活動目的・内容

産学連携支援事業(農林水産省委託事業)

農林水産省では、全国の大学、研究機関、企業の勢力を結集し、農林水産・食品産業分野の研究を推進しています。NPO法人東海生研は、「知」の集積による産学連携推進事業のうち知的財産の技術移転加速化事業及び産学連携支援事業において、地域産業に貢献する研究開発を支援します。
セミナーや展示会、技術相談会を通じて産官学のマッチングを促進します。また、共同研究形成のための予備調査を行います。

「知」の集積と活用の場の推進

「知」の集積と活用の場の推進 産学連携支援事業 東海地域生物系先端技術研究会 競争的資金制度説明会
「知」の集積と活用の場の推進 産学連携支援事業 東海地域生物系先端技術研究会 セミナー開催
「知」の集積と活用の場の推進 産学連携支援事業 東海地域生物系先端技術研究会 産学官のマッチング促進イベント「アグリビジネス創出フェアin東海」
「知」の集積と活用の場の推進 産学連携支援事業 東海地域生物系先端技術研究会 産学官のマッチング促進イベント「アグリビジネス創出フェアin東海」

技術相談

常勤コーディネーター、非常勤コーディネーターが技術相談に対応します。

技術相談 東海地域生物系先端技術研究会

常勤コーディネーター

  • 大石 一史(花き)
  • 松井 正春(害虫)

非常勤コーディネーター

  • 野口 正樹(野菜)
  • 天野 秀臣(水産)
  • 大宮 邦雄(発酵化学)
  • 高井 靖(作物)
  • 東 正昭(作物育種)
  • 朱 政治(食品)
  • 小川 幸洋(バイオマス)
  • 佐藤 之彦(工学系)
  • 氏家 隆(食品分析)
  • 豊島 紀彦(科学プラント)
  • 中山 博導(食品)
  • 馬場 大輔(応用微生物)

ニーズ・シーズ調査

「訪問」・「面談」を通じて研究シーズ・製品開発ニーズを収集し、マッチングに繋げます。

ニーズ・シーズ調査 東海地域生物系先端技術研究会 シイタケ生産現場においてニーズを収集する様子
ニーズ・シーズ調査 東海地域生物系先端技術研究会

マッチング

事業化・共同研究や競争的資金への応募に向けたマッチングを支援します。

ニーズ・シーズ調査 東海地域生物系先端技術研究会

マッチングの一例


「高耐久性ポーラスコンクリートベッドを用いた果樹・野菜栽培技術の開発」では、民間企業と公的研究機関とのマッチングを支援しました。商品開発に向け支援を継続しています。

情報発信

情報発信 東海地域生物系先端技術研究会 産学官の連携促進(オアシス21で情報発信)

情報発信 東海地域生物系先端技術研究会 情報機関誌の「BioTech TOKAI」の発行

研究コンソーシアムの管理運営機関

平成25年度補正予算・革新的技術緊急展開事業では平成26~27年度、平成27年度補正予算・革新的技術・開発緊急展開事業では平成28~30年度、それぞれ管理運営機関として研究コンソーシアムに参画し、地域の実証研究を支援します。