興会:「2019年度学術奨励金」

http://www.towashokuhin.or.jp/academic/index.html

分野等:

1. 食品の加工・保蔵に関する研究

2. 食品の安全性に関する研究

3. 食品の機能性に関する研究

4. 食品または水産分野におけるバイオテクノロジーに関する研究

5. 食品の未利用資源(または廃棄物)の有効利用に関する研究

6. その他食品科学に関する研究

公募期間:2018127日~2019325

 

・公益財団法人三島海雲記念財団:「2019年度学術研究奨励金(自然科学部門)」

https://www.mishima-kaiun.or.jp/assist/natural-science.html

分野等:食の科学に関する学術研究

公募期間:2019110日~228

 

・公益社団法人ビタミン・バイオファクター協会:「2019年度研究助成金」

http://vitabio.sakura.ne.jp/jyosei.html

分野等:ビタミン・バイオファクターに関する研究

公募期間:2019110日~210

 

・一般財団法人藤森科学技術振興財団:「研究助成」

http://fujimori-f.or.jp/subsidy/requirements.html

分野等:

持続可能な未来社会への喫緊の課題である環境問題の解決に向けた機能を有する物質、材料、機構、設計、生産、社会システムに関わる萌芽的な研究

1. 循環型社会の実現

2. 環境負荷の低減

3. 環境エネルギー技術

4. 資源環境関連材料の開発

公募期間:2018121日~2019131

 

・株式会社リバネス:「第43回リバネス研究費 三井化学バイオエンジベンチ賞」

https://r.lne.st/2018/12/03/43th_mitsuichem/

分野等:有用な微生物の活用に関わる研究

公募期間:201812?日~2019131

 

・一般財団法人金森財団:「平成31年度研究助成」

http://www.kanamori-foundation.or.jp/kenkyu.html

分野等:電気電子工学、光学関連、機械工学、化学関連、医療機器関連、 環境・エネルギー関連、材料工学、農学(機能性食品等)

公募期間:201914日~430

 

・公益財団法人武田科学振興財団:「2019年度生命科学研究助成」

https://www.takeda-sci.or.jp/assist/life.html

分野等:生命科学分野における新たな発見に貢献し、当該分野の進歩・発展の基盤となる独創的な研究

公募期間:201918日~315

 

・公益財団法人武田科学振興財団:「2019年度ライフサイエンス研究助成」

https://www.takeda-sci.or.jp/assist/lifescience.html

分野等:生命科学分野の進歩・発展に貢献し、人類の健康増進に寄与する独創的な研究

公募期間:201918日~315

 

・公益財団法人関西エネルギー・リサイクル科学研究振興財団:「2019年度試験研究助成」

https://www.krf.or.jp/category/guide/research

分野等:エネルギー・リサイクル分野 等

公募期間:201917日~830

 

・公益財団法人荏原 畠山記念文化財団:「2019年度研究助成」

http://www.ebara.co.jp/csr/foundation/topics.html

分野等:環境・エネルギー・バイオマス 等

公募期間:2019111日~38

 

・特定非営利活動法人酵母細胞研究会:「地神芳文記念研究助成金 2019年度募集」

http://www.yeast.umin.jp/fy2019jigami-fund.html

分野等:酵母、糖鎖に関する研究

公募期間:201917日~329

 

・一般財団法人水源地環境センター:「平成31年度WEC応用生態研究助成」

http://www.wec.or.jp/support/season/index.html

分野等:ダム貯水池に係わる生態系・水環境(上下流・周辺を含む)に関する研究

公募期間:201927日~45

 

【研究開発関連以外】

 ■省庁等

JSTSATREPSプロジェクト成果を活用したSDGsビジネス化支援プログラム」

http://www.jst.go.jp/global/index.html

分野等:地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)で国際共同研究に従事した研究者が発見した開発途上国の課題およびプロジェクト成果に関心を示し、それを活用したビジネスの実現を目指す企業を募集し、外部専門家の支援を受けながら、その企業とSATREPS研究者が共同でビジネスモデル化を図ることを支援する。

公募期間:2019118日~315


農林水産・食品産業の公募情報をお届けします。

平成31年1月8日現在の農林水産・食品産業の公募情報をお届けします。

農林水産・食品分野の公募情報(201918日) 1219日以降の新規の情報を赤字で示しています。

【研究開発関連】

■省庁等

・国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構:「『スマート農業技術の開発・実証プロジェクト』及び『スマート農業加速化実証プロジェクト』」

http://www.naro.affrc.go.jp/project/research_activities/laboratory/naro/120827.html

分野等:

1. スマート農業技術の開発・実証プロジェクト

国際競争力の強化に向け、近年、技術発展の著しいロボット、AIIoT等の先端技術を活用した「スマート農業」の社会実装を加速化するため、先端技術を生産から出荷まで一貫した体系として導入・実証する取組や、現場の課題解決に必要なスマート農業技術を実証する取組について、公募を通じて委託する。

2. スマート農業加速化実証プロジェクト

生産者の生産性を飛躍的に向上させるためには、近年、技術発展の著しいロボット、AIIoT等の先端技術を活用した「スマート農業」の社会実装を図ることが急務であるため、現在の技術レベルで最先端の技術を生産現場に導入・実証する取組について、公募を通じて委託する。

公募期間:201914日~24

 

JST:「平成30年度 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP) 企業主導フェーズ:NexTEP-Aタイプ」

http://www.jst.go.jp/a-step/koubo/h30nextep-a-1.html

分野等:企業ニーズを踏まえた企業による大学等の研究成果に基づく技術シーズの実用化開発を支援する。

公募期間:201842日~2019329日(第3回)

 

JST:「平成30年度 産学共同実用化開発事業NexTEP 未来創造ベンチャータイプ」

http://www.jst.go.jp/jitsuyoka/bosyu.html

分野等:大学等の研究成果に基づくシーズを用いた、企業等が行う開発リスクを伴う規模の大きい開発を支援する。

公募期間:201842日~2019329日(第3回)

 

JST:「平成30年度 産学共同実用化開発事業NexTEP 一般タイプ」

http://www.jst.go.jp/jitsuyoka/bosyu.html

分野等:大学等の研究成果に基づくシーズを用いた、企業等が行う開発リスクを伴う規模の大きい開発を支援する。

公募期間:201842日~2019329日(第3回)

 

・総務省:「平成30年度ICTイノベーション創出チャレンジプログラム(I-Challenge!)」

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin03_02000239.html

分野等:ICTそのものの技術や、農業、医療、交通、教育などの異分野とICTとの融合(ICT×○○)をはかるなどにより、社会へ大きなインパクトをもたらす可能性を持つ、革新的な技術やアイデアを活用した新事業の創出を目指し、POCProof of Concept:概念検証)に取り組む技術開発課題。

公募期間:2018412日~2019329

 

・総務省:「平成31年度戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)」

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin03_02000261.html       

分野等

1. 社会展開指向型研究開発

2. ICT基礎・育成型研究開発

3. 電波有効利用促進型研究開発

公募期間:201914日~24

 

・国土交通省:「平成31年度河川砂防技術研究開発」

http://www.mlit.go.jp/river/gijutsu/kenkyu.html

分野等:河川・水防災技術分野、砂防技術分野、海岸技術分野、地域課題分野

公募期間:2018123日~2019111

 

・厚生労働省:「2019年度厚生労働科学研究費補助金」

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000187912_00001.html

分野等:1. 行政政策研究分野、2. 疾病・障害対策研究分野、3. 健康安全確保総合研究分野

公募期間:20181221日~2019129

 

■民間等

・一般財団法人杉山報公会:「2019年研究助成金」

http://www.sugiyama-houkoukai.or.jp/joseib.html

分野等:主として「健康な暮らしを支える産業に寄与することを目的とする研究」とし、医薬、食品、健康、環境、衛生等の分野に結びつく研究領域とする。

公募期間:201891日~20193月末日

 

・公益財団法人山田科学振興財団:「2019年度研究援助」

http://www.yamadazaidan.jp/jigyo/bosyu_kenkyu.html

分野等:自然科学の基礎的研究

公募期間:20189?日~2019222

 

・公益財団法人水産無脊椎動物研究所:「2019年度研究助成」

http://www.rimi.or.jp/josei/

分野等:水産(水棲)無脊椎動物(昆虫類を除く)の形態・発生・生理・分類・系統・生態・行動などに関するフィールドでの生物学的な調査研究

公募期間:2018101日~2019110

 

・公益財団法人日本食品化学研究振興財団:「平成31年度研究等助成」

http://www.ffcr.or.jp/

分野等:

1. 一般研究助成

   ①食品添加物の安全性等に関する研究

   ②食品添加物の有用性、性能および使用技術等に関する研究

   ③食品添加物の品質、規格および製造方法等に関する研究

   ④その他食品化学領域における調査・研究

2. 課題研究助成

   ①食品添加物の体内動態および生体に対する影響に関する研究

   ②食品添加物を利用した食品および食品素材の保存・安定性向上に関する研究

   ③各種精油、果汁、果実等の天然香料の基原動植物および食品に含まれるフレーバー成分の化学的研究

   ④高齢者・病者・障害者等のための食品添加物を利用した食品・食品成分補給方法の開発研究

   ⑤各国における食品添加物規制の実際と比較に関する調査、研究

   ⑥食品化学分野における代替タンパク質(Alternative Proten)の特性、機能、安全性等の研究

公募期間:20181115日~2019115

 

・一般財団法人糧食研究会:「2019年度研究テーマ募集」

http://www.ryouken.or.jp/josei/

分野等:食品機能、健康・栄養、食品加工技術、食品安全などに関する研究

公募期間:20181019日~228

 

・公益信託伊藤徳三ひまし研究基金:「平成31年度研究助成金」

https://www.smtb.jp/personal/entrustment/management/public/example/list.html

分野等:

ひま種子、ひまし油、ひまし油誘導体(リシノール酸、セバシン酸、ウンデシレン酸、2-オクタノール、12-ヒドロキシステアリン酸等)に関する次の研究を対象とする。

1. ひまし油・ひまし油誘導体の精密化学変換に関する研究

2. ひまし油・ひまし油誘導体を利用する機能材料及び生物活性物質に関する研究

3. ひま種子の増産に資する育種及び栽培技術に関する研究

4. 上記13以外のひまし油関連産業の発展に資する基礎・応用研究

公募期間:20181116日~2019118

 

・一般財団法人旗影会:「2019年度研究助成」

http://www.nakashima-foundation.org/kieikai/entry/index.html

分野等:

1. 一般助成

   1)畜産(生産および加工)

   2)農産(生産および加工)

   3)食品工業(食品工学、食品化学、食品機能、食品衛生、調理科学など)

2. 特別助成

 一般助成に示す分野のうち、タマゴに関する研究(タマゴの新規活用、健康機能、衛生、調理科学、食文化など)

公募期間:201812月上旬~2019131

 

・公益社団法人新化学技術推進協会:「第8回新化学技術研究奨励賞」

http://www.jaci.or.jp/recruit/page_02_08_2019.html

分野等:

特別課題:化学技術により防災・減災および復旧・復興に貢献する研究

課題1:グリーンイノベーションを推進するための資源・プロセス・評価技術に関する環境技術の研究

課題2:新しい資源代替材料・技術の創製、および資源の節約・回収・再利用に関する基盤的研究(エネルギー資源、食糧・水資源を含むものとする)

課題3:バイオマス由来製品の事業化課題を解決する革新的素材・技術に関する研究

課題4:創エネ・エネルギー貯蔵・省エネルギー分野における革新素材・技術に関する研究

課題5:スマートエネルギー社会を支える新規材料・技術・プロセスに関する研究

課題6:マイクロナノシステム用途の拡大につながる新規な材料・プロセス及びデバイス技術に関する研究

課題7:生体又は生体機能を利用した新規な生産プロセスの構築、その基盤技術開発、あるいはこれに資する評価技術に関する研究

課題8:生体分子を利用した、またはその構造と機能に着想した新規機能性材料の実用化を目指した研究

課題9:計算化学・計算科学・データ科学を用いた先導的な材料設計・解析・評価の研究

課題10:日本のものづくり強化と新産業創出に資する「新素材」実現のための基礎的・基盤的研究

課題11:特殊反応場を活用した革新的低環境負荷触媒反応プロセスに関する研究

公募期間:20181128日~2019121

 

・一般社団法人全日本コーヒー協会:「2019年助成対象研究募集」

http://coffee.ajca.or.jp/news/othernews/2019subsidize

分野等:Human Healthに関するコーヒーの効用全般についての研究

公募期間:20181214日~2019115

 

・公益財団法人深田地質研究所:「2019年度深田研究助成」

http://www.fgi.or.jp/?page_id=484

分野等:

1. 地質学に関する研究・調査

2. 応用地質学に関する研究・調査

3. 地球物理学に関する研究・調査

4. 地盤工学に関する研究・調査

5. 環境工学に関する研究・調査

6. 防災工学に関する研究・調査

公募期間:2018123日~201921

 

・公益財団法人三菱財団:「第50回(2019年度)自然科学研究助成」

http://www.mitsubishi-zaidan.jp/support/index.html

分野等:自然科学のすべての分野にかかわる独創的かつ先駆的研究

公募期間:201919日~26

 

・特定非営利活動法人 日本分子生物学会:「第9回(2019年)若手研究助成」

https://www.mbsj.jp/admins/tomizawafund/9th-boshuu.html

分野等:分子生物学に関連する生命科学の基礎的な領域において独創的な研究を行い、将来の発展を期待し得る若手研究者

公募期間:2019115日~25

 

・公益財団法人タカノ農芸化学研究助成財団:「平成31年度研究助成」

http://www.takanofoods.co.jp/company/foundation/subsidy.shtml

分野等:

1. 豆類や穀類の生産技術(栽培、育種、植物栄養、根圏微生物等)に関する研究

2. 豆類や穀類、並びにそれらの加工品の食品機能(栄養機能、嗜好機能、生体調節機能等)に関する研究

3. 豆類や穀類の加工、保蔵、流通技術に関する研究、並びにそれらの発酵に関連する微生物や酵素の探索、特性、利用に関する研究

公募期間:2019115日~310

 

・一般財団法人東和食品研究振興会:「2019年度学術奨励金」

http://www.towashokuhin.or.jp/academic/index.html

分野等:

1. 食品の加工・保蔵に関する研究

2. 食品の安全性に関する研究

3. 食品の機能性に関する研究

4. 食品または水産分野におけるバイオテクノロジーに関する研究

5. 食品の未利用資源(または廃棄物)の有効利用に関する研究

6. その他食品科学に関する研究

公募期間:2018127日~2019325

 

・公益財団法人日本応用酵素協会:「2019年度研究助成」

https://www.jfae.or.jp/assist/index.html

分野等:酵素の応用研究、および生命科学に関連する酵素の研究

公募期間:20181214日~2019120

 

・公益財団法人三島海雲記念財団:「2019年度学術研究奨励金(自然科学部門)」

https://www.mishima-kaiun.or.jp/assist/natural-science.html

分野等:食の科学に関する学術研究

公募期間:2019110日~228

 

・公益社団法人ビタミン・バイオファクター協会:「2019年度研究助成金」

http://vitabio.sakura.ne.jp/jyosei.html

分野等:ビタミン・バイオファクターに関する研究

公募期間:2019110日~210

 

・一般財団法人藤森科学技術振興財団:「研究助成」

http://fujimori-f.or.jp/subsidy/requirements.html

分野等:

持続可能な未来社会への喫緊の課題である環境問題の解決に向けた機能を有する物質、材料、機構、設計、生産、社会システムに関わる萌芽的な研究

1. 循環型社会の実現

2. 環境負荷の低減

3. 環境エネルギー技術

4. 資源環境関連材料の開発

公募期間:2018121日~2019131

 

・株式会社リバネス:「第43回リバネス研究費 三井化学バイオエンジベンチ賞」

https://r.lne.st/2018/12/03/43th_mitsuichem/

分野等:有用な微生物の活用に関わる研究

公募期間:201812?日~2019131

 

・一般財団法人金森財団:「平成31年度研究助成」

http://www.kanamori-foundation.or.jp/kenkyu.html

分野等:電気電子工学、光学関連、機械工学、化学関連、医療機器関連、 環境・エネルギー関連、材料工学、農学(機能性食品等)

公募期間:201914日~430

 

【研究開発関連以外】

■省庁等

・経済産業省:「平成30年度第2次補正予算 地域新成長産業創出促進事業費補助金(地域未来オープンイノベーション・プラットフォーム構築事業)」

http://www.meti.go.jp/information/publicoffer/kobo/2018/k181225001.html

分野等:①地域の複数の中小企業による共同利用が見込まれ、②中小企業単独では 十分使いこなすことが困難であり、③先端技術にかかる設備を導入するとともに、その性能を十分に活用できるよう職員の人材育成や中小企業への利用支援を行う公設試・大学等 の支援機関に対して補助を行い、地域における中小企業の生産性向上のためのオープンイノベーション・プラットフォームを構築し、もって地域経済の活性化を図る。

公募期間:20181225日~2019128

 


農林水産・食品産業の公募情報

平成30年12月19日現在の農林水産・食品産業の公募情報をお届けします。

農林水産・食品分野の公募情報(20181219日) 1212日以降の新規の情報を赤字で示しています。

【研究開発関連】

■省庁等

JST:「平成30年度 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP) 企業主導フェーズ:NexTEP-Aタイプ」

http://www.jst.go.jp/a-step/koubo/h30nextep-a-1.html

分野等:企業ニーズを踏まえた企業による大学等の研究成果に基づく技術シーズの実用化開発を支援する。

公募期間:201842日~2019329日(第3回)

 

JST:「平成30年度 産学共同実用化開発事業NexTEP 未来創造ベンチャータイプ」

http://www.jst.go.jp/jitsuyoka/bosyu.html

分野等:大学等の研究成果に基づくシーズを用いた、企業等が行う開発リスクを伴う規模の大きい開発を支援する。

公募期間:201842日~2019329日(第3回)

 

JST:「平成30年度 産学共同実用化開発事業NexTEP 一般タイプ」

http://www.jst.go.jp/jitsuyoka/bosyu.html

分野等:大学等の研究成果に基づくシーズを用いた、企業等が行う開発リスクを伴う規模の大きい開発を支援する。

公募期間:201842日~2019329日(第3回)

 

・総務省:「平成30年度ICTイノベーション創出チャレンジプログラム(I-Challenge!)」

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin03_02000239.html

分野等:ICTそのものの技術や、農業、医療、交通、教育などの異分野とICTとの融合(ICT×○○)をはかるなどにより、社会へ大きなインパクトをもたらす可能性を持つ、革新的な技術やアイデアを活用した新事業の創出を目指し、POCProof of Concept:概念検証)に取り組む技術開発課題。

公募期間:2018412日~2019329

 

・国土交通省:「平成31年度河川砂防技術研究開発」

http://www.mlit.go.jp/river/gijutsu/kenkyu.html

分野等:河川・水防災技術分野、砂防技術分野、海岸技術分野、地域課題分野

公募期間:2018123日~2019111

 

■民間等

・一般財団法人杉山報公会:「2019年研究助成金」

http://www.sugiyama-houkoukai.or.jp/joseib.html

分野等:主として「健康な暮らしを支える産業に寄与することを目的とする研究」とし、医薬、食品、健康、環境、衛生等の分野に結びつく研究領域とする。

公募期間:201891日~20193月末日

 

・粉体工学情報センター:「第15回(2019年度)研究助成」

http://www.icpt.jp/kenkyuu/

分野等:

1. 食品粉体に関わる研究

2. 粉体単位操作に関わる基礎研究

公募期間:2018101日~1225

 

・公益財団法人山田科学振興財団:「2019年度研究援助」

http://www.yamadazaidan.jp/jigyo/bosyu_kenkyu.html

分野等:自然科学の基礎的研究

公募期間:20189?日~2019222

 

・一般社団法人Jミルク:「2019年度「牛乳乳製品健康科学」学術研究」

http://m-alliance.j-milk.jp/koubo/2019/2019_kenko.html

分野等:

1. 牛乳乳製品が免疫機能に及ぼす影響に関する研究

2. 牛乳乳製品が加齢に伴う栄養代謝に及ぼす影響に関する研究

3. 牛乳乳製品に関わる新規探索研究

公募期間:2018101日~1231

 

・公益財団法人水産無脊椎動物研究所:「2019年度研究助成」

http://www.rimi.or.jp/josei/

分野等:水産(水棲)無脊椎動物(昆虫類を除く)の形態・発生・生理・分類・系統・生態・行動などに関するフィールドでの生物学的な調査研究

公募期間:2018101日~2019110

 

・公益財団法人日本食品化学研究振興財団:「平成31年度研究等助成」

http://www.ffcr.or.jp/

分野等:

1. 一般研究助成

   ①食品添加物の安全性等に関する研究

   ②食品添加物の有用性、性能および使用技術等に関する研究

   ③食品添加物の品質、規格および製造方法等に関する研究

   ④その他食品化学領域における調査・研究

2. 課題研究助成

   ①食品添加物の体内動態および生体に対する影響に関する研究

   ②食品添加物を利用した食品および食品素材の保存・安定性向上に関する研究

   ③各種精油、果汁、果実等の天然香料の基原動植物および食品に含まれるフレーバー成分の化学的研究

   ④高齢者・病者・障害者等のための食品添加物を利用した食品・食品成分補給方法の開発研究

   ⑤各国における食品添加物規制の実際と比較に関する調査、研究

   ⑥食品化学分野における代替タンパク質(Alternative Proten)の特性、機能、安全性等の研究

公募期間:20181115日~2019115

 

・一般財団法人糧食研究会:「2019年度研究テーマ募集」

http://www.ryouken.or.jp/josei/

分野等:食品機能、健康・栄養、食品加工技術、食品安全などに関する研究

公募期間:20181019日~228

 

・公益財団法人サッポロ生物科学振興財団:「2019年度研究助成」

http://www.sapporoholdings.jp/foundation/koubo/index.html

分野等:1. 消費者を知る、2. 「おいしさ」を探す、3.「おいしさ」をつくる、4.「おいしさ」を保証する

公募期間:2018115日~1225

 

・造船学術研究推進機構:「2019(平成31)年度研究テーマの募集」

https://www.sajn.or.jp/redas/

分野等:

1. 造船・船舶関連テーマ

1)船舶の燃費低減に関連する研究

2)海洋の環境保全に関連する研究

3)船舶の安全航行に関連する研究

4)船体構造の合理化および長寿命化に関連する研究

5)船舶建造の合理化に関連する研究

2. 海洋技術関連テーマ

1)海洋エネルギー資源(メタンハイドレート、洋上風力発電等)の開発に関連する研究

2)海洋環境保全システムの開発に関連する研究

3)低炭素型シームレス物流システムの開発に関連する研究

3. その他関連テーマ

 船舶・海洋に関連する先端技術の基礎的研究(造船・海運分野の産業基盤を強化する新規性の高い応用的研究を含む)

公募期間:20181031日~1231

 

・公益信託伊藤徳三ひまし研究基金:「平成31年度研究助成金」

https://www.smtb.jp/personal/entrustment/management/public/example/list.html

分野等:

ひま種子、ひまし油、ひまし油誘導体(リシノール酸、セバシン酸、ウンデシレン酸、2-オクタノール、12-ヒドロキシステアリン酸等)に関する次の研究を対象とする。

1. ひまし油・ひまし油誘導体の精密化学変換に関する研究

2. ひまし油・ひまし油誘導体を利用する機能材料及び生物活性物質に関する研究

3. ひま種子の増産に資する育種及び栽培技術に関する研究

4. 上記13以外のひまし油関連産業の発展に資する基礎・応用研究

公募期間:20181116日~2019118

 

・一般財団法人旗影会:「2019年度研究助成」

http://www.nakashima-foundation.org/kieikai/entry/index.html

分野等:

1. 一般助成

   1)畜産(生産および加工)

   2)農産(生産および加工)

   3)食品工業(食品工学、食品化学、食品機能、食品衛生、調理科学など)

2. 特別助成

 一般助成に示す分野のうち、タマゴに関する研究(タマゴの新規活用、健康機能、衛生、調理科学、食文化など)

公募期間:201812月上旬~2019131

 

・日本中央競馬会:「平成31年度日本中央競馬会畜産振興事業」

http://company.jra.jp/0000/chikusan/kobo/kobo.html

分野等:

畜産の振興による食料自給率の向上、多様な畜産経営の育成及び安全・安心な畜産物の供給を目的とし、畜産の現場への即時応用を前提とした技術の研究開発、調査研究及びこれらの成果を含む畜産経営に対する適切な情報提供等を行うものとする。具体的には、現状の課題を踏まえた必要性や緊急性、新技術の応用等の新規性、国等が実施している畜産関連施策の補完効果が高く、効果並びに目的と手段が明確な、次の各項目に掲げるものとする。

1. 自給飼料の生産・利用の促進

2. 担い手の確保(特定の地域における担い手の確保を含む)

3. 経営改善の助長・支援

4. 多様な形質の家畜改良と効率的な飼養管理技術の普及

5. 畜産物の生産・流通対策

6. 畜産に係る環境問題の対策

7. 家畜衛生の向上のための対策

8. その他畜産振興に資するもの

公募期間:20181031日~1220

 

・公益社団法人新化学技術推進協会:「第8回新化学技術研究奨励賞」

http://www.jaci.or.jp/recruit/page_02_08_2019.html

分野等:

特別課題:化学技術により防災・減災および復旧・復興に貢献する研究

課題1:グリーンイノベーションを推進するための資源・プロセス・評価技術に関する環境技術の研究

課題2:新しい資源代替材料・技術の創製、および資源の節約・回収・再利用に関する基盤的研究(エネルギー資源、食糧・水資源を含むものとする)

課題3:バイオマス由来製品の事業化課題を解決する革新的素材・技術に関する研究

課題4:創エネ・エネルギー貯蔵・省エネルギー分野における革新素材・技術に関する研究

課題5:スマートエネルギー社会を支える新規材料・技術・プロセスに関する研究

課題6:マイクロナノシステム用途の拡大につながる新規な材料・プロセス及びデバイス技術に関する研究

課題7:生体又は生体機能を利用した新規な生産プロセスの構築、その基盤技術開発、あるいはこれに資する評価技術に関する研究

課題8:生体分子を利用した、またはその構造と機能に着想した新規機能性材料の実用化を目指した研究

課題9:計算化学・計算科学・データ科学を用いた先導的な材料設計・解析・評価の研究

課題10:日本のものづくり強化と新産業創出に資する「新素材」実現のための基礎的・基盤的研究

課題11:特殊反応場を活用した革新的低環境負荷触媒反応プロセスに関する研究

公募期間:20181128日~2019121

 

・一般社団法人全日本コーヒー協会:「2019年助成対象研究募集」

http://coffee.ajca.or.jp/news/othernews/2019subsidize

分野等:Human Healthに関するコーヒーの効用全般についての研究

公募期間:20181214日~2019115

 

・一般財団法人中西奨学会:「研究助成」

http://www.nkc-j.co.jp/foundation/grant/grant.html

分野等:

産業科学技術分野のうち、主として下記に関する研究に従事するものであって、先進性・創造性に優れ、かつ、その成果が産業科学技術の進歩・発展に大きく貢献すると思われる研究を対象とする。

1. 産業用機械に関する分野

2. 電子・情報・通信に関する分野

3. 化学系材料に関する分野

4. 物理系材料に関する分野

5. 住宅に関する分野

6. 地球環境に関する分野

公募期間:2018111日~1221

 

・公益財団法人深田地質研究所:「2019年度深田研究助成」

http://www.fgi.or.jp/?page_id=484

分野等:

1. 地質学に関する研究・調査

2. 応用地質学に関する研究・調査

3. 地球物理学に関する研究・調査

4. 地盤工学に関する研究・調査

5. 環境工学に関する研究・調査

6. 防災工学に関する研究・調査

公募期間:2018123日~201921

 

・公益財団法人三菱財団:「第50回(2019年度)自然科学研究助成」

http://www.mitsubishi-zaidan.jp/support/index.html

分野等:自然科学のすべての分野にかかわる独創的かつ先駆的研究

公募期間:201919日~26

 

・特定非営利活動法人 日本分子生物学会:「第9回(2019年)若手研究助成」

https://www.mbsj.jp/admins/tomizawafund/9th-boshuu.html

分野等:分子生物学に関連する生命科学の基礎的な領域において独創的な研究を行い、将来の発展を期待し得る若手研究者

公募期間:2019115日~25

 

・公益財団法人タカノ農芸化学研究助成財団:「平成31年度研究助成」

http://www.takanofoods.co.jp/company/foundation/subsidy.shtml

分野等:

1. 豆類や穀類の生産技術(栽培、育種、植物栄養、根圏微生物等)に関する研究

2. 豆類や穀類、並びにそれらの加工品の食品機能(栄養機能、嗜好機能、生体調節機能等)に関する研究

3. 豆類や穀類の加工、保蔵、流通技術に関する研究、並びにそれらの発酵に関連する微生物や酵素の探索、特性、利用に関する研究

公募期間:2019115日~310

 

・一般財団法人東和食品研究振興会:「2019年度学術奨励金」

http://www.towashokuhin.or.jp/academic/index.html

分野等:

1. 食品の加工・保蔵に関する研究

2. 食品の安全性に関する研究

3. 食品の機能性に関する研究

4. 食品または水産分野におけるバイオテクノロジーに関する研究

5. 食品の未利用資源(または廃棄物)の有効利用に関する研究

6. その他食品科学に関する研究

公募期間:2018127日~2019325

 

・公益財団法人日本応用酵素協会:「2019年度研究助成」

https://www.jfae.or.jp/assist/index.html

分野等:酵素の応用研究、および生命科学に関連する酵素の研究

公募期間:20181214日~2019120

 

・公益財団法人三島海雲記念財団:「2019年度学術研究奨励金(自然科学部門)」

https://www.mishima-kaiun.or.jp/assist/natural-science.html

分野等:食の科学に関する学術研究

公募期間:2019110日~228

 

・公益社団法人ビタミン・バイオファクター協会:「2019年度研究助成金」

http://vitabio.sakura.ne.jp/jyosei.html

分野等:ビタミン・バイオファクターに関する研究

公募期間:2019110日~210

 

・一般財団法人藤森科学技術振興財団:「研究助成」

http://fujimori-f.or.jp/subsidy/requirements.html

分野等:

持続可能な未来社会への喫緊の課題である環境問題の解決に向けた機能を有する物質、材料、機構、設計、生産、社会システムに関わる萌芽的な研究

1. 循環型社会の実現

2. 環境負荷の低減

3. 環境エネルギー技術

4. 資源環境関連材料の開発

公募期間:2018121日~2019131

 

・株式会社リバネス:「第43回リバネス研究費 三井化学バイオエンジベンチ賞」

https://r.lne.st/2018/12/03/43th_mitsuichem/

分野等:有用な微生物の活用に関わる研究

公募期間:201812?日~2019131

 

 


農林水産・食品産業の公募情報

平成30年12月12日現在の農林水産・食品産業の公募情報をお届けします。

農林水産・食品分野の公募情報(20181212日) 124日以降の新規の情報を赤字で示しています。

【研究開発関連】

■省庁等

JST:「平成30年度 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP) 企業主導フェーズ:NexTEP-Aタイプ」

http://www.jst.go.jp/a-step/koubo/h30nextep-a-1.html

分野等:企業ニーズを踏まえた企業による大学等の研究成果に基づく技術シーズの実用化開発を支援する。

公募期間:201842日~2019329日(第3回)

 

JST:「平成30年度 産学共同実用化開発事業NexTEP 未来創造ベンチャータイプ」

http://www.jst.go.jp/jitsuyoka/bosyu.html

分野等:大学等の研究成果に基づくシーズを用いた、企業等が行う開発リスクを伴う規模の大きい開発を支援する。

公募期間:201842日~2019329日(第3回)

 

JST:「平成30年度 産学共同実用化開発事業NexTEP 一般タイプ」

http://www.jst.go.jp/jitsuyoka/bosyu.html

分野等:大学等の研究成果に基づくシーズを用いた、企業等が行う開発リスクを伴う規模の大きい開発を支援する。

公募期間:201842日~2019329日(第3回)

 

・総務省:「平成30年度ICTイノベーション創出チャレンジプログラム(I-Challenge!)」

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin03_02000239.html

分野等:ICTそのものの技術や、農業、医療、交通、教育などの異分野とICTとの融合(ICT×○○)をはかるなどにより、社会へ大きなインパクトをもたらす可能性を持つ、革新的な技術やアイデアを活用した新事業の創出を目指し、POCProof of Concept:概念検証)に取り組む技術開発課題。

公募期間:2018412日~2019329

 

・国土交通省:「平成31年度河川砂防技術研究開発」

http://www.mlit.go.jp/river/gijutsu/kenkyu.html

分野等:河川・水防災技術分野、砂防技術分野、海岸技術分野、地域課題分野

公募期間:2018123日~2019111

 

■民間等

・一般財団法人杉山報公会:「2019年研究助成金」

http://www.sugiyama-houkoukai.or.jp/joseib.html

分野等:主として「健康な暮らしを支える産業に寄与することを目的とする研究」とし、医薬、食品、健康、環境、衛生等の分野に結びつく研究領域とする。

公募期間:201891日~20193月末日

 

・粉体工学情報センター:「第15回(2019年度)研究助成」

http://www.icpt.jp/kenkyuu/

分野等:

1. 食品粉体に関わる研究

2. 粉体単位操作に関わる基礎研究

公募期間:2018101日~1225

 

・公益財団法人エリザベス・アーノルド富士財団:「平成31年度学術研究助成」

http://www.fujizaidan.or.jp/bosyuu.html

分野等:

1. 米、麦等に関する研究

2. 米、麦等を原料とする食品の生産・加工・流通・生理的機能性等に関する研究

3. 米、麦等を原料とする食品製造における技術の向上発展に関する研究

4. 米、麦等を原料とする食品製造における機械の向上進歩に関する研究

公募期間:2018111日~1214

 

・公益財団法人山田科学振興財団:「2019年度研究援助」

http://www.yamadazaidan.jp/jigyo/bosyu_kenkyu.html

分野等:自然科学の基礎的研究

公募期間:20189?日~2019222

 

・一般社団法人Jミルク:「2019年度「牛乳乳製品健康科学」学術研究」

http://m-alliance.j-milk.jp/koubo/2019/2019_kenko.html

分野等:

1. 牛乳乳製品が免疫機能に及ぼす影響に関する研究

2. 牛乳乳製品が加齢に伴う栄養代謝に及ぼす影響に関する研究

3. 牛乳乳製品に関わる新規探索研究

公募期間:2018101日~1231

 

・公益財団法人水産無脊椎動物研究所:「2019年度研究助成」

http://www.rimi.or.jp/josei/

分野等:水産(水棲)無脊椎動物(昆虫類を除く)の形態・発生・生理・分類・系統・生態・行動などに関するフィールドでの生物学的な調査研究

公募期間:2018101日~2019110

 

・公益財団法人日本食品化学研究振興財団:「平成31年度研究等助成」

http://www.ffcr.or.jp/

分野等:

1. 一般研究助成

   ①食品添加物の安全性等に関する研究

   ②食品添加物の有用性、性能および使用技術等に関する研究

   ③食品添加物の品質、規格および製造方法等に関する研究

   ④その他食品化学領域における調査・研究

2. 課題研究助成

   ①食品添加物の体内動態および生体に対する影響に関する研究

   ②食品添加物を利用した食品および食品素材の保存・安定性向上に関する研究

   ③各種精油、果汁、果実等の天然香料の基原動植物および食品に含まれるフレーバー成分の化学的研究

   ④高齢者・病者・障害者等のための食品添加物を利用した食品・食品成分補給方法の開発研究

   ⑤各国における食品添加物規制の実際と比較に関する調査、研究

   ⑥食品化学分野における代替タンパク質(Alternative Proten)の特性、機能、安全性等の研究

公募期間:20181115日~2019115

 

・一般財団法人糧食研究会:「2019年度研究テーマ募集」

http://www.ryouken.or.jp/josei/

分野等:食品機能、健康・栄養、食品加工技術、食品安全などに関する研究

公募期間:20181019日~228

 

・公益財団法人サッポロ生物科学振興財団:「2019年度研究助成」

http://www.sapporoholdings.jp/foundation/koubo/index.html

分野等:1. 消費者を知る、2. 「おいしさ」を探す、3.「おいしさ」をつくる、4.「おいしさ」を保証する

公募期間:2018115日~1225

 

・造船学術研究推進機構:「2019(平成31)年度研究テーマの募集」

https://www.sajn.or.jp/redas/

分野等:

1. 造船・船舶関連テーマ

1)船舶の燃費低減に関連する研究

2)海洋の環境保全に関連する研究

3)船舶の安全航行に関連する研究

4)船体構造の合理化および長寿命化に関連する研究

5)船舶建造の合理化に関連する研究

2. 海洋技術関連テーマ

1)海洋エネルギー資源(メタンハイドレート、洋上風力発電等)の開発に関連する研究

2)海洋環境保全システムの開発に関連する研究

3)低炭素型シームレス物流システムの開発に関連する研究

3. その他関連テーマ

 船舶・海洋に関連する先端技術の基礎的研究(造船・海運分野の産業基盤を強化する新規性の高い応用的研究を含む)

公募期間:20181031日~1231

 

・公益信託伊藤徳三ひまし研究基金:「平成31年度研究助成金」

https://www.smtb.jp/personal/entrustment/management/public/example/list.html

分野等:

ひま種子、ひまし油、ひまし油誘導体(リシノール酸、セバシン酸、ウンデシレン酸、2-オクタノール、12-ヒドロキシステアリン酸等)に関する次の研究を対象とする。

1. ひまし油・ひまし油誘導体の精密化学変換に関する研究

2. ひまし油・ひまし油誘導体を利用する機能材料及び生物活性物質に関する研究

3. ひま種子の増産に資する育種及び栽培技術に関する研究

4. 上記13以外のひまし油関連産業の発展に資する基礎・応用研究

公募期間:20181116日~2019118

 

・一般財団法人旗影会:「2019年度研究助成」

http://www.nakashima-foundation.org/kieikai/entry/index.html

分野等:

1. 一般助成

   1)畜産(生産および加工)

   2)農産(生産および加工)

   3)食品工業(食品工学、食品化学、食品機能、食品衛生、調理科学など)

2. 特別助成

 一般助成に示す分野のうち、タマゴに関する研究(タマゴの新規活用、健康機能、衛生、調理科学、食文化など)

公募期間:201812月上旬~2019131

 

・日本中央競馬会:「平成31年度日本中央競馬会畜産振興事業」

http://company.jra.jp/0000/chikusan/kobo/kobo.html

分野等:

畜産の振興による食料自給率の向上、多様な畜産経営の育成及び安全・安心な畜産物の供給を目的とし、畜産の現場への即時応用を前提とした技術の研究開発、調査研究及びこれらの成果を含む畜産経営に対する適切な情報提供等を行うものとする。具体的には、現状の課題を踏まえた必要性や緊急性、新技術の応用等の新規性、国等が実施している畜産関連施策の補完効果が高く、効果並びに目的と手段が明確な、次の各項目に掲げるものとする。

1. 自給飼料の生産・利用の促進

2. 担い手の確保(特定の地域における担い手の確保を含む)

3. 経営改善の助長・支援

4. 多様な形質の家畜改良と効率的な飼養管理技術の普及

5. 畜産物の生産・流通対策

6. 畜産に係る環境問題の対策

7. 家畜衛生の向上のための対策

8. その他畜産振興に資するもの

公募期間:20181031日~1220

 

・公益社団法人新化学技術推進協会:「第8回新化学技術研究奨励賞」

http://www.jaci.or.jp/recruit/page_02_08_2019.html

分野等:

特別課題:化学技術により防災・減災および復旧・復興に貢献する研究

課題1:グリーンイノベーションを推進するための資源・プロセス・評価技術に関する環境技術の研究

課題2:新しい資源代替材料・技術の創製、および資源の節約・回収・再利用に関する基盤的研究(エネルギー資源、食糧・水資源を含むものとする)

課題3:バイオマス由来製品の事業化課題を解決する革新的素材・技術に関する研究

課題4:創エネ・エネルギー貯蔵・省エネルギー分野における革新素材・技術に関する研究

課題5:スマートエネルギー社会を支える新規材料・技術・プロセスに関する研究

課題6:マイクロナノシステム用途の拡大につながる新規な材料・プロセス及びデバイス技術に関する研究

課題7:生体又は生体機能を利用した新規な生産プロセスの構築、その基盤技術開発、あるいはこれに資する評価技術に関する研究

課題8:生体分子を利用した、またはその構造と機能に着想した新規機能性材料の実用化を目指した研究

課題9:計算化学・計算科学・データ科学を用いた先導的な材料設計・解析・評価の研究

課題10:日本のものづくり強化と新産業創出に資する「新素材」実現のための基礎的・基盤的研究

課題11:特殊反応場を活用した革新的低環境負荷触媒反応プロセスに関する研究

公募期間:20181128日~2019121

 

・一般社団法人全日本コーヒー協会:「2019年助成対象研究募集」

http://coffee.ajca.or.jp/news/othernews/2019subsidize

分野等:Human Healthに関するコーヒーの効用全般についての研究

公募期間:20181214日~2019115

 

・一般財団法人中西奨学会:「研究助成」

http://www.nkc-j.co.jp/foundation/grant/grant.html

分野等:

産業科学技術分野のうち、主として下記に関する研究に従事するものであって、先進性・創造性に優れ、かつ、その成果が産業科学技術の進歩・発展に大きく貢献すると思われる研究を対象とする。

1. 産業用機械に関する分野

2. 電子・情報・通信に関する分野

3. 化学系材料に関する分野

4. 物理系材料に関する分野

5. 住宅に関する分野

6. 地球環境に関する分野

公募期間:2018111日~1221

 

・公益財団法人深田地質研究所:「2019年度深田研究助成」

http://www.fgi.or.jp/?page_id=484

分野等:

1. 地質学に関する研究・調査

2. 応用地質学に関する研究・調査

3. 地球物理学に関する研究・調査

4. 地盤工学に関する研究・調査

5. 環境工学に関する研究・調査

6. 防災工学に関する研究・調査

公募期間:2018123日~201921

 

・公益財団法人三菱財団:「第50回(2019年度)自然科学研究助成」

http://www.mitsubishi-zaidan.jp/support/index.html

分野等:自然科学のすべての分野にかかわる独創的かつ先駆的研究

公募期間:201919日~26

 

・特定非営利活動法人 日本分子生物学会:「第9回(2019年)若手研究助成」

https://www.mbsj.jp/admins/tomizawafund/9th-boshuu.html

分野等:分子生物学に関連する生命科学の基礎的な領域において独創的な研究を行い、将来の発展を期待し得る若手研究者

公募期間:2019115日~25

 

・公益財団法人タカノ農芸化学研究助成財団:「平成31年度研究助成」

http://www.takanofoods.co.jp/company/foundation/subsidy.shtml

分野等:

1. 豆類や穀類の生産技術(栽培、育種、植物栄養、根圏微生物等)に関する研究

2. 豆類や穀類、並びにそれらの加工品の食品機能(栄養機能、嗜好機能、生体調節機能等)に関する研究

3. 豆類や穀類の加工、保蔵、流通技術に関する研究、並びにそれらの発酵に関連する微生物や酵素の探索、特性、利用に関する研究

公募期間:2019115日~310

 

・一般財団法人東和食品研究振興会:「2019年度学術奨励金」

http://www.towashokuhin.or.jp/academic/index.html

分野等:

1. 食品の加工・保蔵に関する研究

2. 食品の安全性に関する研究

3. 食品の機能性に関する研究

4. 食品または水産分野におけるバイオテクノロジーに関する研究

5. 食品の未利用資源(または廃棄物)の有効利用に関する研究

6. その他食品科学に関する研究

公募期間:2018127日~2019325

 

・公益財団法人日本応用酵素協会:「2019年度研究助成」

https://www.jfae.or.jp/assist/index.html

分野等:酵素の応用研究、および生命科学に関連する酵素の研究

公募期間:20181214日~2019120

 

・公益財団法人三島海雲記念財団:「2019年度学術研究奨励金(自然科学部門)」

https://www.mishima-kaiun.or.jp/assist/natural-science.html

分野等:食の科学に関する学術研究

公募期間:2019110日~228


農林水産・食品産業の公募情報

平成30年12月4日現在の農林水産・食品産業の公募情報をお届けします。

農林水産・食品分野の公募情報(2018124日) 1127日以降の新規の情報を赤字で示しています。

【研究開発関連】

■省庁等

・国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター:「平成30年度イノベーション創出強化研究推進事業のうち緊急対応課題の第4回公募」

 http://www.naro.affrc.go.jp/laboratory/brain/innovation/news/2018/120313.html

 分野等:かんしょ産地で発生している立枯・腐敗症状の原因究明とその抑制対策の提示

 公募期間:20181128日~1211

 

JST:「平成30年度 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP) 企業主導フェーズ:NexTEP-Aタイプ」

http://www.jst.go.jp/a-step/koubo/h30nextep-a-1.html

分野等:企業ニーズを踏まえた企業による大学等の研究成果に基づく技術シーズの実用化開発を支援する。

公募期間:201842日~2019329日(第3回)

 

JST:「平成30年度 産学共同実用化開発事業NexTEP 未来創造ベンチャータイプ」

http://www.jst.go.jp/jitsuyoka/bosyu.html

分野等:大学等の研究成果に基づくシーズを用いた、企業等が行う開発リスクを伴う規模の大きい開発を支援する。

公募期間:201842日~2019329日(第3回)

 

JST:「平成30年度 産学共同実用化開発事業NexTEP 一般タイプ」

http://www.jst.go.jp/jitsuyoka/bosyu.html

分野等:大学等の研究成果に基づくシーズを用いた、企業等が行う開発リスクを伴う規模の大きい開発を支援する。

公募期間:201842日~2019329日(第3回)

 

・総務省:「平成30年度ICTイノベーション創出チャレンジプログラム(I-Challenge!)」

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin03_02000239.html

分野等:ICTそのものの技術や、農業、医療、交通、教育などの異分野とICTとの融合(ICT×○○)をはかるなどにより、社会へ大きなインパクトをもたらす可能性を持つ、革新的な技術やアイデアを活用した新事業の創出を目指し、POCProof of Concept:概念検証)に取り組む技術開発課題。

公募期間:2018412日~2019329

 

■民間等

・公益財団法人昭和聖徳記念財団:「第28回(平成30年度)学術研究助成」

http://www.f-showa.or.jp/2_jigyo/2_biology.html#jyoseibosyu

分野等:系統分類学

公募期間:20187?日~1210

 

・一般財団法人杉山報公会:「2019年研究助成金」

http://www.sugiyama-houkoukai.or.jp/joseib.html

分野等:主として「健康な暮らしを支える産業に寄与することを目的とする研究」とし、医薬、食品、健康、環境、衛生等の分野に結びつく研究領域とする。

公募期間:201891日~20193月末日

 

・粉体工学情報センター:「第15回(2019年度)研究助成」

http://www.icpt.jp/kenkyuu/

分野等:

1. 食品粉体に関わる研究

2. 粉体単位操作に関わる基礎研究

公募期間:2018101日~1225

 

・公益財団法人エリザベス・アーノルド富士財団:「平成31年度学術研究助成」

http://www.fujizaidan.or.jp/bosyuu.html

分野等:

1. 米、麦等に関する研究

2. 米、麦等を原料とする食品の生産・加工・流通・生理的機能性等に関する研究

3. 米、麦等を原料とする食品製造における技術の向上発展に関する研究

4. 米、麦等を原料とする食品製造における機械の向上進歩に関する研究

公募期間:2018111日~1214

 

・公益財団法人山田科学振興財団:「2019年度研究援助」

http://www.yamadazaidan.jp/jigyo/bosyu_kenkyu.html

分野等:自然科学の基礎的研究

公募期間:20189?日~2019222

 

・一般社団法人Jミルク:「2019年度「牛乳乳製品健康科学」学術研究」

http://m-alliance.j-milk.jp/koubo/2019/2019_kenko.html

分野等:

1. 牛乳乳製品が免疫機能に及ぼす影響に関する研究

2. 牛乳乳製品が加齢に伴う栄養代謝に及ぼす影響に関する研究

3. 牛乳乳製品に関わる新規探索研究

公募期間:2018101日~1231

 

・公益財団法人水産無脊椎動物研究所:「2019年度研究助成」

http://www.rimi.or.jp/josei/

分野等:水産(水棲)無脊椎動物(昆虫類を除く)の形態・発生・生理・分類・系統・生態・行動などに関するフィールドでの生物学的な調査研究

公募期間:2018101日~2019110

 

・公益財団法人ソルト・サイエンス研究財団:「2019年度研究助成」

http://www.saltscience.or.jp/research.html

分野等:理工学、医学及び食品科学の3分野で塩に関する研究

公募期間:2018111日~1210

 

・公益財団法人日本食品化学研究振興財団:「平成31年度研究等助成」

http://www.ffcr.or.jp/

分野等:

1. 一般研究助成

   ①食品添加物の安全性等に関する研究

   ②食品添加物の有用性、性能および使用技術等に関する研究

   ③食品添加物の品質、規格および製造方法等に関する研究

   ④その他食品化学領域における調査・研究

2. 課題研究助成

   ①食品添加物の体内動態および生体に対する影響に関する研究

   ②食品添加物を利用した食品および食品素材の保存・安定性向上に関する研究

   ③各種精油、果汁、果実等の天然香料の基原動植物および食品に含まれるフレーバー成分の化学的研究

   ④高齢者・病者・障害者等のための食品添加物を利用した食品・食品成分補給方法の開発研究

   ⑤各国における食品添加物規制の実際と比較に関する調査、研究

   ⑥食品化学分野における代替タンパク質(Alternative Proten)の特性、機能、安全性等の研究

公募期間:20181115日~2019115

 

・一般財団法人糧食研究会:「2019年度研究テーマ募集」

http://www.ryouken.or.jp/josei/

分野等:食品機能、健康・栄養、食品加工技術、食品安全などに関する研究

公募期間:20181019日~228

 

・公益財団法人サッポロ生物科学振興財団:「2019年度研究助成」

http://www.sapporoholdings.jp/foundation/koubo/index.html

分野等:1. 消費者を知る、2. 「おいしさ」を探す、3.「おいしさ」をつくる、4.「おいしさ」を保証する

公募期間:2018115日~1225

 

・造船学術研究推進機構:「2019(平成31)年度研究テーマの募集」

https://www.sajn.or.jp/redas/

分野等:

1. 造船・船舶関連テーマ

1)船舶の燃費低減に関連する研究

2)海洋の環境保全に関連する研究

3)船舶の安全航行に関連する研究

4)船体構造の合理化および長寿命化に関連する研究

5)船舶建造の合理化に関連する研究

2. 海洋技術関連テーマ

1)海洋エネルギー資源(メタンハイドレート、洋上風力発電等)の開発に関連する研究

2)海洋環境保全システムの開発に関連する研究

3)低炭素型シームレス物流システムの開発に関連する研究

3. その他関連テーマ

 船舶・海洋に関連する先端技術の基礎的研究(造船・海運分野の産業基盤を強化する新規性の高い応用的研究を含む)

公募期間:20181031日~1231

 

・公益信託伊藤徳三ひまし研究基金:「平成31年度研究助成金」

https://www.smtb.jp/personal/entrustment/management/public/example/list.html

分野等:

ひま種子、ひまし油、ひまし油誘導体(リシノール酸、セバシン酸、ウンデシレン酸、2-オクタノール、12-ヒドロキシステアリン酸等)に関する次の研究を対象とする。

1. ひまし油・ひまし油誘導体の精密化学変換に関する研究

2. ひまし油・ひまし油誘導体を利用する機能材料及び生物活性物質に関する研究

3. ひま種子の増産に資する育種及び栽培技術に関する研究

4. 上記13以外のひまし油関連産業の発展に資する基礎・応用研究

公募期間:20181116日~2019118

 

・一般財団法人旗影会:「2019年度研究助成」

http://www.nakashima-foundation.org/kieikai/entry/index.html

分野等:

1. 一般助成

   1)畜産(生産および加工)

   2)農産(生産および加工)

   3)食品工業(食品工学、食品化学、食品機能、食品衛生、調理科学など)

2. 特別助成

 一般助成に示す分野のうち、タマゴに関する研究(タマゴの新規活用、健康機能、衛生、調理科学、食文化など)

公募期間:201812月上旬~2019131

 

・日本中央競馬会:「平成31年度日本中央競馬会畜産振興事業」

http://company.jra.jp/0000/chikusan/kobo/kobo.html

分野等:

畜産の振興による食料自給率の向上、多様な畜産経営の育成及び安全・安心な畜産物の供給を目的とし、畜産の現場への即時応用を前提とした技術の研究開発、調査研究及びこれらの成果を含む畜産経営に対する適切な情報提供等を行うものとする。具体的には、現状の課題を踏まえた必要性や緊急性、新技術の応用等の新規性、国等が実施している畜産関連施策の補完効果が高く、効果並びに目的と手段が明確な、次の各項目に掲げるものとする。

1. 自給飼料の生産・利用の促進

2. 担い手の確保(特定の地域における担い手の確保を含む)

3. 経営改善の助長・支援

4. 多様な形質の家畜改良と効率的な飼養管理技術の普及

5. 畜産物の生産・流通対策

6. 畜産に係る環境問題の対策

7. 家畜衛生の向上のための対策

8. その他畜産振興に資するもの

公募期間:20181031日~1220

 

・公益社団法人新化学技術推進協会:「第8回新化学技術研究奨励賞」

http://www.jaci.or.jp/recruit/page_02_08_2019.html

分野等:

特別課題:化学技術により防災・減災および復旧・復興に貢献する研究

課題1:グリーンイノベーションを推進するための資源・プロセス・評価技術に関する環境技術の研究

課題2:新しい資源代替材料・技術の創製、および資源の節約・回収・再利用に関する基盤的研究(エネルギー資源、食糧・水資源を含むものとする)

課題3:バイオマス由来製品の事業化課題を解決する革新的素材・技術に関する研究

課題4:創エネ・エネルギー貯蔵・省エネルギー分野における革新素材・技術に関する研究

課題5:スマートエネルギー社会を支える新規材料・技術・プロセスに関する研究

課題6:マイクロナノシステム用途の拡大につながる新規な材料・プロセス及びデバイス技術に関する研究

課題7:生体又は生体機能を利用した新規な生産プロセスの構築、その基盤技術開発、あるいはこれに資する評価技術に関する研究

課題8:生体分子を利用した、またはその構造と機能に着想した新規機能性材料の実用化を目指した研究

課題9:計算化学・計算科学・データ科学を用いた先導的な材料設計・解析・評価の研究

課題10:日本のものづくり強化と新産業創出に資する「新素材」実現のための基礎的・基盤的研究

課題11:特殊反応場を活用した革新的低環境負荷触媒反応プロセスに関する研究

公募期間:20181128日~2019121

 

・公益財団法人日本豆類協会:「平成31年度豆類振興事業(助成事業)」

https://www.mame.or.jp/news/oshirase_index.html?itemid=72&dispmid=414

分野等:1. 技術普及事業、2. 豆類生産対策事業、3. 豆類消費啓発事業、4. 試験研究、5.調査研究(雑豆需要促進研究)

公募期間:20181122日~127

 

・一般社団法人全日本コーヒー協会:「2019年助成対象研究募集」

http://coffee.ajca.or.jp/news/othernews/2019subsidize

分野等:Human Healthに関するコーヒーの効用全般についての研究

公募期間:20181214日~2019115

 

・一般財団法人中西奨学会:「研究助成」

http://www.nkc-j.co.jp/foundation/grant/grant.html

分野等:

産業科学技術分野のうち、主として下記に関する研究に従事するものであって、先進性・創造性に優れ、かつ、その成果が産業科学技術の進歩・発展に大きく貢献すると思われる研究を対象とする。

1. 産業用機械に関する分野

2. 電子・情報・通信に関する分野

3. 化学系材料に関する分野

4. 物理系材料に関する分野

5. 住宅に関する分野

6. 地球環境に関する分野

公募期間:2018111日~1221

 

・公益財団法人深田地質研究所:「2019年度深田研究助成」

http://www.fgi.or.jp/?page_id=484

分野等:

1. 地質学に関する研究・調査

2. 応用地質学に関する研究・調査

3. 地球物理学に関する研究・調査

4. 地盤工学に関する研究・調査

5. 環境工学に関する研究・調査

6. 防災工学に関する研究・調査

公募期間:2018123日~201921

 

・公益財団法人三菱財団:「第50回(2019年度)自然科学研究助成」

http://www.mitsubishi-zaidan.jp/support/index.html

分野等:自然科学のすべての分野にかかわる独創的かつ先駆的研究

公募期間:201919日~26

 

・特定非営利活動法人 日本分子生物学会:「第9回(2019年)若手研究助成」

https://www.mbsj.jp/admins/tomizawafund/9th-boshuu.html

分野等:分子生物学に関連する生命科学の基礎的な領域において独創的な研究を行い、将来の発展を期待し得る若手研究者

公募期間:2019115日~25

 

・公益財団法人タカノ農芸化学研究助成財団:「平成31年度研究助成」

http://www.takanofoods.co.jp/company/foundation/subsidy.shtml

分野等:

1. 豆類や穀類の生産技術(栽培、育種、植物栄養、根圏微生物等)に関する研究

2. 豆類や穀類、並びにそれらの加工品の食品機能(栄養機能、嗜好機能、生体調節機能等)に関する研究

3. 豆類や穀類の加工、保蔵、流通技術に関する研究、並びにそれらの発酵に関連する微生物や酵素の探索、特性、利用に関する研究

公募期間:2019115日~310


農林水産・食品産業の公募情報

平成30年11月27日現在の農林水産・食品産業の公募情報をお届けします。

農林水産・食品分野の公募情報(20181127日) 1114日以降の新規の情報を赤字で示しています。

【研究開発関連】

■省庁等

 ・農林水産省(技術会議事務局):「平成30年度食料生産地域再生のための先端技術展開事業のうち社会実装促進業務委託事業(第2回公募)」

http://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/181025.html

分野等:被災地内に設ける社会実装拠点を核として、情報発信、現場指導、技術研修等を通じて、食料生産地域再生のための先端技術展開事業における研究成果の社会実装を促進する。

公募期間:20181025日~1130

 

JST:「平成30年度 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP) 企業主導フェーズ:NexTEP-Aタイプ」

http://www.jst.go.jp/a-step/koubo/h30nextep-a-1.html

分野等:企業ニーズを踏まえた企業による大学等の研究成果に基づく技術シーズの実用化開発を支援する。

公募期間:201842日~1130日(第2回)、2019329日(第3回)

 

JST:「平成30年度 産学共同実用化開発事業NexTEP 未来創造ベンチャータイプ」

http://www.jst.go.jp/jitsuyoka/bosyu.html

分野等:大学等の研究成果に基づくシーズを用いた、企業等が行う開発リスクを伴う規模の大きい開発を支援する。

公募期間:201842日~1130日(第2回)、2019329日(第3回)

 

JST:「平成30年度 産学共同実用化開発事業NexTEP 一般タイプ」

http://www.jst.go.jp/jitsuyoka/bosyu.html

分野等:大学等の研究成果に基づくシーズを用いた、企業等が行う開発リスクを伴う規模の大きい開発を支援する。

公募期間:201842日~1130日(第2回)、2019329日(第3回)

 

・総務省:「平成30年度ICTイノベーション創出チャレンジプログラム(I-Challenge!)」

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin03_02000239.html

分野等:ICTそのものの技術や、農業、医療、交通、教育などの異分野とICTとの融合(ICT×○○)をはかるなどにより、社会へ大きなインパクトをもたらす可能性を持つ、革新的な技術やアイデアを活用した新事業の創出を目指し、POCProof of Concept:概念検証)に取り組む技術開発課題。

公募期間:2018412日~2019329

 

■民間等

 ・公益財団法人昭和聖徳記念財団:「第28回(平成30年度)学術研究助成」

http://www.f-showa.or.jp/2_jigyo/2_biology.html#jyoseibosyu

分野等:系統分類学

公募期間:20187?日~1210

 

・一般財団法人杉山報公会:「2019年研究助成金」

http://www.sugiyama-houkoukai.or.jp/joseib.html

分野等:主として「健康な暮らしを支える産業に寄与することを目的とする研究」とし、医薬、食品、健康、環境、衛生等の分野に結びつく研究領域とする。

公募期間:201891日~20193月末日

 

・公益財団法人国際科学技術財団:「2019年研究助成」

http://www.japanprize.jp/subsidy_yoko.html

分野等:「物質・材料、生産」分野、「生物生産、生態・環境」分野、「クリーン&サステイナブルエネルギー」分野

公募期間:201891日~1130

 

・公益財団法人不二たん白質研究振興財団:「平成31年度研究助成(一般研究)」

http://www.fujifoundation.or.jp/aid/assist01.html

分野等:

研究領域は、大豆たん白質および大豆関連成分に関する研究を対象とする。

研究分野は、以下の4分野とするが、各分野に跨る応募も歓迎する。

1. 遺伝・育種・成分・品質などに関する研究

2. 調理・風味・加工・物性などに関する研究

3. 栄養・健康、疾病予防・治療などに関する研究

4. 食文化、食行動などに関する研究

公募期間:2018101日~1130

 

・公益財団法人不二たん白質研究振興財団:「平成31年度研究助成(特定研究)」

http://www.fujifoundation.or.jp/aid/assist02.html

分野等:人における健康の維持や病気の予防等に期待される大豆たん白質および関連成分の基礎、応用あるいは生活への活用に関する領域の研究

公募期間:2018101日~1130

 

・公益財団法人不二たん白質研究振興財団:「平成31年度研究助成(若手研究者枠)」

http://www.fujifoundation.or.jp/aid/assist03.html

分野等:

研究領域は、大豆たん白質および大豆関連成分に関する研究を対象とする。

研究分野は、以下の4分野とするが、各分野に跨る応募も歓迎する。

1. 遺伝・育種・成分・品質などに関する研究

2. 調理・風味・加工・物性などに関する研究

3. 栄養・健康、疾病予防・治療などに関する研究

4. 食文化、食行動などに関する研究

公募期間:2018101日~1130

 

・粉体工学情報センター:「第15回(2019年度)研究助成」

http://www.icpt.jp/kenkyuu/

分野等:

1. 食品粉体に関わる研究

2. 粉体単位操作に関わる基礎研究

公募期間:2018101日~1225

 

・公益財団法人市村清新技術財団:「第28回(平成31年度)植物研究助成」

http://www.sgkz.or.jp/download/plant/download.html?sscl=ZD_top_now_plant

分野等:

1. 一般課題研究

1)植物研究園(静岡県熱海市)を利活用し、工学的手法を用いた植物の生態研究

2)植物の生態研究に必要となる計測技術の開発と研究

2. 特定課題研究

大規模震災等に触発された減災に向けての植物機能の利用による環境再生、省資源、植物多様性への保全・再生に関する研究

1)持続可能なみどりの回復・再生

2)植物生態系の改善・回復・保全

3)植物を利用した省エネ・省資源対策

公募期間:20181110日~30

 

・一般社団法人中央味噌研究所:「平成31年度研究助成」

http://www.miso.jp/chumiken_kenkyu.html

分野等:

1. 味噌汁摂取と子どもの発育や行動などに関する研究

2. 味噌の健康有意性を示す機構解明研究

3. 味噌製造技術の発展及び製造工程の改善につながる研究

公募期間:2018831日~1130

 

・公益財団法人エリザベス・アーノルド富士財団:「平成31年度学術研究助成」

http://www.fujizaidan.or.jp/bosyuu.html

分野等:

1. 米、麦等に関する研究

2. 米、麦等を原料とする食品の生産・加工・流通・生理的機能性等に関する研究

3. 米、麦等を原料とする食品製造における技術の向上発展に関する研究

4. 米、麦等を原料とする食品製造における機械の向上進歩に関する研究

公募期間:2018111日~1214

 

・公益財団法人池谷科学技術振興財団:「2019年度助成金」

https://iketani-zaidan.or.jp/system/?page_id=05

分野等:先端材料及びこれに関連する科学技術

公募期間:2018101日~1130

 

・公益財団法人山田科学振興財団:「2019年度研究援助」

http://www.yamadazaidan.jp/jigyo/bosyu_kenkyu.html

分野等:自然科学の基礎的研究

公募期間:20189?日~2019222

 

・一般社団法人Jミルク:「2019年度「牛乳乳製品健康科学」学術研究」

http://m-alliance.j-milk.jp/koubo/2019/2019_kenko.html

分野等:

1. 牛乳乳製品が免疫機能に及ぼす影響に関する研究

2. 牛乳乳製品が加齢に伴う栄養代謝に及ぼす影響に関する研究

3. 牛乳乳製品に関わる新規探索研究

公募期間:2018101日~1231

 

・一般財団法人天野エンザイム科学技術振興財団:「第20回酵素応用シンポジウム研究奨励賞」

https://www.amano-enzyme.co.jp/corporate/foundation/symposium.html

分野等:産業界に影響を与える酵素の基礎または応用研究を行っている若手研究者

公募期間:2018101日~1130

 

・公益財団法人河川財団:「2019年度河川基金助成(研究者・研究機関部門)」

http://www.kasen.or.jp/kikin/tabid290.html

分野等:防災・減災や河川・流域の視点から、治水・利水・環境に関する新たな科学的知見を得る取り組みや新技術の開発に向けた調査・研究を行う、研究機関等に助成を行う。

公募期間:2018101日~1130

 

・公益財団法人水産無脊椎動物研究所:「2019年度研究助成」

http://www.rimi.or.jp/josei/

分野等:水産(水棲)無脊椎動物(昆虫類を除く)の形態・発生・生理・分類・系統・生態・行動などに関するフィールドでの生物学的な調査研究

公募期間:2018101日~2019110

 

・公益財団法人ソルト・サイエンス研究財団:「2019年度研究助成」

http://www.saltscience.or.jp/research.html

分野等:理工学、医学及び食品科学の3分野で塩に関する研究

公募期間:2018111日~1210

 

・株式会社リバネス:「第42回リバネス研究費 日本ハム賞」

https://r.lne.st/grants/

分野等:食の未来を創造する研究

公募期間:20189?日~1130

 

・公益財団法人日本食品化学研究振興財団:「平成31年度研究等助成」

http://www.ffcr.or.jp/

分野等:

1. 一般研究助成

   ①食品添加物の安全性等に関する研究

   ②食品添加物の有用性、性能および使用技術等に関する研究

   ③食品添加物の品質、規格および製造方法等に関する研究

   ④その他食品化学領域における調査・研究

2. 課題研究助成

   ①食品添加物の体内動態および生体に対する影響に関する研究

   ②食品添加物を利用した食品および食品素材の保存・安定性向上に関する研究

   ③各種精油、果汁、果実等の天然香料の基原動植物および食品に含まれるフレーバー成分の化学的研究

   ④高齢者・病者・障害者等のための食品添加物を利用した食品・食品成分補給方法の開発研究

   ⑤各国における食品添加物規制の実際と比較に関する調査、研究

   ⑥食品化学分野における代替タンパク質(Alternative Proten)の特性、機能、安全性等の研究

公募期間:20181115日~2019115

 

・一般財団法人糧食研究会:「2019年度研究テーマ募集」

http://www.ryouken.or.jp/josei/

分野等:食品機能、健康・栄養、食品加工技術、食品安全などに関する研究

公募期間:20181019日~228

 

・公益財団法人アサヒグループ学術振興財団:「2019年度 学術研究助成」

http://www.asahigroup-foundation.com/academic/support/guides.html

分野等:1. 生活科学部門、2. 生活文化部門、3. 地球環境科学部門、4. サスティナブル社会・経済学部門

公募期間:2018111日~30

 

・公益財団法人サッポロ生物科学振興財団:「2019年度研究助成」

http://www.sapporoholdings.jp/foundation/koubo/index.html

分野等:1. 消費者を知る、2. 「おいしさ」を探す、3.「おいしさ」をつくる、4.「おいしさ」を保証する

公募期間:2018115日~1225

 

・造船学術研究推進機構:「2019(平成31)年度研究テーマの募集」

https://www.sajn.or.jp/redas/

分野等:

1. 造船・船舶関連テーマ

1)船舶の燃費低減に関連する研究

2)海洋の環境保全に関連する研究

3)船舶の安全航行に関連する研究

4)船体構造の合理化および長寿命化に関連する研究

5)船舶建造の合理化に関連する研究

2. 海洋技術関連テーマ

1)海洋エネルギー資源(メタンハイドレート、洋上風力発電等)の開発に関連する研究

2)海洋環境保全システムの開発に関連する研究

3)低炭素型シームレス物流システムの開発に関連する研究

3. その他関連テーマ

 船舶・海洋に関連する先端技術の基礎的研究(造船・海運分野の産業基盤を強化する新規性の高い応用的研究を含む)

公募期間:20181031日~1231

 

・公益信託伊藤徳三ひまし研究基金:「平成31年度研究助成金」

https://www.smtb.jp/personal/entrustment/management/public/example/list.html

分野等:

ひま種子、ひまし油、ひまし油誘導体(リシノール酸、セバシン酸、ウンデシレン酸、2-オクタノール、12-ヒドロキシステアリン酸等)に関する次の研究を対象とする。

1. ひまし油・ひまし油誘導体の精密化学変換に関する研究

2. ひまし油・ひまし油誘導体を利用する機能材料及び生物活性物質に関する研究

3. ひま種子の増産に資する育種及び栽培技術に関する研究

4. 上記13以外のひまし油関連産業の発展に資する基礎・応用研究

公募期間:20181116日~2019118

 

・一般財団法人旗影会:「2019年度研究助成」

http://www.nakashima-foundation.org/kieikai/entry/index.html

分野等:

1. 一般助成

   1)畜産(生産および加工)

   2)農産(生産および加工)

   3)食品工業(食品工学、食品化学、食品機能、食品衛生、調理科学など)

2. 特別助成

 一般助成に示す分野のうち、タマゴに関する研究(タマゴの新規活用、健康機能、衛生、調理科学、食文化など)

公募期間:201812月上旬~2019131

 

・日本中央競馬会:「平成31年度日本中央競馬会畜産振興事業」

http://company.jra.jp/0000/chikusan/kobo/kobo.html

分野等:

畜産の振興による食料自給率の向上、多様な畜産経営の育成及び安全・安心な畜産物の供給を目的とし、畜産の現場への即時応用を前提とした技術の研究開発、調査研究及びこれらの成果を含む畜産経営に対する適切な情報提供等を行うものとする。具体的には、現状の課題を踏まえた必要性や緊急性、新技術の応用等の新規性、国等が実施している畜産関連施策の補完効果が高く、効果並びに目的と手段が明確な、次の各項目に掲げるものとする。

1. 自給飼料の生産・利用の促進

2. 担い手の確保(特定の地域における担い手の確保を含む)

3. 経営改善の助長・支援

4. 多様な形質の家畜改良と効率的な飼養管理技術の普及

5. 畜産物の生産・流通対策

6. 畜産に係る環境問題の対策

7. 家畜衛生の向上のための対策

8. その他畜産振興に資するもの

公募期間:20181031日~1220

 

・公益社団法人新化学技術推進協会:「第8回新化学技術研究奨励賞」

http://www.jaci.or.jp/recruit/page_02_08_2019.html

分野等:

特別課題:化学技術により防災・減災および復旧・復興に貢献する研究

課題1:グリーンイノベーションを推進するための資源・プロセス・評価技術に関する環境技術の研究

課題2:新しい資源代替材料・技術の創製、および資源の節約・回収・再利用に関する基盤的研究(エネルギー資源、食糧・水資源を含むものとする)

課題3:バイオマス由来製品の事業化課題を解決する革新的素材・技術に関する研究

課題4:創エネ・エネルギー貯蔵・省エネルギー分野における革新素材・技術に関する研究

課題5:スマートエネルギー社会を支える新規材料・技術・プロセスに関する研究

課題6:マイクロナノシステム用途の拡大につながる新規な材料・プロセス及びデバイス技術に関する研究

課題7:生体又は生体機能を利用した新規な生産プロセスの構築、その基盤技術開発、あるいはこれに資する評価技術に関する研究

課題8:生体分子を利用した、またはその構造と機能に着想した新規機能性材料の実用化を目指した研究

課題9:計算化学・計算科学・データ科学を用いた先導的な材料設計・解析・評価の研究

課題10:日本のものづくり強化と新産業創出に資する「新素材」実現のための基礎的・基盤的研究

課題11:特殊反応場を活用した革新的低環境負荷触媒反応プロセスに関する研究

公募期間:20181128日~2019121

 

・公益財団法人日本豆類協会:「平成31年度豆類振興事業(助成事業)」

https://www.mame.or.jp/news/oshirase_index.html?itemid=72&dispmid=414

分野等:1. 技術普及事業、2. 豆類生産対策事業、3. 豆類消費啓発事業、4. 試験研究、5.調査研究(雑豆需要促進研究)

公募期間:20181122日~127

 

・一般社団法人全日本コーヒー協会:「2019年助成対象研究募集」

http://coffee.ajca.or.jp/news/othernews/2019subsidize

分野等:Human Healthに関するコーヒーの効用全般についての研究

公募期間:20181214日~2019115

 

 


農林水産・食品産業の公募情報

平成30年10月31日現在の農林水産・食品産業の公募情報をお届けします。

農林水産・食品分野の公募情報(20181031日) 1024日以降の新規の情報を赤字で示しています。

【研究開発関連】

■省庁等

・農林水産省(技術会議事務局):「平成30年度食料生産地域再生のための先端技術展開事業のうち社会実装促進業務委託事業(第2回公募)」

http://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/181025.html

分野等:被災地内に設ける社会実装拠点を核として、情報発信、現場指導、技術研修等を通じて、食料生産地域再生のための先端技術展開事業における研究成果の社会実装を促進する。

公募期間:20181025日~1130

 

・国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター:「平成 30 年度イノベーション創出強化研究推進事業(第3回緊急対応課題)」

http://www.naro.affrc.go.jp/brain/innovation/news/2018/083583.html

分野等:ほ場で突発するジャガイモ黒あし病の感染要因の検証

公募期間:20181026日~118

 

・独立行政法人環境再生保全機構:「平成31年度環境研究総合推進費」

http://www.erca.go.jp/suishinhi/koubo/index.html

分野等:統合領域、低炭素領域、資源循環領域、自然共生領域、安全確保領域

公募期間:2018927日~111

 

JST:「平成30年度 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP) 企業主導フェーズ:NexTEP-Aタイプ」

http://www.jst.go.jp/a-step/koubo/h30nextep-a-1.html

分野等:企業ニーズを踏まえた企業による大学等の研究成果に基づく技術シーズの実用化開発を支援する。

公募期間:201842日~1130日(第2回)、2019329日(第3回)

 

JST:「平成30年度 産学共同実用化開発事業NexTEP 未来創造ベンチャータイプ」

http://www.jst.go.jp/jitsuyoka/bosyu.html

分野等:大学等の研究成果に基づくシーズを用いた、企業等が行う開発リスクを伴う規模の大きい開発を支援する。

公募期間:201842日~1130日(第2回)、2019329日(第3回)

 

JST:「平成30年度 産学共同実用化開発事業NexTEP 一般タイプ」

http://www.jst.go.jp/jitsuyoka/bosyu.html

分野等:大学等の研究成果に基づくシーズを用いた、企業等が行う開発リスクを伴う規模の大きい開発を支援する。

公募期間:201842日~1130日(第2回)、2019329日(第3回)

 

JST:「平成31年度地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム」

http://www.jst.go.jp/global/koubo.html

分野等:

1. 環境・エネルギー分野「地球規模の環境課題の解決に資する研究」

2. 環境・エネルギー分野「低炭素社会の実現に向けた先進的エネルギーシステムに関する研究」

3. 生物資源分野「生物資源の持続可能な生産と利用に資する研究」

4. 防災分野「持続可能な社会を支える防災・減災に関する研究」

公募期間:2018911日~1112

 

NEDO:「平成30年度 研究開発型ベンチャー支援事業/企業間連携スタートアップの事業化支援(第2回公募)」

http://www.nedo.go.jp/koubo/CA2_100192.html

分野等:事業会社と連携して事業開発を行う研究開発型ベンチャーを支援する。

公募期間:20181018日~1122

 

・総務省:「平成30年度ICTイノベーション創出チャレンジプログラム(I-Challenge!)」

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin03_02000239.html

分野等:ICTそのものの技術や、農業、医療、交通、教育などの異分野とICTとの融合(ICT×○○)をはかるなどにより、社会へ大きなインパクトをもたらす可能性を持つ、革新的な技術やアイデアを活用した新事業の創出を目指し、POCProof of Concept:概念検証)に取り組む技術開発課題。

公募期間:2018412日~2019329

 

■民間等

・公益財団法人鹿島学術振興財団:「2018年度研究助成」

http://www.kajima-f.or.jp/promotion/paper.html

分野等:

1. 都市・居住環境の向上

2. 国土・資源の有効利用

3. 防災・危機管理の推進

4. 文化・自然環境の保全

公募期間:201871日~1110

 

・公益財団法人昭和聖徳記念財団:「第28回(平成30年度)学術研究助成」

http://www.f-showa.or.jp/2_jigyo/2_biology.html#jyoseibosyu

分野等:系統分類学

公募期間:20187?日~1210

 

・一般財団法人内藤泰春科学技術振興財団:「平成31年度調査・研究開発助成」

http://www.naito-zaidan.or.jp/boshu/Jyosei/Kenkyu/kenkyuouboyoukou.html

分野等:独創的な科学技術の研究開発で、地域の産業又は中小規模の企業の発展に寄与しうるもの。

公募期間:201881日~111

 

・公益財団法人長瀬科学技術振興財団:「2019年度研究助成」

http://www.nagase-f.or.jp/grant-2/

分野等:有機化学及び生化学、並びに関連分野における研究

公募期間:201891日~1114

 

・一般財団法人杉山報公会:「2019年研究助成金」

http://www.sugiyama-houkoukai.or.jp/joseib.html

分野等:主として「健康な暮らしを支える産業に寄与することを目的とする研究」とし、医薬、食品、健康、環境、衛生等の分野に結びつく研究領域とする。

公募期間:201891日~20193月末日

 

・公益財団法人国際科学技術財団:「2019年研究助成」

http://www.japanprize.jp/subsidy_yoko.html

分野等:「物質・材料、生産」分野、「生物生産、生態・環境」分野、「クリーン&サステイナブルエネルギー」分野

公募期間:201891日~1130

 

・公益財団法人不二たん白質研究振興財団:「平成31年度研究助成(一般研究)」

http://www.fujifoundation.or.jp/aid/assist01.html

分野等:

研究領域は、大豆たん白質および大豆関連成分に関する研究を対象とする。

研究分野は、以下の4分野とするが、各分野に跨る応募も歓迎する。

1. 遺伝・育種・成分・品質などに関する研究

2. 調理・風味・加工・物性などに関する研究

3. 栄養・健康、疾病予防・治療などに関する研究

4. 食文化、食行動などに関する研究

公募期間:2018101日~1130

 

・公益財団法人不二たん白質研究振興財団:「平成31年度研究助成(特定研究)」

http://www.fujifoundation.or.jp/aid/assist02.html

分野等:人における健康の維持や病気の予防等に期待される大豆たん白質および関連成分の基礎、応用あるいは生活への活用に関する領域の研究

公募期間:2018101日~1130

 

・公益財団法人不二たん白質研究振興財団:「平成31年度研究助成(若手研究者枠)」

http://www.fujifoundation.or.jp/aid/assist03.html

分野等:

研究領域は、大豆たん白質および大豆関連成分に関する研究を対象とする。

研究分野は、以下の4分野とするが、各分野に跨る応募も歓迎する。

1. 遺伝・育種・成分・品質などに関する研究

2. 調理・風味・加工・物性などに関する研究

3. 栄養・健康、疾病予防・治療などに関する研究

4. 食文化、食行動などに関する研究

公募期間:2018101日~1130

 

・粉体工学情報センター:「第15回(2019年度)研究助成」

http://www.icpt.jp/kenkyuu/

分野等:

1. 食品粉体に関わる研究

2. 粉体単位操作に関わる基礎研究

公募期間:2018101日~1225

 

・公益財団法人市村清新技術財団:「第28回(平成31年度)植物研究助成」

http://www.sgkz.or.jp/download/plant/download.html?sscl=ZD_top_now_plant

分野等:

1. 一般課題研究

1)植物研究園(静岡県熱海市)を利活用し、工学的手法を用いた植物の生態研究

2)植物の生態研究に必要となる計測技術の開発と研究

2. 特定課題研究

大規模震災等に触発された減災に向けての植物機能の利用による環境再生、省資源、植物多様性への保全・再生に関する研究

1)持続可能なみどりの回復・再生

2)植物生態系の改善・回復・保全

3)植物を利用した省エネ・省資源対策

公募期間:20181110日~30

 

・一般社団法人中央味噌研究所:「平成31年度研究助成」

http://www.miso.jp/chumiken_kenkyu.html

分野等:

1. 味噌汁摂取と子どもの発育や行動などに関する研究

2. 味噌の健康有意性を示す機構解明研究

3. 味噌製造技術の発展及び製造工程の改善につながる研究

公募期間:2018831日~1130

 

・公益財団法人エリザベス・アーノルド富士財団:「平成31年度学術研究助成」

http://www.fujizaidan.or.jp/bosyuu.html

分野等:

1. 米、麦等に関する研究

2. 米、麦等を原料とする食品の生産・加工・流通・生理的機能性等に関する研究

3. 米、麦等を原料とする食品製造における技術の向上発展に関する研究

4. 米、麦等を原料とする食品製造における機械の向上進歩に関する研究

公募期間:2018111日~1214

 

・公益財団法人I-O DATA財団:「研究開発助成」

https://iodata-foundation.or.jp/development.html

分野等:情報通信技術を活用した新事業又は新用途の創出につながる研究開発 等

公募期間:2018911日~1110

 

・公益財団法人池谷科学技術振興財団:「2019年度助成金」

https://iketani-zaidan.or.jp/system/?page_id=05

分野等:先端材料及びこれに関連する科学技術

公募期間:2018101日~1130

 

・公益財団法人山田科学振興財団:「2019年度研究援助」

http://www.yamadazaidan.jp/jigyo/bosyu_kenkyu.html

分野等:自然科学の基礎的研究

公募期間:20189?日~2019222

 

・一般社団法人Jミルク:「2019年度「牛乳乳製品健康科学」学術研究」

http://m-alliance.j-milk.jp/koubo/2019/2019_kenko.html

分野等:

1. 牛乳乳製品が免疫機能に及ぼす影響に関する研究

2. 牛乳乳製品が加齢に伴う栄養代謝に及ぼす影響に関する研究

3. 牛乳乳製品に関わる新規探索研究

公募期間:2018101日~1231

 

・一般財団法人天野エンザイム科学技術振興財団:「第20回酵素応用シンポジウム研究奨励賞」

https://www.amano-enzyme.co.jp/corporate/foundation/symposium.html

分野等:産業界に影響を与える酵素の基礎または応用研究を行っている若手研究者

公募期間:2018101日~1130

 

・公益財団法人河川財団:「2019年度河川基金助成(研究者・研究機関部門)」

http://www.kasen.or.jp/kikin/tabid290.html

分野等:防災・減災や河川・流域の視点から、治水・利水・環境に関する新たな科学的知見を得る取り組みや新技術の開発に向けた調査・研究を行う、研究機関等に助成を行う。

公募期間:2018101日~1130

 

・公益財団法人水産無脊椎動物研究所:「2019年度研究助成」

http://www.rimi.or.jp/josei/

分野等:水産(水棲)無脊椎動物(昆虫類を除く)の形態・発生・生理・分類・系統・生態・行動などに関するフィールドでの生物学的な調査研究

公募期間:2018101日~2019110

 

・公益財団法人ソルト・サイエンス研究財団:「2019年度研究助成」

http://www.saltscience.or.jp/research.html

分野等:理工学、医学及び食品科学の3分野で塩に関する研究

公募期間:2018111日~1210

 

・株式会社リバネス:「第42回リバネス研究費 日本ハム賞」

https://r.lne.st/grants/

分野等:食の未来を創造する研究

公募期間:20189?日~1130

 

・株式会社資生堂:「第12回 資生堂 女性研究者サイエンスグラント」

https://www.shiseidogroup.jp/rd/doctor/grants/science/index.html

分野等:自然科学分野(理工科学分野、生命科学分野いずれも応募可能)。界面・コロイド化学の応募を積極的に歓迎する。

公募期間:20181015日~1115

 

・公益財団法人日本食品化学研究振興財団:「平成31年度研究等助成」

http://www.ffcr.or.jp/

分野等:

1. 一般研究助成

   ①食品添加物の安全性等に関する研究

   ②食品添加物の有用性、性能および使用技術等に関する研究

   ③食品添加物の品質、規格および製造方法等に関する研究

   ④その他食品化学領域における調査・研究

2. 課題研究助成

   ①食品添加物の体内動態および生体に対する影響に関する研究

   ②食品添加物を利用した食品および食品素材の保存・安定性向上に関する研究

   ③各種精油、果汁、果実等の天然香料の基原動植物および食品に含まれるフレーバー成分の化学的研究

   ④高齢者・病者・障害者等のための食品添加物を利用した食品・食品成分補給方法の開発研究

   ⑤各国における食品添加物規制の実際と比較に関する調査、研究

   ⑥食品化学分野における代替タンパク質(Alternative Proten)の特性、機能、安全性等の研究

公募期間:20181115日~2019115

 

・一般財団法人糧食研究会:「2019年度研究テーマ募集」

http://www.ryouken.or.jp/josei/

分野等:食品機能、健康・栄養、食品加工技術、食品安全などに関する研究

公募期間:20181019日~228

 

【研究開発関連以外】

■省庁等

 ・経済産業省:「平成30年度 地域経済牽引事業支援事業費補助金(戦略分野における地域経済牽引事業支援事業)(2次公募)」

http://www.meti.go.jp/information/publicoffer/kobo/2018/k181003001.html

分野等:事業者が連携して行う戦略分野における設備投資への支援を通じ、地域における経済活動を牽引する事業を促進し、もって地域経済の活性化を図る。

公募期間:2018103日~119


農林水産・食品産業の公募情報

平成30年10月24日現在の農林水産・食品産業の公募情報をお届けします。

農林水産・食品分野の公募情報(20181024日) 1017日以降の新規の情報を赤字で示しています。

 【研究開発関連】

■省庁等

・独立行政法人環境再生保全機構:「平成31年度環境研究総合推進費」

http://www.erca.go.jp/suishinhi/koubo/index.html

分野等:統合領域、低炭素領域、資源循環領域、自然共生領域、安全確保領域

公募期間:2018927日~111

 

JST:「平成30年度 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP) 企業主導フェーズ:NexTEP-Aタイプ」

http://www.jst.go.jp/a-step/koubo/h30nextep-a-1.html

分野等:企業ニーズを踏まえた企業による大学等の研究成果に基づく技術シーズの実用化開発を支援する。

公募期間:201842日~1130日(第2回)、2019329日(第3回)

 

JST:「平成30年度 産学共同実用化開発事業NexTEP 未来創造ベンチャータイプ」

http://www.jst.go.jp/jitsuyoka/bosyu.html

分野等:大学等の研究成果に基づくシーズを用いた、企業等が行う開発リスクを伴う規模の大きい開発を支援する。

公募期間:201842日~1130日(第2回)、2019329日(第3回)

 

JST:「平成30年度 産学共同実用化開発事業NexTEP 一般タイプ」

http://www.jst.go.jp/jitsuyoka/bosyu.html

分野等:大学等の研究成果に基づくシーズを用いた、企業等が行う開発リスクを伴う規模の大きい開発を支援する。

公募期間:201842日~1130日(第2回)、2019329日(第3回)

 

JST:「平成31年度地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム」

http://www.jst.go.jp/global/koubo.html

分野等:

1. 環境・エネルギー分野「地球規模の環境課題の解決に資する研究」

2. 環境・エネルギー分野「低炭素社会の実現に向けた先進的エネルギーシステムに関する研究」

3. 生物資源分野「生物資源の持続可能な生産と利用に資する研究」

4. 防災分野「持続可能な社会を支える防災・減災に関する研究」

公募期間:2018911日~1112

 

NEDO:「平成30年度 研究開発型ベンチャー支援事業/企業間連携スタートアップの事業化支援(第2回公募)」

http://www.nedo.go.jp/koubo/CA2_100192.html

分野等:事業会社と連携して事業開発を行う研究開発型ベンチャーを支援する。

公募期間:20181018日~1122

 

・総務省:「平成30年度ICTイノベーション創出チャレンジプログラム(I-Challenge!)」

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin03_02000239.html

分野等:ICTそのものの技術や、農業、医療、交通、教育などの異分野とICTとの融合(ICT×○○)をはかるなどにより、社会へ大きなインパクトをもたらす可能性を持つ、革新的な技術やアイデアを活用した新事業の創出を目指し、POCProof of Concept:概念検証)に取り組む技術開発課題。

公募期間:2018412日~2019329

 

■民間等

 

・公益財団法人鹿島学術振興財団:「2018年度研究助成」

http://www.kajima-f.or.jp/promotion/paper.html

分野等:

1. 都市・居住環境の向上

2. 国土・資源の有効利用

3. 防災・危機管理の推進

4. 文化・自然環境の保全

公募期間:201871日~1110

 

・公益財団法人八洲環境技術振興財団:「研究開発・調査助成」

http://www.yashimadenki.co.jp/zaidan/enterprise_application.php

分野等:

1. 再生可能エネルギー源等に関連する技術開発

2. クリーン燃料

3. エネルギーの転換、輸送、貯蔵、利用の高効率化、合理化およびそれらのシステム

4. エネルギー材料、デバイス

5. 環境保全、地球温暖化防止、エネルギー利用上の技術

6. 環境技術マネジメントの基礎研究

公募期間:201881日~1031

 

・公益財団法人昭和聖徳記念財団:「第28回(平成30年度)学術研究助成」

http://www.f-showa.or.jp/2_jigyo/2_biology.html#jyoseibosyu

分野等:系統分類学

公募期間:20187?日~1210

 

・一般財団法人内藤泰春科学技術振興財団:「平成31年度調査・研究開発助成」

http://www.naito-zaidan.or.jp/boshu/Jyosei/Kenkyu/kenkyuouboyoukou.html

分野等:独創的な科学技術の研究開発で、地域の産業又は中小規模の企業の発展に寄与しうるもの。

公募期間:201881日~111

 

・公益財団法人食生活研究会:「2019年度研究助成」

http://www.z-ssk.org/about/guideline.html

分野等:

1. 自然科学系:穀物科学、食品加工、食品安全、食品機能、栄養学、その他の生命科学等に関する研究

2. 人文社会科学系:食料・農業政策、法制度、市場動向・消費動向、消費者とのコミュニケーション等に関する研究

公募期間:20188?日~1031

 

・公益社団法人日本農芸化学会:「第46回研究奨励金」

http://www.jsbba.or.jp/info/grant/info_grant_46syorei.html

分野等:農芸化学諸分野における意欲的な研究

公募期間:201881日~1031

 

・一般財団法人国土技術研究センター:「2018年度(第20回)研究開発助成」

http://www.jice.or.jp/review/assistances

分野等:

1. 応用研究課題:研究開発の成果が次の①~③のいずれかに該当する研究。

   ① 安全に安心して暮らせる国土の実現に寄与するもの。

   ② 人・もの・情報が効率的に通いあえる国土の実現に寄与するもの。

   ③ 心豊かに暮らせる快適で美しい国土の実現に寄与するもの。

2. 重点研究課題:研究開発の成果が④~⑩のいずれかに該当する研究。

   ④ 水災害リスクと防災・減災に関する研究

   ⑤ 河川堤防の信頼性評価に関する研究

   ⑥ 社会潮流の変化に対応した幹線道路ネットワークのあり方に関する研究

   ⑦ 人中心や賑わい創出等を目的とした道路空間再構築に関する研究

   ⑧ 人口減少社会における持続可能な都市の構築に関する研究

   ⑨ 今後のあるべき建設生産システムに関する研究

   ⑩ 社会資本の戦略的な維持管理に関する研究

公募期間:201881日~1031

 

・うま味研究会:「うま味研究助成第25回募集」

http://www.srut.org/index2.asp

分野等:

1. うま味に関する基礎研究(生理学、分子生物学、神経科学など)

2. うま味に関する応用研究(栄養学、食品科学など)

3. テーマ特定助成「うま味物質の減塩への貢献の本質に関する科学的研究」

公募期間:201888日~1031

 

・公益財団法人長瀬科学技術振興財団:「2019年度研究助成」

http://www.nagase-f.or.jp/grant-2/

分野等:有機化学及び生化学、並びに関連分野における研究

公募期間:201891日~1114

 

・公益財団法人野口研究所:「野口遵研究助成金(2018年度)」

http://www.noguchi.or.jp/subsidy.php?00001

分野等:

1. ライフサイエンスの進展に資する物質やデバイスに関する研究

2. エネルギー・資源・環境の革新に寄与する新プロセスや新材料に関する研究

3. 豊かな生活に寄与する新材料やデバイスに関する研究

公募期間:201891日~1031

 

・一般財団法人杉山報公会:「2019年研究助成金」

http://www.sugiyama-houkoukai.or.jp/joseib.html

分野等:主として「健康な暮らしを支える産業に寄与することを目的とする研究」とし、医薬、食品、健康、環境、衛生等の分野に結びつく研究領域とする。

公募期間:201891日~20193月末日

 

・公益財団法人三菱UFJ技術育成財団:「平成30年度第2回研究開発助成金」

http://www.mutech.or.jp/whatsnew/index.html

分野等:

現在の技術から見て新規性があるもので、以下に該当するもの。

1. 産業経済の健全な発展と国民生活の向上に資すると認められる機械またはシステムの開発等に関するもの。

2. 1に準ずる新製品及びこれらに関する設備、部品材料、原材料等の開発に関するもの。

3. 原則として、2年以内に事業化可能性のあること。

公募期間:201891日~1031

 

・公益財団法人国際科学技術財団:「2019年研究助成」

http://www.japanprize.jp/subsidy_yoko.html

分野等:「物質・材料、生産」分野、「生物生産、生態・環境」分野、「クリーン&サステイナブルエネルギー」分野

公募期間:201891日~1130

 

・公益財団法人野田産業科学研究所:「野田産研研究助成(2019年度)」

https://www.nisr.or.jp/promotion/activity-top/

分野等:主として発酵化学を基盤とする産業に寄与することを目的とする応用生命科学研究

公募期間:2018101日~31

 

・公益財団法人平和中島財団:「2019(平成31)年度研究助成」

http://www.hnf.jp/josei/

分野等:

1. 国際学術共同研究助成

   対象分野は特に限定しないが、学際的な組織で行われる研究が望ましい。

2. アジア地域重点学術研究助成

   対象分野はアジア地域(中近東、シベリア等を含む)に関するものであれば特に限定しない。

公募期間:201891日~1031

 

・公益財団法人不二たん白質研究振興財団:「平成31年度研究助成(一般研究)」

http://www.fujifoundation.or.jp/aid/assist01.html

分野等:

研究領域は、大豆たん白質および大豆関連成分に関する研究を対象とする。

研究分野は、以下の4分野とするが、各分野に跨る応募も歓迎する。

1. 遺伝・育種・成分・品質などに関する研究

2. 調理・風味・加工・物性などに関する研究

3. 栄養・健康、疾病予防・治療などに関する研究

4. 食文化、食行動などに関する研究

公募期間:2018101日~1130

 

・公益財団法人不二たん白質研究振興財団:「平成31年度研究助成(特定研究)」

http://www.fujifoundation.or.jp/aid/assist02.html

分野等:人における健康の維持や病気の予防等に期待される大豆たん白質および関連成分の基礎、応用あるいは生活への活用に関する領域の研究

公募期間:2018101日~1130

 

・公益財団法人不二たん白質研究振興財団:「平成31年度研究助成(若手研究者枠)」

http://www.fujifoundation.or.jp/aid/assist03.html

分野等:

研究領域は、大豆たん白質および大豆関連成分に関する研究を対象とする。

研究分野は、以下の4分野とするが、各分野に跨る応募も歓迎する。

1. 遺伝・育種・成分・品質などに関する研究

2. 調理・風味・加工・物性などに関する研究

3. 栄養・健康、疾病予防・治療などに関する研究

4. 食文化、食行動などに関する研究

公募期間:2018101日~1130

 

・粉体工学情報センター:「第15回(2019年度)研究助成」

http://www.icpt.jp/kenkyuu/

分野等:

1. 食品粉体に関わる研究

2. 粉体単位操作に関わる基礎研究

公募期間:2018101日~1225

 

・公益財団法人市村清新技術財団:「第28回(平成31年度)植物研究助成」

http://www.sgkz.or.jp/download/plant/download.html?sscl=ZD_top_now_plant

分野等:

1. 一般課題研究

1)植物研究園(静岡県熱海市)を利活用し、工学的手法を用いた植物の生態研究

2)植物の生態研究に必要となる計測技術の開発と研究

2. 特定課題研究

大規模震災等に触発された減災に向けての植物機能の利用による環境再生、省資源、植物多様性への保全・再生に関する研究

1)持続可能なみどりの回復・再生

2)植物生態系の改善・回復・保全

3)植物を利用した省エネ・省資源対策

公募期間:20181110日~30

 

・一般社団法人中央味噌研究所:「平成31年度研究助成」

http://www.miso.jp/chumiken_kenkyu.html

分野等:

1. 味噌汁摂取と子どもの発育や行動などに関する研究

2. 味噌の健康有意性を示す機構解明研究

3. 味噌製造技術の発展及び製造工程の改善につながる研究

公募期間:2018831日~1130

 

・公益財団法人エリザベス・アーノルド富士財団:「平成31年度学術研究助成」

http://www.fujizaidan.or.jp/bosyuu.html

分野等:

1. 米、麦等に関する研究

2. 米、麦等を原料とする食品の生産・加工・流通・生理的機能性等に関する研究

3. 米、麦等を原料とする食品製造における技術の向上発展に関する研究

4. 米、麦等を原料とする食品製造における機械の向上進歩に関する研究

公募期間:2018111日~1214

 

・公益財団法人近藤記念財団:「平成30年度「炭素材料」に関する研究助成」

http://kondo-zaidan.or.jp/research/index.html

分野等:「炭素材料」に関する基礎研究及び応用研究

公募期間:2018912日~1031

 

・公益財団法人I-O DATA財団:「研究開発助成」

https://iodata-foundation.or.jp/development.html

分野等:情報通信技術を活用した新事業又は新用途の創出につながる研究開発 等

公募期間:2018911日~1110

 

・公益財団法人園芸振興松島財団:「平成30年度 第45回研究助成」

http://www.matsushima-foundation.or.jp/josei/index.html

分野等:青果物(花きを除く)の生産、流通および消費に関する研究活動

公募期間:20189?日~10月末日

 

・公益財団法人池谷科学技術振興財団:「2019年度助成金」

https://iketani-zaidan.or.jp/system/?page_id=05

分野等:先端材料及びこれに関連する科学技術

公募期間:2018101日~1130

 

・公益財団法人山田科学振興財団:「2019年度研究援助」

http://www.yamadazaidan.jp/jigyo/bosyu_kenkyu.html

分野等:自然科学の基礎的研究

公募期間:20189?日~2019222

 

・イムラ・ジャパン株式会社:「第3回イムラ・ジャパン賞」

http://www.imra-japan.com/research/award03.html

分野等:

人類の幸福に資する様な面白い研究(物理、有機・無機材料分野、但し、医療・薬剤分野を除く)

  ・非連続的なイノベーションをもたらす研究

  ・思いもよらない発見を契機とした研究

公募期間:2018924日~1031

 

・一般社団法人Jミルク:「2019年度「牛乳乳製品健康科学」学術研究」

http://m-alliance.j-milk.jp/koubo/2019/2019_kenko.html

分野等:

1. 牛乳乳製品が免疫機能に及ぼす影響に関する研究

2. 牛乳乳製品が加齢に伴う栄養代謝に及ぼす影響に関する研究

3. 牛乳乳製品に関わる新規探索研究

公募期間:2018101日~1231

 

・一般財団法人天野エンザイム科学技術振興財団:「第20回酵素応用シンポジウム研究奨励賞」

https://www.amano-enzyme.co.jp/corporate/foundation/symposium.html

分野等:産業界に影響を与える酵素の基礎または応用研究を行っている若手研究者

公募期間:2018101日~1130

 

・公益財団法人河川財団:「2019年度河川基金助成(研究者・研究機関部門)」

http://www.kasen.or.jp/kikin/tabid290.html

分野等:防災・減災や河川・流域の視点から、治水・利水・環境に関する新たな科学的知見を得る取り組みや新技術の開発に向けた調査・研究を行う、研究機関等に助成を行う。

公募期間:2018101日~1130

 

・公益財団法人水産無脊椎動物研究所:「2019年度研究助成」

http://www.rimi.or.jp/josei/

分野等:水産(水棲)無脊椎動物(昆虫類を除く)の形態・発生・生理・分類・系統・生態・行動などに関するフィールドでの生物学的な調査研究

公募期間:2018101日~2019110

 

・公益財団法人ソルト・サイエンス研究財団:「2019年度研究助成」

http://www.saltscience.or.jp/research.html

分野等:理工学、医学及び食品科学の3分野で塩に関する研究

公募期間:2018111日~1210

 

・株式会社リバネス:「第42回リバネス研究費 日本ハム賞」

https://r.lne.st/grants/

分野等:食の未来を創造する研究

公募期間:20189?日~1130

 

・株式会社資生堂:「第12回 資生堂 女性研究者サイエンスグラント」

https://www.shiseidogroup.jp/rd/doctor/grants/science/index.html

分野等:自然科学分野(理工科学分野、生命科学分野いずれも応募可能)。界面・コロイド化学の応募を積極的に歓迎する。

公募期間:20181015日~1115

 

・公益財団法人日本食品化学研究振興財団:「平成31年度研究等助成」

http://www.ffcr.or.jp/

分野等:

1. 一般研究助成

   ①食品添加物の安全性等に関する研究

   ②食品添加物の有用性、性能および使用技術等に関する研究

   ③食品添加物の品質、規格および製造方法等に関する研究

   ④その他食品化学領域における調査・研究

2. 課題研究助成

   ①食品添加物の体内動態および生体に対する影響に関する研究

   ②食品添加物を利用した食品および食品素材の保存・安定性向上に関する研究

   ③各種精油、果汁、果実等の天然香料の基原動植物および食品に含まれるフレーバー成分の化学的研究

   ④高齢者・病者・障害者等のための食品添加物を利用した食品・食品成分補給方法の開発研究

   ⑤各国における食品添加物規制の実際と比較に関する調査、研究

   ⑥食品化学分野における代替タンパク質(Alternative Proten)の特性、機能、安全性等の研究

公募期間:20181115日~2019115

 

・一般財団法人糧食研究会:「2019年度研究テーマ募集」

http://www.ryouken.or.jp/josei/

分野等:食品機能、健康・栄養、食品加工技術、食品安全などに関する研究

公募期間:20181019日~228

 

【研究開発関連以外】

 ■省庁等

・経済産業省:「平成30年度 地域経済牽引事業支援事業費補助金(戦略分野における地域経済牽引事業支援事業)(2次公募)」

http://www.meti.go.jp/information/publicoffer/kobo/2018/k181003001.html

分野等:事業者が連携して行う戦略分野における設備投資への支援を通じ、地域における経済活動を牽引する事業を促進し、もって地域経済の活性化を図る。

公募期間:2018103日~119


平成30年9月19日現在の農林水産・食品産業の公募情報

平成30年9月19日現在の農林水産・食品産業の公募情報をお届けします。

農林水産・食品分野の公募情報(2018919日)です。 912日以降の新規の情報を赤字で示しています。

【研究開発関連】

■省庁等

 ・農林水産省(技術会議事務局):「平成30年度戦略的国際共同研究推進委託事業のうち日独農業大臣会談での合意実施・フォローアップ事業」

http://www.maff.go.jp/j/supply/itaku/kenkyu_kaihatu/index.html

分野等:

農林水産省とドイツ食料・農業省が定める以下の研究領域において、ドイツ食料・農業省が所管するチューネン研究所及びユリウス・クーン研究所に所属する研究者と日本国内に設置された大学、民間企業、国立研究開発法人、国等の研究機関に所属する研究者が共同研究を実施する。

(国際共同研究開発領域)

1. 植物育種及び防除に関する研究

2. 持続的な家畜生産及び管理に関する研究

公募期間:2018827日~1012

 

JST:「平成30年度 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP) 企業主導フェーズ:NexTEP-Aタイプ」

http://www.jst.go.jp/a-step/koubo/h30nextep-a-1.html

分野等:企業ニーズを踏まえた企業による大学等の研究成果に基づく技術シーズの実用化開発を支援する。

公募期間:201842日~1130日(第2回)、2019329日(第3回)

 

JST:「平成30年度 産学共同実用化開発事業NexTEP 未来創造ベンチャータイプ」

http://www.jst.go.jp/jitsuyoka/bosyu.html

分野等:大学等の研究成果に基づくシーズを用いた、企業等が行う開発リスクを伴う規模の大きい開発を支援する。

公募期間:201842日~1130日(第2回)、2019329日(第3回)

 

JST:「平成30年度 産学共同実用化開発事業NexTEP 一般タイプ」

http://www.jst.go.jp/jitsuyoka/bosyu.html

分野等:大学等の研究成果に基づくシーズを用いた、企業等が行う開発リスクを伴う規模の大きい開発を支援する。

公募期間:201842日~1130日(第2回)、2019329日(第3回)

 

JST:「平成31年度地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム」

http://www.jst.go.jp/global/koubo.html

分野等:

1. 環境・エネルギー分野「地球規模の環境課題の解決に資する研究」

2. 環境・エネルギー分野「低炭素社会の実現に向けた先進的エネルギーシステムに関する研究」

3. 生物資源分野「生物資源の持続可能な生産と利用に資する研究」

4. 防災分野「持続可能な社会を支える防災・減災に関する研究」

公募期間:2018911日~1112

 

NEDO:「国際研究開発/コファンド事業/日本-ドイツ研究開発協力事業」

http://www.nedo.go.jp/koubo/AT092_100128.html

分野等:新エネルギー、省エネルギー、スマートコミュニティ、環境、ロボット・AIIoT、材料・ナノテクノロジー等

公募期間:201881日~927

 

NEDO:「バイオマスエネルギーの地域自立システム化実証事業/事業性評価(FS)、技術開発事業」

http://www.nedo.go.jp/koubo/FF2_100237.html

分野等:

1. 地域自立システム化実証事業/事業性評価(FS)(委託事業)

バイオマスエネルギー利用に係る設備機器の技術指針、システムとしての導入要件を改訂するため、バイオマス種(木質系、湿潤系、都市型系、混合系等)ごとに、FIT制度や補助金等に頼らない事業を念頭においた事業性評価(FS)を実施する。

2. 地域自立システム化技術開発事業(助成事業)

FIT制度や補助金等に頼らない事業を念頭においたシステム全体の効率を向上させることができる既存技術の改良改善、原料の収集運搬技術、高効率化、高品質化、小型化、低コスト化することでシステム全体の運用性が向上する技術開発を実施する。

公募期間:2018910日~109

 

・総務省:「平成30年度ICTイノベーション創出チャレンジプログラム(I-Challenge!)」

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin03_02000239.html

分野等:ICTそのものの技術や、農業、医療、交通、教育などの異分野とICTとの融合(ICT×○○)をはかるなどにより、社会へ大きなインパクトをもたらす可能性を持つ、革新的な技術やアイデアを活用した新事業の創出を目指し、POCProof of Concept:概念検証)に取り組む技術開発課題。

公募期間:2018412日~2019329

 

・総務省:「平成30年度戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE ICT研究者育成型研究開発(若手研究者枠)」

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin03_02000249.html

分野等:

新たな価値の創造や社会システムの変革に寄与する、以下の17ICTの研究開発分野(分類の融合領域や分類横断的な研究開発を含む)を対象とする。

1. センシング&データ取得基盤分野

2. 統合ICT基盤分野

3. データ利活用基盤分野

4. 情報セキュリティ分野

5. 耐災害ICT基盤分野

6. フロンティア研究分野

7. IoT/BD/AI技術の研究開発分野

公募期間:2018711日~1012

 

・国立研究開発法人情報通信研究機構:「平成30年度新規委託研究(第三弾)」

http://www.nict.go.jp/press/2018/08/31-1.html

分野等:データ連携・利活用による地域課題解決のための実証型研究開発 等

公募期間:2018831日~101

 

・国立研究開発法人日本医療研究開発機構:「平成30年度創薬基盤推進研究事業(薬用植物国産化・利活用促進プロジェクト)(2次公募)」

https://www.amed.go.jp/koubo/06/01/0601B_00051.html

分野等:

1. 薬用植物種苗供給技術開発拠点整備に係る研究

2. 薬用植物栽培技術開発に係る研究

公募期間:201893日~109

 

■民間等

 

・公益財団法人松籟科学技術振興財団:「研究実施者募集」

http://www.shorai-foundation.or.jp/subsidy/index.html

分野等:

1. 植物有用成分およびバイオマス資源の高度利用に関わる研究

2. エレクトロニクス複合材料および次世代実装に関わる研究

3. 持続可能な社会を実現する有機系新素材およびその機能化に関わる研究

公募期間:2018721日~930

 

・公益財団法人東レ科学振興会:「平成30年度(59)東レ科学技術研究助成」

http://www.toray-sf.or.jp/information/grant.html

分野等:国内の研究機関において自らのアイディアで萌芽的研究に従事しており、かつ今後の研究の成果が科学技術の進歩、発展に貢献するところが大きいと考えられる若手研究者。

公募期間:2018614日~1010

 

・公益財団法人加藤記念バイオサイエンス振興財団:「第30回(2018年度)研究助成」

https://www.katokinen.or.jp/applications/3_1ken_zyo.html

分野等:

1. メディカルサイエンス分野

2. バイオテクノロジー分野

公募期間:201872日~928

 

・公益財団法人ライフサイエンス振興財団:「研究助成(平成30年度)」

http://www.lifesci-found.com/original5.html

分野等:ライフサイエンス 等

公募期間:201871日~930

 

・公益財団法人ヤクルト・バイオサイエンス研究財団:「2018年度研究助成」

http://yakult-bioscience.or.jp/project.html

分野等:

一般研究助成:腸内フローラに関連する萌芽的研究

公募期間:201871日~930日(一般研究助成)

 

・公益財団法人鹿島学術振興財団:「2018年度研究助成」

http://www.kajima-f.or.jp/promotion/paper.html

分野等:

1. 都市・居住環境の向上

2. 国土・資源の有効利用

3. 防災・危機管理の推進

4. 文化・自然環境の保全

公募期間:201871日~1110

 

・公益社団法人日本アロマ環境協会:「2019年度AEAJ研究助成事業」

https://www.aromakankyo.or.jp/aeaj/activity/research_grant/

分野等:現在および将来にわたってアロマ環境(自然の香りある豊かな環境)の保全・創造およびアロマテラピー(アロマ環境により得られる植物の香りや香り成分を豊かな生活のために利用すること)の健全な普及・発展に寄与することが明らかと思われる研究

公募期間:201871日~930

 

・公益財団法人日立財団:「2018年度(第50回)倉田奨励金」

http://www.hitachi-zaidan.org/works/environment/kurata/index.html

分野等:下記3分野において、社会課題の解決、科学技術の進歩による社会的影響やリスクマネジメントなど、課題意識を持って挑戦する、独創的、先駆的、萌芽的な研究。

1. エネルギー・環境、2. 都市・交通、3. 健康・医療

公募期間:2018630日~920

 

・公益財団法人徳山科学技術振興財団:「平成31年度研究助成」

http://www.tokuyama.co.jp/zaidan/

分野等:新材料(無機、有機、高分子、複合、その他)およびこれに関連する科学技術分野で、新材料開発の基礎ならびに応用を指向する独創的な研究

公募期間:201881日~928

 

・公益財団法人花王芸術・科学財団:「平成31年度花王科学奨励賞」

http://www.kao-foundation.or.jp/assist/science/research.html

分野等:

1. 化学・物理学分野

固体表面、固液界面、触媒、超微粒子、コロイド、分子集合体、ナノマテリアルなどにおける新規な作成法、計測法、新規物性発現、機能創出、デバイス展開など界面と表面の科学に関する研究

2. 医学・生物学分野

生物個体が外界や自らのもつ内腔(腸管、気管など)に接する部位や、脈管系(血管、リンパ管など)を形成する表皮、上皮、内皮の各細胞およびその付属器官や関連する生理機能を対象とする、個体、臓器、細胞または分子レベルの医学・生物学

公募期間:2018710日~930

 

・公益財団法人ニッポンハム食の未来財団:「2019年度公募型研究助成事業」

https://www.miraizaidan.or.jp/specialist/grants/2018/01.html

分野等:

1. 食物アレルギー対応食品に関する研究

2. 食物アレルギーの予防に関する研究

3. 食物アレルギーの診断・治療に関する研究

4. 食物アレルギーに関する工場内等での衛生管理に関する研究

5. 食物アレルギーに関するその他研究(社会科学的な研究を含む)

公募期間:2018713日~930

 

・公益財団法人旭硝子財団:「環境フィールド研究 近藤記念グラント」

http://www.af-info.or.jp/subsidy/about.html

分野等:生物多様性・生態系の基礎研究、および絶滅危惧種の保護や外来種対策を含む保全・再生や持続的利用などに関する研究分野

公募期間:201881日~921

 

・公益財団法人矢崎科学技術振興記念財団:「2018H30)年度特定研究助成」

https://www.yazaki-found.jp/wordpress/applications/s_research.html

分野等:

領域a. 質の高い高齢者支援を実現する技術に関する研究

領域b. 未来の暮らしに夢を与える革新的なつなぐ技術に関する研究

公募期間:201881日~930

 

・公益財団法人日本ワックスマン財団:「平成30年度助成金」

http://www.waksman.or.jp/wk_offer/p_offering.html

分野等:微生物学・免疫学及び感染症学に関する学術研究

公募期間:201881日~930

 

・公益財団法人八洲環境技術振興財団:「研究開発・調査助成」

http://www.yashimadenki.co.jp/zaidan/enterprise_application.php

分野等:

1. 再生可能エネルギー源等に関連する技術開発

2. クリーン燃料

3. エネルギーの転換、輸送、貯蔵、利用の高効率化、合理化およびそれらのシステム

4. エネルギー材料、デバイス

5. 環境保全、地球温暖化防止、エネルギー利用上の技術

6. 環境技術マネジメントの基礎研究

公募期間:201881日~1031

 

・公益財団法人昭和聖徳記念財団:「第28回(平成30年度)学術研究助成」

http://www.f-showa.or.jp/2_jigyo/2_biology.html#jyoseibosyu

分野等:系統分類学

公募期間:20187?日~1210

 

・一般財団法人内藤泰春科学技術振興財団:「平成31年度調査・研究開発助成」

http://www.naito-zaidan.or.jp/boshu/Jyosei/Kenkyu/kenkyuouboyoukou.html

分野等:独創的な科学技術の研究開発で、地域の産業又は中小規模の企業の発展に寄与しうるもの。

公募期間:201881日~111

 

・一般社団法人日本ペット栄養学会:「研究奨励金」

http://www.jspan.net/syougakukin/index.html

分野等:ペット栄養に関する研究全般

公募期間:20187?日~930

 

・公益財団法人食生活研究会:「2019年度研究助成」

http://www.z-ssk.org/about/guideline.html

分野等:

1. 自然科学系:穀物科学、食品加工、食品安全、食品機能、栄養学、その他の生命科学等に関する研究

2. 人文社会科学系:食料・農業政策、法制度、市場動向・消費動向、消費者とのコミュニケーション等に関する研究

公募期間:20188?日~1031

 

・公益社団法人日本農芸化学会:「第46回研究奨励金」

http://www.jsbba.or.jp/info/grant/info_grant_46syorei.html

分野等:農芸化学諸分野における意欲的な研究

公募期間:201881日~1031

 

・公益社団法人日本農芸化学会:「第1回農芸化学中小企業産学・産官連携研究助成」

http://www.jsbba.or.jp/info/news/news_20180702.html

分野等:

1. 生命科学に関連する産業に資する基盤・応用研究開発

2. 食に関連する産業に資する基盤・応用研究開発

3. 化学・環境に関連する産業に資する基盤・応用研究開発

4. その他、農芸化学に関連する産業に資する基盤・応用研究開発

公募期間:201872日~930

 

・一般財団法人国土技術研究センター:「2018年度(第20回)研究開発助成」

http://www.jice.or.jp/review/assistances

分野等:

1. 応用研究課題:研究開発の成果が次の①~③のいずれかに該当する研究。

   ① 安全に安心して暮らせる国土の実現に寄与するもの。

   ② 人・もの・情報が効率的に通いあえる国土の実現に寄与するもの。

   ③ 心豊かに暮らせる快適で美しい国土の実現に寄与するもの。

2. 重点研究課題:研究開発の成果が④~⑩のいずれかに該当する研究。

   ④ 水災害リスクと防災・減災に関する研究

   ⑤ 河川堤防の信頼性評価に関する研究

   ⑥ 社会潮流の変化に対応した幹線道路ネットワークのあり方に関する研究

   ⑦ 人中心や賑わい創出等を目的とした道路空間再構築に関する研究

   ⑧ 人口減少社会における持続可能な都市の構築に関する研究

   ⑨ 今後のあるべき建設生産システムに関する研究

   ⑩ 社会資本の戦略的な維持管理に関する研究

公募期間:201881日~1031

 

・うま味研究会:「うま味研究助成第25回募集」

http://www.srut.org/index2.asp

分野等:

1. うま味に関する基礎研究(生理学、分子生物学、神経科学など)

2. うま味に関する応用研究(栄養学、食品科学など)

3. テーマ特定助成「うま味物質の減塩への貢献の本質に関する科学的研究」

公募期間:201888日~1031

 

・公益財団法人飯島藤十郎記念食品科学振興財団:「2018年度(平成30年度)学術研究助成」

http://www.iijima-kinenzaidan.or.jp/collection/collection.html

分野等:

米麦その他の主要食糧等を原料とする食品に関して次の13に掲げる分野に係る食品科学等の研究。

1. 生産・加工・流通に関する基礎的研究

2. 製造技術及び品質保持技術の開発に関する研究

3. 安全・衛生、栄養・機能等に関する研究

公募期間:201891日~1019

 

・公益財団法人前田記念工学振興財団:「2019年度研究助成」

http://www.maedakksz.or.jp/kenkyu/

分野等:

1. 土木分野に関する研究

2. 建築分野に関する研究

公募期間:201893日~1012

 

・公益財団法人長瀬科学技術振興財団:「2019年度研究助成」

http://www.nagase-f.or.jp/grant-2/

分野等:有機化学及び生化学、並びに関連分野における研究

公募期間:201891日~1114

 

・公益財団法人前川報恩会:「2018年度学術研究助成」

https://www.mayekawa.org/category/grant/scientific_research

分野等:

1. 食料・食品の生産・加工・流通・保存・備蓄に関わる研究

2. 再生可能エネルギーに関わる研究

3. 環境保全・地球温暖化防止・エネルギーの変換/貯蔵/輸送に関わる研究

公募期間:201891日~30

 

・三井物産環境基金:「2018年度研究助成」

https://www.mitsui.com/jp/ja/sustainability/contribution/environment/fund/application/1226375_7661.html

分野等:

地球環境問題の解決と持続可能な社会構築に貢献する研究で、下記対象分野に関わるもの。

1. 地球環境

2. 資源循環

3. 生態系・共生社会

4. 人間と社会のつながり

公募期間:2018816日~1020

 

・公益財団法人野口研究所:「野口遵研究助成金(2018年度)」

http://www.noguchi.or.jp/subsidy.php?00001

分野等:

1. ライフサイエンスの進展に資する物質やデバイスに関する研究

2. エネルギー・資源・環境の革新に寄与する新プロセスや新材料に関する研究

3. 豊かな生活に寄与する新材料やデバイスに関する研究

公募期間:201891日~1031

 

・公益財団法人市村清新技術財団:「第102回(平成30年度第2次)新技術開発助成」

http://www.sgkz.or.jp/download/newtech/download.html?sscl=ZD_top_now_newtech

分野等:基本原理の確認が終了(研究段階終了)した後の実用化を目的にした開発試作

公募期間:2018101日~20

 

・公益財団法人市村清新技術財団:「第1回(2018年度)地球環境研究助成」

http://www.sgkz.or.jp/download/research_environment/download.html?sscl=ZD_top_now_research_environment

分野等:

助成対象とする研究テーマは地球温暖化防止に関わる研究開発テーマとし、具体的には以下のような分野のテーマとする。

1. CO2の排出削減を中心とした省エネルギー技術分野

2. エネルギーの効率的な供給や利用を実現するための再生可能エネルギー技術分野

3. 高性能電力貯蔵や水素製造・輸送・貯蔵などの蓄エネルギー技術分野

4. 地球温暖化防止に資する社会インフラ・システム技術

5. その他

公募期間:2018101日~20

 

・公益財団法人日本科学協会:「2019年度笹川科学研究助成(学術研究部門)」

https://www.jss.or.jp/ikusei/sasakawa/

分野等:人文・社会科学および自然科学(医学を除く)の研究を幅広く対象とする。「海洋学および海洋関連科学」ならびに「船舶および船舶関連科学」など「海に関係する研究」を重点テーマとして支援する。

公募期間:2018918日~1016

 

・一般財団法人杉山報公会:「2019年研究助成金」

http://www.sugiyama-houkoukai.or.jp/joseib.html

分野等:主として「健康な暮らしを支える産業に寄与することを目的とする研究」とし、医薬、食品、健康、環境、衛生等の分野に結びつく研究領域とする。

公募期間:201891日~20193月末日

 

・カクタス・コミュニケーションズ株式会社:「エディテージ研究費・基礎研究グラント」

https://edge.editage.jp/editagegrant2018/kiso_2018/

分野等:若手研究者の基礎研究支援を目的とし、過去2年間科研費に採択されていないかそれに準じる事情がある40歳以下の研究者に、最大200万円(申請者の希望、および面接審査の結果によって決定)を助成する。

公募期間:201871日~930

 

・公益財団法人三菱UFJ技術育成財団:「平成30年度第2回研究開発助成金」

http://www.mutech.or.jp/whatsnew/index.html

分野等:

現在の技術から見て新規性があるもので、以下に該当するもの。

1. 産業経済の健全な発展と国民生活の向上に資すると認められる機械またはシステムの開発等に関するもの。

2. 1に準ずる新製品及びこれらに関する設備、部品材料、原材料等の開発に関するもの。

3. 原則として、2年以内に事業化可能性のあること。

公募期間:201891日~1031

 

・公益財団法人本庄国際奨学財団:「2019年度「食と健康プログラム」研究助成金」

http://hisf.or.jp/researcher/

分野等:

人の健康維持に対する、さまざまな食品および食品成分の有効性、作用機序を明らかにしようとする研究。特に、ヒトを対象とした研究(疫学研究、介入研究など)が望ましい。

(重点を置く研究分野)

1. 高齢化に伴う疾患の予防とQOLの維持、メンタルヘルスの維持、メタボリックシンドロームの予防、免疫系の調整

2. 茶(Camellia sinensis)の健康効果

公募期間:2018915日~1015

 

・公益財団法人国際科学技術財団:「2019年研究助成」

http://www.japanprize.jp/subsidy_yoko.html

分野等:「物質・材料、生産」分野、「生物生産、生態・環境」分野、「クリーン&サステイナブルエネルギー」分野

公募期間:201891日~1130

 

・公益財団法人双葉電子記念財団:「平成31年度自然科学研究助成」

http://futaba-zaidan.org/business/research.html

分野等:1. 情報通信・ロボット、2. 先端材料・加工技術、3. 先端医工、4. 環境・エネルギー、5. その他

公募期間:201891日~1016

 

・公益財団法人野田産業科学研究所:「野田産研研究助成(2019年度)」

https://www.nisr.or.jp/promotion/activity-top/

分野等:主として発酵化学を基盤とする産業に寄与することを目的とする応用生命科学研究

公募期間:2018101日~31

 

・公益財団法人平和中島財団:「2019(平成31)年度研究助成」

http://www.hnf.jp/josei/

分野等:

1. 国際学術共同研究助成

   対象分野は特に限定しないが、学際的な組織で行われる研究が望ましい。

2. アジア地域重点学術研究助成

   対象分野はアジア地域(中近東、シベリア等を含む)に関するものであれば特に限定しない。

公募期間:201891日~1031

 

・公益財団法人不二たん白質研究振興財団:「平成31年度研究助成(一般研究)」

http://www.fujifoundation.or.jp/aid/assist01.html

分野等:

研究領域は、大豆たん白質および大豆関連成分に関する研究を対象とする。

研究分野は、以下の4分野とするが、各分野に跨る応募も歓迎する。

1. 遺伝・育種・成分・品質などに関する研究

2. 調理・風味・加工・物性などに関する研究

3. 栄養・健康、疾病予防・治療などに関する研究

4. 食文化、食行動などに関する研究

公募期間:2018101日~1130

 

・公益財団法人不二たん白質研究振興財団:「平成31年度研究助成(特定研究)」

http://www.fujifoundation.or.jp/aid/assist02.html

分野等:人における健康の維持や病気の予防等に期待される大豆たん白質および関連成分の基礎、応用あるいは生活への活用に関する領域の研究

公募期間:2018101日~1130

 

・公益財団法人不二たん白質研究振興財団:「平成31年度研究助成(若手研究者枠)」

http://www.fujifoundation.or.jp/aid/assist03.html

分野等:

研究領域は、大豆たん白質および大豆関連成分に関する研究を対象とする。

研究分野は、以下の4分野とするが、各分野に跨る応募も歓迎する。

1. 遺伝・育種・成分・品質などに関する研究

2. 調理・風味・加工・物性などに関する研究

3. 栄養・健康、疾病予防・治療などに関する研究

4. 食文化、食行動などに関する研究

公募期間:2018101日~1130

 

・粉体工学情報センター:「第15回(2019年度)研究助成」

http://www.icpt.jp/kenkyuu/

分野等:

1. 食品粉体に関わる研究

2. 粉体単位操作に関わる基礎研究

公募期間:2018101日~1225

 

・公益財団法人市村清新技術財団:「第28回(平成31年度)植物研究助成」

http://www.sgkz.or.jp/download/plant/download.html?sscl=ZD_top_now_plant

分野等:

1. 一般課題研究

1)植物研究園(静岡県熱海市)を利活用し、工学的手法を用いた植物の生態研究

2)植物の生態研究に必要となる計測技術の開発と研究

2. 特定課題研究

大規模震災等に触発された減災に向けての植物機能の利用による環境再生、省資源、植物多様性への保全・再生に関する研究

1)持続可能なみどりの回復・再生

2)植物生態系の改善・回復・保全

3)植物を利用した省エネ・省資源対策

公募期間:20181110日~30

 

・一般社団法人中央味噌研究所:「平成31年度研究助成」

http://www.miso.jp/chumiken_kenkyu.html

分野等:

1. 味噌汁摂取と子どもの発育や行動などに関する研究

2. 味噌の健康有意性を示す機構解明研究

3. 味噌製造技術の発展及び製造工程の改善につながる研究

公募期間:2018831日~1130

 

・公益財団法人エリザベス・アーノルド富士財団:「平成31年度学術研究助成」

http://www.fujizaidan.or.jp/bosyuu.html

分野等:

1. 米、麦等に関する研究

2. 米、麦等を原料とする食品の生産・加工・流通・生理的機能性等に関する研究

3. 米、麦等を原料とする食品製造における技術の向上発展に関する研究

4. 米、麦等を原料とする食品製造における機械の向上進歩に関する研究

公募期間:2018111日~1214

 

・公益財団法人近藤記念財団:「平成30年度「炭素材料」に関する研究助成」

http://kondo-zaidan.or.jp/research/index.html

分野等:「炭素材料」に関する基礎研究及び応用研究

公募期間:2018912日~1031

 

・公益財団法人I-O DATA財団:「研究開発助成」

https://iodata-foundation.or.jp/development.html

分野等:情報通信技術を活用した新事業又は新用途の創出につながる研究開発 等

公募期間:2018911日~1110


平成30年9月12日現在の農林水産・食品産業の公募情報

平成30年9月12日現在の農林水産・食品産業の公募情報を届けします。

農林水産・食品分野の公募情報(2018912日) 95日以降の新規の情報を赤字で示しています。

【研究開発関連】

■省庁等

・農林水産省(技術会議事務局):「平成30年度戦略的国際共同研究推進委託事業のうち日独農業大臣会談での合意実施・フォローアップ事業」

http://www.maff.go.jp/j/supply/itaku/kenkyu_kaihatu/index.html

分野等:

農林水産省とドイツ食料・農業省が定める以下の研究領域において、ドイツ食料・農業省が所管するチューネン研究所及びユリウス・クーン研究所に所属する研究者と日本国内に設置された大学、民間企業、国立研究開発法人、国等の研究機関に所属する研究者が共同研究を実施する。

(国際共同研究開発領域)

1. 植物育種及び防除に関する研究

2. 持続的な家畜生産及び管理に関する研究

公募期間:2018827日~1012

 

JST:「平成30年度 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP) 企業主導フェーズ:NexTEP-Aタイプ」

http://www.jst.go.jp/a-step/koubo/h30nextep-a-1.html

分野等:企業ニーズを踏まえた企業による大学等の研究成果に基づく技術シーズの実用化開発を支援する。

公募期間:201842日~1130日(第2回)、2019329日(第3回)

 

JST:「平成30年度 産学共同実用化開発事業NexTEP 未来創造ベンチャータイプ」

http://www.jst.go.jp/jitsuyoka/bosyu.html

分野等:大学等の研究成果に基づくシーズを用いた、企業等が行う開発リスクを伴う規模の大きい開発を支援する。

公募期間:201842日~1130日(第2回)、2019329日(第3回)

 

JST:「平成30年度 産学共同実用化開発事業NexTEP 一般タイプ」

http://www.jst.go.jp/jitsuyoka/bosyu.html

分野等:大学等の研究成果に基づくシーズを用いた、企業等が行う開発リスクを伴う規模の大きい開発を支援する。

公募期間:201842日~1130日(第2回)、2019329日(第3回)

 

JST:「平成31年度地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム」

http://www.jst.go.jp/global/koubo.html

分野等:

1. 環境・エネルギー分野「地球規模の環境課題の解決に資する研究」

2. 環境・エネルギー分野「低炭素社会の実現に向けた先進的エネルギーシステムに関する研究」

3. 生物資源分野「生物資源の持続可能な生産と利用に資する研究」

4. 防災分野「持続可能な社会を支える防災・減災に関する研究」

公募期間:2018911日~1112

 

NEDO:「国際研究開発/コファンド事業/日本-ドイツ研究開発協力事業」

http://www.nedo.go.jp/koubo/AT092_100128.html

分野等:新エネルギー、省エネルギー、スマートコミュニティ、環境、ロボット・AIIoT、材料・ナノテクノロジー等

公募期間:201881日~927

 

NEDO:「バイオマスエネルギーの地域自立システム化実証事業/事業性評価(FS)、技術開発事業」

http://www.nedo.go.jp/koubo/FF2_100237.html

分野等:

1. 地域自立システム化実証事業/事業性評価(FS)(委託事業)

バイオマスエネルギー利用に係る設備機器の技術指針、システムとしての導入要件を改訂するため、バイオマス種(木質系、湿潤系、都市型系、混合系等)ごとに、FIT制度や補助金等に頼らない事業を念頭においた事業性評価(FS)を実施する。

2. 地域自立システム化技術開発事業(助成事業)

FIT制度や補助金等に頼らない事業を念頭においたシステム全体の効率を向上させることができる既存技術の改良改善、原料の収集運搬技術、高効率化、高品質化、小型化、低コスト化することでシステム全体の運用性が向上する技術開発を実施する。

公募期間:2018910日~109

 

・総務省:「平成30年度ICTイノベーション創出チャレンジプログラム(I-Challenge!)」

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin03_02000239.html

分野等:ICTそのものの技術や、農業、医療、交通、教育などの異分野とICTとの融合(ICT×○○)をはかるなどにより、社会へ大きなインパクトをもたらす可能性を持つ、革新的な技術やアイデアを活用した新事業の創出を目指し、POCProof of Concept:概念検証)に取り組む技術開発課題。

公募期間:2018412日~2019329

 

・総務省:「平成30年度戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE ICT研究者育成型研究開発(若手研究者枠)」

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin03_02000249.html

分野等:

新たな価値の創造や社会システムの変革に寄与する、以下の17ICTの研究開発分野(分類の融合領域や分類横断的な研究開発を含む)を対象とする。

1. センシング&データ取得基盤分野

2. 統合ICT基盤分野

3. データ利活用基盤分野

4. 情報セキュリティ分野

5. 耐災害ICT基盤分野